クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

銀行ATMに設置可能な新しいスキミング装置が怖い!こんなにも薄い装置が設置されてしまえば、利用者側で防ぐことはほぼ不可能です。

今回はkrebsonsecurity.comというセキュリティ情報サイトにて紹介されていたスキミング装置が、悪い意味で驚きの出来だったので、ちょっと紹介させてもらいます*1

f:id:cardmics:20140901152509j:plain

An increasing number of ATM skimmers targeting banks and consumers appear to be of the razor-thin insert variety. These card-skimming devices are made to fit snugly and invisibly inside the throat of the card acceptance slot. Here’s a look at a stealthy new model of insert skimmer pulled from a cash machine in southern Europe just this past week. 

カミソリの刃のように薄いスキマー:

このスキミング装置の何が怖いかというと、その薄さ。

前述の記事でも『Razor Thin(カミソリの薄さ)』 と紹介されている通り、銀行ATMにこの装置が設置されてしまえば、利用者側である私達にはその識別が難しい状況にあります。

実際、こんなに薄い装置を付けられてしまった場合には、どんなに気をつけていたとしてもスキマーが設置されているかどうかを外側から目視で確認することは不可能。まさに詐欺師たちの思惑通り、無防備にカード情報をプレゼントしてしまうことになります。

f:id:cardmics:20140901153456p:plain

  • 従来のスキミング装置:カード差込口の外に設置
  • このスキミング装置:カード差込口の内部に設置

技術には技術のチカラで対応するしかない:

尚、このスキマーを防ぐためにはICチップ付きのキャッシュカードやクレジットカードに切り替える、もしくは指紋認証などの保有者のみしか使えないセキュリティ対策などの、『技術には技術の力で対応』していくしかないのかも。

また、ATM本体の異常探知機能の強化も同時に必要…と、犯人グループとクレジットカード会社&銀行の戦いは続いていきそうな感じですね。私達にできるのは応援くらいしかないので、引き続き金融業界にはセキュリティ強化をお願いできればなと思います。

以上、銀行ATMに設置可能な新しいスキミング装置が怖い!こんなにも薄い装置が設置されてしまえば、利用者側で防ぐことはほぼ不可能です…という話題でした。

参考リンク:

仮にこういったスキミング装置でクレジットカード情報を盗まれてしまった…という場合にも、クレジットカードには盗難保険というありがたい補償が備わっているため大丈夫。100万、200万といった金額を不正利用されても、保険を申請すればみなさんの負担は0円で済みますよ。

news.cardmics.com

*1:スキミング装置とは、クレジットカードやキャッシュカードの情報を違法に読み取る装置のこと。多くがクレジットカード決済端末や銀行ATMなどに設置されて、密かにカード情報を盗みとります。

PAGE TOP