クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

日頃お世話になっている方に大きな迷惑がかかってしまってるかも?千趣会の子会社で、カード情報を含む大量の個人情報流出の可能性発覚。

http://www.flickr.com/photos/27745117@N00/4319320763

photo by Hannaford

千趣会の子会社で、出産祝いを中心に取り扱いをしているベビパラハッピーギフト、Pre-moギフト、TOMATOMAギフトといった通販サイトから、個人情報が大量に漏洩してしまっている可能性が出てきました。

その数なんと合計で13万件以上。そのうち1万件以上ではクレジットカード番号や有効期限などの情報も含まれているなど、かなり大規模な個人情報流出事案となりそうな感じです。

株式会社千趣会は15日、同社子会社の株式会社ベルネージュダイレクトが運営するギフトECサイトのサーバーに対して不正アクセスがあったことを公表した。会員の個人情報やクレジットカード情報のほか、ギフト送付先の個人情報も合わせ、13万件以上が流出した可能性があるとしている。

流出した可能性があるのは、「ベビパラハッピーギフト」「Pre-moギフト」「TOMATOMAギフト」「ベビパラギフト」という4つの出産内祝いギフトサイトで、2012年9月20日から2015年8月26日までの期間に登録・注文された情報。

お世話になっている方に迷惑をかける個人情報流出:

あくまで現状では個人情報が流出してしまっている可能性がある…という状況にすぎませんが、今回の漏洩事案のなにが一番問題かというと、それはギフト系の通販サイトにおける漏洩だということです。

漏洩した個人情報の内訳をみてみると、いかにまずい状況なのかがはっきりとわかります。要するにギフトを購入した人の個人情報よりも、ギフトを送った相手の個人情報流出件数が圧倒的に多いということ。

  • 漏洩の可能性がある会員情報:2万1994件
  • 漏洩の可能性がある送り先情報:11万564件

ギフトを送る相手というのはもう、説明するまでもありませんが、日頃からお世話になっている方、昔からの友人、会社の先輩や上司などなど、自分にとって大切な相手ばかり。自分の個人情報が漏洩するならまだしも、自分のせいでお世話になっている人達の個人情報を漏洩させてしまったとなれば、その責任は計り知れません

ギフトを送った相手に早く連絡を:

そのため、もし今回、不正アクセスが発覚した「ベビパラハッピーギフト」「Pre-moギフト」「TOMATOMAギフト」「ベビパラギフト」という4つの出産内祝いギフトサイトを利用したことがあるという方は、ギフトを送った相手にも個人情報が漏洩してしまっている可能性がある旨を伝えておくようにしてください。

送った相手はそれらの通販サイトを利用したということ自体を知らないので、どうお詫びをしてよいのかわからないかとは思いますが、少しでも早く、漏洩の可能性を伝えることが重要ですよ(一応、千趣会側でも郵送で漏洩の可能性を連絡する模様です)。

以上、日頃お世話になっている方に大きな迷惑がかかってしまってるかも?千趣会の子会社で、カード情報を含む大量の個人情報流出の可能性発覚…という国内ニュースでした。

併せてそれらのギフトサイトにクレジットカード情報を登録していた方は、不正利用がなかったかどうかの確認もしておいてくださいね。不正利用されたらどうなるのか?については、下記記事も参考にどうぞ。 

cards.hateblo.jp

PAGE TOP