クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

大学受験で使った参考書や赤本は、買取専門の業者にまとめて買い取ってもらおう!河合塾や駿台等の予備校テキストも売却OKです。

Studying

この2月、ついに何年も続いた地獄のような受験勉強が終わった…という方、おめでとうございます。

現役のまま大学に合格した方も浪人をしつつ合格した方も、どちらも本当に素晴らしいわけですが、やっと受験が終わってふぅ~とした時に目障りになるのは受験時代にお世話になったアレですよね、そう…問題集や赤本などの参考書全般です(苦笑)。

たぶん、もうしばらく参考書なんて見たくもない…と思う方が圧倒的のはず。加えてこれから一人暮らしを始めるなら処分しておきたいものでもあるのですが、人によっては100冊以上もあるこれらの本をどこに処分をすればいいのかで途方にくれてしまっている…という方も多いのではないでしょうか?

段ボールに詰め込んで業者に送りつけてしまおう:

そんな受験生だった方におすすめしたいのが、問題集や赤本といった参考書をまとめて買い取ってくれる「学参プラザ」というサービスです。

こちらであれば自宅にある参考書を段ボールに詰め、業者指定の住所に着払いで送り続けるだけで参考書を買取をしてくれるので、手間いらずで不要な参考書&問題集を現金化することが可能。

従来のように廃品業者を呼びつけてトイレットペーパーに交換してもらうことも、ブックオフにまで重たい参考書を持っていく必要性もないので、かなり楽な売却方法であると言えます。

学参プラザへの売却手順:

参考までに学参プラザで買取してもらうステップとしてはこんな感じです(イラストは学参プラザより引用)。

  1. まずは買取を申し込む
  2. 不要な参考書を段ボールに詰める
  3. 指定の住所へ着払いで送りつける
  4. 査定金額の連絡が来る
  5. 納得すれば銀行振込してもらう

f:id:cardmics:20160227164901p:plain

要するに普通に宅急便でなにかを送るのと同じ手続きでOK…ということ。

まぁ宅急便業者を自宅に呼ぶ手間や、段ボールに詰め込む手間などはありますが、それだけで不要な参考書がまとめて売却可能&しっかりお金になるのは大きいのではないでしょうか?

赤本や青本などは高額買取:

『いやいや、学参プラザが便利なことはわかったけれども、そうはいってもブッ○オフみたいに100冊買取で1,000円とかにしかならないんじゃないの?』と思われる方も多いかもしれませんが、ここも実は学参プラザの強いところ。

なぜなら前述のように学参プラザは参考書や赤本を専門に買取している業者。そのため、最新版の赤本・青本であれば最低300円以上、医学部の赤本なら600円以上という高額買取を実現してくれているんです。

  • 最新の赤本&青本:300円以上の買取価格
  • 医学部の赤本:600円以上の買取価格

更に発行後1年以内の新刊であれば書籍定価の15~30%を保証、まとめ売りの場合には査定ボーナスをくれる点も魅力。ここもブッ○オフよりも学参プラザへの参考書売却が優れている点ですね。

公式サイトには買取実績を多数掲載:

実際、公式サイトには買取をした実例が多数、掲載されているので、どんな風な買取金額になるのか興味がある方はチェックしてみてください。

まとめて売った方の場合だと1万円以上、人によっては10万円近くの現金を手にしている方もいるようですよ(下記2015年の買取実績を2例ほど引用。赤字は当サイトにて装飾)。

東京都の方より大学受験参考書・問題集・赤本 約75点 約12000円にて買取させていただきました。河合塾・駿台の大学別模試問題集や、大学への数学、鉄緑会 東大英単語問題集 鉄壁、東大の英語・生物・現代文 25カ年など、人気の参考書・問題集・赤本を中心にお売りいただきました。 

東京都の方より大学受験参考書・問題集・赤本、鉄緑会テキスト、東進 東大特進コーステキストなど約155点 約98000円にて買取させていただきました。画像では鉄緑会のテキストを紹介しています。鉄緑会の英語・化学のテキストをはじめ、季節講習テキストなど、講義プリントやノートの充実した教材をお売りいただきました。鉄緑会や東大特進コースのテキスト・教材、多数買取価格保証しています。

買取可能な参考書は?

では、気になる買取可能な参考書にはどのようなものがあるのでしょうか?こちらも公式サイトより買取可能なものの一例をいくつか引用させていただきます。

  • 大学受験の参考書・問題集
  • 赤本・青本・緑本
  • 東大・京大・難関国立大学・私立大学の大学別模試問題集
  • 大学への数学・蛍雪時代などの受験雑誌
  • エール出版合格作戦シリーズ、各種勉強法本
  • センター試験の過去問・センター試験対策の問題集・模試問題集など

基本的には参考書であれば何でも買取OKと思って問題なし。更に1990年代の赤本など、古い参考書であっても買取可能なケースがあるようなので、今年受験が終わったという方でなくても相談してみてください。

同じく年代の古い「大学への数学」や「蛍雪時代」といった受験生向けの雑誌なども、高価買取になることもあるようです。

予備校のテキストや問題集も買取OK:

また、河合塾や駿台、東進予備校といった予備校のテキストや問題集も買取の対象となります。

  • 駿台・河合塾・代ゼミ・東進・Z会・鉄緑会・SEG・エデュカ・大数ゼミ・研伸館・河合塾MEPLO(メプロ)・Y-SAPIX・Gnoble(グノーブル)・平岡塾・ニルの学校・河合塾マナビス・受験サプリなどの大学受験予備校テキストや教材
  • 早稲田予備校・四谷学院・秀英予備校・北九州予備校などの地方中・小予備校のテキストや教材
  • Z会の旬報(解答・解説編)、ベネッセ√(ルート)T・Kシリーズ
  • 東大・京大・阪大・一橋大・東工大・北大・東北大・名大・神戸大・広島大・九州大・早慶等の各種大学別模試(河合塾・Z会の即応オープン・駿台の実践模試・代ゼミのプレ、東進の本番レベル等)、大手予備校の主催する記述模試
  • 河合塾KALSなどの医学部学士編入対策予備校のテキスト・教材

更に早稲田予備校、四谷学院、秀英予備校といったそれほど規模が大きくない予備校であっても買取OKなので、不要な参考書や問題集があればとりあえず全部送りつけてしまうのがおすすめ。

買取不可なら不可で、そのまま学参プラザ側で処分してもらうことができるので、くれぐれも「これはきっと買い取ってもらえないだろう」という自己判断はしないようにしてください。価値あるテキストを処分してしまうことにも繋がりますよ。

中学受験や高校受験用の問題集もOK:

他、学参プラザでは中学受験用、高校受験用の問題集や塾のテキストなども買取対象。

自宅にまだそのような参考書が余っている場合には、とりあえずこちらもあわせて送ってみてください。予備校同様、浜学園・希学園・SAPIX・日能研・四谷大塚といった大手塾のテキストなども学参プラザでは買取OKです。

ブックオフでは予備校テキストまでは買い取ってくれない:

受験で利用した参考書や問題集を売却する際、一般的によく名前があがるのはブックオフ…ですが、こちらは確かに買取してもらえるものの査定価格がかなり安くなってしまう可能性が高いと言えます。

やはり餅は餅屋、専門書や問題集の価値をきちんとわかってくれる業者に依頼するのが少しでも参考書を高く売るコツ。段ボールに詰め込むだけで正当な価格で買い取ってもらえるわけですから、査定依頼をしない手はありませんよ。

今すぐ段ボールにつめて売却してしまおう:

study

使わなくなった参考書や問題集は自宅においておいてもまったく価値はないどころか、どんどんその価値そのものが落ちていってしまうだけ。不要な参考書が部屋にたくさんあるという方は早め早めに売却してしまってください。

仮に査定金額に不服な場合には返品してもらうことだってできるので、安心して不要参考書の買取を依頼してもらえればと思います。

以上、大学受験で使った参考書や赤本は、買取専門の業者にまとめて買い取ってもらおう!河合塾や駿台等の予備校テキストも売却OKです…という話題でした。

参考リンク:

その他、参考書以外にも自宅にある不要品を処分したい…という方は、下記記事も参考にどうぞ。定番の書籍やCD、DVDだけでなく、ディズニーグッズから楽器まで今や様々な買取サービスが存在しますよ。

i.sonota.biz

 

PAGE TOP