クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ふるさと納税で貰える特産品を比較できるだけでなく、同時にクレジットカード決済で納税もできちゃう『さとふる』が面白い!

f:id:cardmics:20171119233630j:plain

ふるさと納税で貰える特産品を比較できるだけでなく、そのままクレジットカード決済で納税まで出来ちゃう『さとふる』というWEBサイトを今回は紹介させてもらおうと思います。

非常に画期的なサイトなので、『今年こそはふるさと納税をしてみようかな…』と思っている方は是非、ご覧ください。

ふるさと納税は魅力的だけど、納税が面倒:

まず、従来、ふるさと納税の特産品を見比べることが出来るサイトは複数存在していましたが、実際に納税するとなるとあとは各市町村のお世辞にも使いにくいとはいえないページに移動し、そこから申し込みをする必要性がありました。

本当にふるさと納税したら特産品が貰えるのかどうかを含め、個別対応に不安を感じる方も多かったと思います。

さとふるは納税までワンストップで出来る:

その点、さとふるでは特産品の比較&選択から納税までを一気に行うことが可能。さとふるリリース時のプレスリリースに詳しい解説があったので、引用させてもらいますね。

「さとふる」は、インターネットでふるさと納税(地方自治体への寄付)ができるサービスです。従来の寄付方法とは異なり、「さとふる」内で寄付先の自治体・特産品の選定から寄付の申し込み、寄付金の支払い(クレジットカード決済)までワンストップで行えるのが特長です。

なるほど、サイト内でそのまま納税まで出来てしまうというのは非常におもしろい&便利。

また、さとふるは大手携帯キャリアのSoftBankと提携しているので、クレジットカード払いだけでなくSoftBankの携帯料金と一緒にふるさと納税の支払いをすることも出来るのもこのサイトの強みですね。

納税可能な参加自治体は増加中:

さとふる経由で納税可能な地方自治体も増加中。

スタート当初は下記のように5つの自治体のみにしか納税できませんでしたが、2016年現在では100以上の自治体がさとふるに参加し、お肉、魚、フルーツ、お米、野菜などなど、多岐にわたる返礼品を貰うことができるようになりました。

寄付先は北海道安平町、栃木県那須塩原市、群馬県榛東村、佐賀県嬉野市、長崎県松浦市の 5 つの自治体でスタートし、順次自治体数を拡大していきます。 

また、さとふるではふるさと納税の申込履歴もカンタンに確認できるので、さとふる経由でふるさと納税をすればあといくらまで納税可能か…というのがわかりやすいというのも助かります(いくらまで納税可能かについては、下記ページ参照)。

更に確定申告のやり方がわからない…という方のために、確定申告用の書類を作れるサービス…なんてのものさとふるでは開始しているので、こちらを使うとふるさと納税がもっと身近になるかもしれませんね。

news.cardmics.com

さとふる以外にもカード払いできる自治体増加中:

f:id:cardmics:20170825234455j:plain

他、さとふる以外にもふるさと納税の情報サイトを知りたい…という方は、下記の「ふるなび」もあわせてチェックしてみてください(なんか類似な名前ばかりで私も混乱しそうではあります)。こちらもクレジットカード払いOKな地方自治体が多い&返礼品の比較ができるのでおすすめですよ。

加えて2015年後半には楽天市場もふるさと納税に参入。こちらはクレジットカード払いだけでなく、楽天ポイント払いも出来るのが魅力ですね。

以上、ふるさと納税で貰える特産品を比較できるだけでなく、同時にクレジットカード決済で納税もできちゃう『さとふる』が面白い…という話題でした。

節約の関連記事:

ふるさと納税をしたことがないけど、自分にも利用できるの?と疑問な方は下記記事も参考に。年収250万円以上ある方であればほとんどの方が活用できるお得なサービスですよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP