クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

アメリカの経済制裁を受け、ロシアでVISAカードとMasterCardがほぼ利用不可に!ロシアは新しい決済システムを構築して対抗する模様です。

http://www.flickr.com/photos/57590293@N03/5301124863

photo by KenoEikonas

ロシアのクリミア編入を受け、アメリカのVISAとMasterCardはロシア銀行など大手7銀行との取引を、2014年3月21日付で停止したようです(ウォール・ストリート・ジャーナルより)。

ビザとマスターカードは、ロシア銀行に加え、同行と関連のあるソビンバンク、インベストキャピタルバンク、SMPバンクの計4行に対しサービスを停止すると発表した。 

上記記事中では4行となっていますが、その後、7銀行に拡大(読売新聞より)。

全ての銀行取引を停止しているわけではないため、ロシアで100%、ビザやマスターカードが使えなくなったわけではないでしょうが、大多数で使えなくなったことはどうやら間違いなさそうです。

ロシアは新しい決済システムを構築し、対抗する模様:

そんなロシアではVISAやマスターカード利用停止を受け、新しいカード決済システムを構築する方針な模様(読売新聞)。

ロシア紙イズベスチヤ(電子版)は21日、ロシアが独自のカード決済システムを普及させ、ウクライナ南部クリミア編入を理由に米国が発動した制裁に対抗すると伝えた。 

どうやら中国の銀聯カードのように、銀行のキャッシュカードを使ったネットワークを構築するみたいですね。上記記事の中でも、中国で決済用に普及している「銀聯カード」がモデル…と明言されています。

  • 現状:VISAやMasterCardを主とした決済網
  • 今後:銀聯ブランドを中心とした決済網に

VISAは難しい判断をした感じ:

ビザやマスターカードはアメリカ企業とはいえども、難しい判断だったに違いありません。

なにせいくら経済制裁とはいえ、ロシア国民から反発を受けかねない対応であることに加え、VISAやMasterCardは『世界中で使えるクレジットカードブランド』を目指しているのにロシアで使えないとあってはブランド価値の低下にもつながりかねない感じ。

いくらアメリカ政府の意向とはいえ、本音では受け入れたくなかったというのが実際のところなのでしょう。さてさて、今後どうなっていくのか要注目です。

以上、アメリカの経済制裁を受け、ロシアでVISAカードとMasterCardがほぼ利用不可に!ロシアは新しい決済システムを構築して対抗する模様です…という話題でした。

参考リンク:

そんなVISAやMasterCardが使いにくくなってしまったロシアに、日本のクレジットカードブランドであるJCBが積極的に進出していっている…というニュースについては下記記事にてどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP