クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

外国人観光客が増加して日本にお金を落としてくれたことにより、旅行収支が44年ぶり黒字に!日本人が海外で使う額を上回った結果。

http://www.flickr.com/photos/17751217@N00/8388000897

photo by Christopher Chan

日本に来日する外国人観光客が増加した結果、44年ぶりに旅行収支が黒字になったそうです(日経新聞の記事による)。

ちなみに旅行収支とは日本人が海外旅行などで利用する費用と、外国人が日本旅行で使うお金を差し引きした金額のこと。日本人のほうが海外でお金を使っている場合には赤字、外国人旅行客が日本で落とすお金のほうが大きければ黒字になります。

訪日外国人が国内で使う金額から、日本人が海外で支払う金額を差し引いた「旅行収支」が4月、約44年ぶりに黒字に転じた。年1000万人ペースで外国人が日本を訪れるようになり、人口減で縮む内需を補う効果が国際収支にも表れた形だ。モノやサービスなど海外との取引状況を表す経常収支も3カ月連続の黒字となった。

前に黒字だったのは大阪万博が開催された時:

では44年前に黒字だったタイミングはいつなのかというと、なんと大阪万博が開催された時まで遡るようです。いやはや、私が生まれるよりももっともっと前の話。それからずっと、44年間も日本人が海外旅行で使う金額のほうが多かったのですね。

財務省が9日発表した4月の国際収支速報によると、旅行収支は177億円の黒字となった。大阪で日本万国博覧会が開かれ訪日客が増えた1970年7月以来の黒字だ。2013年4月は224億円の赤字だった。

今後も海外からの観光客は増える:

日本政府は海外からの観光客を2020年までに年間2,000万人にする目標があるようなので、今後も中国や韓国、東南アジアといった国々からの観光客は増えていくはず。

このまま旅行収支が黒字のままとなれば、まさに日本政府の思惑通り…なので、観光立国への夢も達成間近といったところでしょうか。引き続きどんどん、外国人観光客のみなさんにはお金を落としてほしいなと思います*1

以上、ちょっと古いニュースでしたが、外国人観光客が増加して日本にお金を落としてくれたことにより、旅行収支が44年ぶり黒字に…という話題を紹介させてもらいました。

参考リンク:

『日本に旅行をした際に、もっとクレジットカード払いできるお店が多かったらお金を使ったのに…』。そんなふうに思った外国人観光客が多くいた…という統計データについては下記記事を参考に。結構な機会損失を起こしていると思いますね、日本。

news.cardmics.com

*1:まぁ言い換えると日本人よりも中国人のほうが裕福になってしまった…という証拠でもありますね。昔は海外に日本人が行ってお金を使いまくっていたことを考えると、なんとも寂しいデータだなとも思います。

PAGE TOP