クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

スマホでバーコードを読み取るだけで、ネットの最安値がわかる『ショッピッ!』が便利過ぎる。そのまま購入することも可能です。

f:id:cardmics:20170705171629j:plain

スマホでバーコードを読み取るだけでネットの最安値*1が分かる『ショッピッ!』というアプリが、凄く便利なので今回はその紹介をさせてもらえればと思います。

まだあまり周知されていないアプリなので、ダウンロードしていないという方は是非、この機会にスマホに入れてみてくださいね。

店頭でバーコードを読み取るだけ:

ショッピッ!の使い方は非常に簡単、アプリを開いてスマホのカメラでバーコードを読み取るだけ。バーコードを読み取ると、携帯画面にその商品のネット最安値が表示されます。

基本的にバーコードが存在する商品であればどんなものでも最安値を調べることが出来るので、店頭で買いたい商品があるならまずはショッピッ!を利用して最安値を調べるようにすると、損をしない買い物が出来るようになりますね。

家電量販店の例でいうと:

例えば家電量販店で8,900円の加湿器を購入しようとした場合を説明します。この時、買いたい加湿器のバーコードを読み取れば、ショッピッ!で最安値が表示されるので、

  • ネット価格のほうが安い:ネット通販で購入
  • 店舗価格のほうが安い:店舗でそのまま購入

といった買い方をすることも可能。言うなればカカクコムに商品名を入力して最安値を調べる作業を、バーコードを読み取るだけで出来るようになるアプリがショッピッ!…ということですね。スマホのカメラでバーコードを読み取るか、文字を入力するかの違いだけです。

  • カカクコム:文字を入力して最安値を調べる
  • ショッピッ!:バーコードをカメラで読み取って最安値を調べる

使い方としては賛否両論アリ:

まぁさすがにその使い方には苦情がたくさん入ったようで、ショッピッ!の公式サイトにはそのあたりの使い方が記載されていません(苦笑)。確かに賛否両論のある使い方だと思うので、利用するかどうかはみなさんの自己判断でお願いします。

ちなみにショッピッ!公式に書かれている使い方例としてはこんな感じ。一番利用頻度が高いはずの、店頭での使用例がないのは面白いなーと思います*2

  1. 友人の家で気になる本やDVDのバーコードをスキャンして、忘れないうちに備忘録として登録☆
  2. レストランでおいしかったワインのラベルをスキャン。その場で購入して帰りに近くの店舗で商品を受け取る!
  3. 自宅でビールやミネラルウォーター、バーコードを「ピッ!」。ネットショップで安くまとめ買い♪

レストランのワインを調べるのも面白い:

蛇足ですが、ショッピッ!側が推奨している『ワインのラベルをスキャン』という行為については、そのワインの最安値が表示されてしまうのでちょっと悲しい気分になることもあります。

なにせボトルワイン9,800円…といった高い価格がついているワインをスキャンすると、1,200円くらいの超安値でネット販売されていたりしますからね(苦笑)。世の中、見ないほうが良いものもあるんだなーと思いました。

ショッピッ!のデメリット:

http://www.flickr.com/photos/60325753@N04/5555065521

photo by FotoBIB

ショッピッ!のデメリットについては、比較対象のない店舗オリジナルの商品だと検索結果が全くでないことが多いという点。店舗側も最近ではカカクコム対策としてオリジナル商品を作る傾向にあるので、こういう商品は素直に店頭で購入するようにしてください(値段が比較できないようになってきているのですね)。

以上、スマホでバーコードを読み取るだけで、ネットの最安値がわかる『ショッピッ!』が便利過ぎる。そのまま購入することも可能です…という話題でした。

関連リンク:

家計の出費をもっと減らしたい…という方は、節約テクニックについてまとめた下記記事も参考に。格安サービスの使い方次第では月額の出費を数万円以上も減らすことが出来るはずですよ。 

news.cardmics.com

*1:実際はAmazonや楽天市場、ヤフーショッピングといった通販モールに加え、ビックカメラやカクヤスといった店舗の最安値がわかります。

*2:昔は店頭での利用例が書かれていたような気がするんですけど、今ではシンプルな公式サイトになってしまいました。極力、使い方を説明しないようにしているようです。

PAGE TOP