クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカード明細を見ない人の比率は59%!?利用明細書は定期的に確認しないと、カードを不正利用された時に気付けません。

f:id:cardmics:20171101234858j:plain

下記の記事を読んで、その中にある数字に驚かされた私*1

年収500万円~800万円で「貯金100万円以下」という30代男性200人(未既婚各100人)を対象にインターネットでアンケートを実施
(中略)

  • カード明細は見ない 59%

特定の属性を持った30代男性がアンケート対象という括りはありますが、そのうち59%もの方がクレジットカード明細書を定期的に確認していないというのは驚愕そのもの。

なにせ半分以上もの人が、明細書のチェックをしていないことになるわけですからね。まさにみなさんズボラとしか言いようがありません。

利用明細書の定期確認について:

クレジットカード明細を確認しない怖さ:

当然、クレジットカードの利用明細書を定期的に確認しないということは、仮に保有クレジットカードを誰かに不正利用されたとしても気付くわけがありません

f:id:cardmics:20180119091301p:plain

これが数千円程度の不正利用であればちょっとの後悔で済みますが、10万円単位の不正利用に気付かなかった場合には泣くに泣けない状況に…。

更に100万円以上の不正利用…なんてことになれば、利用明細のチェックを怠ったことで人生すら狂いかねません。下手すると自己破産コースへまっしぐらです。

せめて45日に1度はチェックしよう:

そんな悲惨なことにならないよう、クレジットカードを使う以上は少なくとも45日に1度くらいは、利用明細書に目を通すようにしてください。この期間程度であれば、不正利用されていた場合でもギリギリ盗難補償の対象となるためです(盗難補償とは?という方は下記記事参照)。

もちろん理想は毎月1度の確認。

これが出来るのが理想ですが、ズボラな方の場合だと難しいケースも多いと思うので、せめて45日に1度は確認するクセを付けてもらえればなと思います。

クセを付けたいなら紙の明細書がベスト:

ちなみに。

それでも定期的に利用明細書をチェックする自信がない…という方はネット明細ではなく、郵送で利用明細書を届けてもらうのがおすすめ。

それなら自宅に月1度は明細書が届くようになるので、半強制的に『チェックしなくちゃなぁ…』という気分になりますよ(詳しくは下記記事を参照)。

以上、クレジットカード明細を見ない人って59%もいる?高年収の30代男性(浪費癖アリ)に取ったアンケート結果に、正直、驚かされたという話でした。

参考リンク:

その他、クレジットカードを使う上での注意点については下記記事を参考にどうぞ。クレジットカードの支払いを電気代やガス代みたいなものだと思っていると、痛い目にあう可能性大ですね。

news.cardmics.com

*1:引用部分の赤字装飾は私が付けさせていただきました。

PAGE TOP