クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ついに日本にも『現金払いお断り』のファミレス誕生!ロイヤルホストが人件費削減のため、実験店を11月7日に開業するようです。

f:id:cardmics:20170613000653j:plain

大手ファミレスのロイヤルホスト(ROYALHOST)が2017年11月6日より、『現金払いお断り』のお店を東京都中央区日本橋にオープンさせるようです。

運営するロイヤルホールディングスが公式リリースにて発表しました(こちらより引用)。

ロイヤルホールディングスは、ロイヤルグループの生産性向上と働き方改革を目指し、次世代の店舗運営を研究開発していく「GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店」を11月6日(月)にオープンいたします。(中略)

既存店の「店長業務の負担が大きく人材育成の時間が取れない」など、飲食店固有の課題に対応するため、完全キャッシュレス※1、セルフオーダーのオペレーション※2を導入しました。

支払いは電子マネーとクレジットカードのみ:

今回オープンするGATHERING TABLE PANTRY(ギャザリング・テーブル・パントリー)馬喰町店では、前述のように現金払いが一切不可

支払いはVISAカードやMasterCardなどの各種クレジットカードに加え、楽天EdyとSuica&PASMOなどの交通系ICカードが使える形になるようです。

  • 各種クレジットカード*1
  • 楽天Edy
  • Suica&PASMO(他、ICOCAやTOICAなどの交通系ICカード)

楽天株式会社の「楽天ペイ(実店舗決済)」の決済システムを使用し、支払いはクレジットカード、「楽天Edy」や交通系ICカードを含む主要電子マネーが利用可能。QRコード読取り機能が搭載されたアプリは、今後、導入予定。

なぜ現金払い廃止なのか?

ではなぜロイヤルホストが現金払いを廃止するのかというと、人件費削減のため。

下記のように現金の扱いをやめることによって得られるメリットは多いので、新業態店舗であるギャザリング・テーブル・パントリーではその実験をしてみる…という意味合いが強いのでしょう。

  • レジ担当スタッフ:タブレット端末で支払いしてもらえば不要
  • 注文担当スタッフ:タブレット端末で支払いしてもらえば不要
  • 閉店後の売上管理:カード払い&電子マネー払いなら集計作業不要
  • 本部への売上報告:カード払い&電子マネー払いなら自動で報告可能
  • 現金の取扱業務:小銭の用意、売上を貸金庫に預けるなどの作業不要

現金管理を無くすことで、売上管理業務の作業数が軽減し、報告業務など店舗業務の効率化に繋がります。

わかりやすく通常店舗と比較するとこんな感じ。

比較項目 通常店舗 新業態店舗
会計 会計ごとに人員が必要 客側がタブレットを使って支払い
注文 注文時には人員が必要 客側がタブレットで注文
売上集計 レジの中の現金を数える人員が必要 現金の扱いがないので集計作業不要
売上報告 レジの中の現金を数えた後に報告 現金がないので報告不要(自動報告)
釣り銭準備 オープン前や業務中にも必要 現金がないので不要
その他 強盗被害、偽札被害などの可能性がある 店舗内に現金がないので安心

社員やバイトが一人前になるのも早い:

また、現金の取扱をやめれば業務内容が簡素化されるため、社員やバイト&パートスタッフが一人前になるのが早い…というメリットも。

レジの打ち方、注文時の受け答え方、各種クーポン割引の有無などなど、こういったものを教え込まなくてもロイヤルホストの新業態店舗では一人前になれるので、研修業務を行うスタッフの人件費削減効果が期待できそうです。

  • 通常店舗:社員やバイトが一人前になるまで時間がかかる
  • ロイホの新業態店舗:社員やバイトが一人前に早くなれる

昼時の混雑緩和効果もありそう:

注文や支払いが席にあるタブレット端末から可能になれば、昼時のファミレスでよくあるような、店員を呼んでもなかなか来ないとか、会計をするためにレジ周りに人だかりが出来る…なんてこともなくなるのかも。

  • 通常店舗:昼時はみんなイライラ
  • 新業態店舗:昼時でもスムーズに注文&支払い

まぁ注文した食事が出るのが遅かったらあまり変わりはないのかもしれませんが、ストレスなく支払いが出来るというだけも個人的には嬉しいので、どんどんこういう店舗が増えていってくれると嬉しいなと思います。

現金払いを無くすだけで可能性は無限大:

f:id:cardmics:20170622214123j:plain

このように現金の取扱を無くすだけで、レジ業務や注文業務をすべてタブレット端末に丸投げ出来てしまうわけですから、店舗運営において現金払いはもはや厄介者。

『いやいや、レストランで現金が使えないなんてけしからん!』なんて思う方も多いかもしれませんが、現金の取扱をしているからこそ効率化できない業務というのは想像以上に多いので、今回のギャザリング・テーブル・パントリーの試みは面白いものになるんじゃないかなと思います。

以上、ついに日本にも『現金払いお断り』のファミレス誕生!ロイヤルホストが人件費削減のため、実験店を11月7日に開業するようです…という話題でした。

参考リンク:

レストランや居酒屋、ファミレスなどでどのくらいクレジットカード決済が普及しているのかを調査してみた記事もあわせてどうぞ。まだまだ日本は現金社会なんだなぁと思わされます(だからこそ今回のロイホの試みには期待したい私)。

news.cardmics.com

*1:ギャザリング・テーブル・パントリーで使える国際ブランドについては記載がありませんが、「楽天ペイ」が使えるということはVISAカードやMasterCardに加え、JCBカードやアメリカン・エキスプレスカード、ダイナースクラブカードなどの利用も可能になると思われます。

PAGE TOP