クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

主要mPOSの楽天スマートペイが、楽天ペイに名称を変更!今後はQRコードを利用したスマホ決済(QRペイ)にも対応するようです。

f:id:cardmics:20161027162626j:plain

iPhoneなどのスマートフォンやタブレット端末を使ってクレジットカード決済できるサービスである「楽天スマートペイ」が、2016年10月27日よりその名称を変更し、「楽天ペイ」になることが判明しました。

楽天側の公式リリースより引用します。

これを機に「楽天スマートペイ」は、「楽天ペイ(実店舗決済)」としてサービス名称を変更いたします。

楽天ペイへの名称変更について:

わかりやすい名称変更になりそう:

こう言われてみるとアレなんですが、たしかに「スマート」って文字がサービス名に必要だったのかというと疑問が残るので、この名称変更はシンプルで良い感じ。

  • 旧名:楽天スマートペイ
  • 新名:楽天ペイ

また、類似サービスとしてAndroid PayやApple Payなどなどが今後普及していくことを考えると、同じように「社名+Pay(ペイ)」という名称にしておいたほうが楽天のサービスなんだということがわかって貰いやすいメリットもありそうですね。

総じて良い名称変更になっていると思います。

アプリ決済と混同する?

反面、デメリット点としては、スマートフォンやタブレットを利用したクレジットカード決済(mPOS)のサービス名と、2016年10月27日より開始されたアプリ決済のサービス名がまったく同じになってしまうということ。

楽天側によるとモバイル決済のほうが「楽天ペイ(実店舗決済)」、アプリ決済のほうはなにもカッコが付かない楽天ペイとするようですけれども、このあたりがやや混同してしまうことにもならないかな?という心配は残りそうです。

  • クレジットカード決済:楽天ペイ(実店舗決済)
  • アプリ決済:楽天ペイ

まぁ楽天ペイ(実店舗決済)を利用する場合、客側では「クレジットカード払いで!」と言うでしょうから、店舗側の慣れでどうとでもなるのかもしれませんね。そう信じましょう!

QRコード決済も開始:

尚、今回の名称変更と同時に、楽天ペイ側ではQRコードを利用したQRペイにも対応しはじめるとのこと。

「楽天ペイ」アプリは、楽天会員IDでログインすることで、簡単に実店舗でのスマホ決済が可能になります。

決済方法は店舗のスマホ・タブレット端末からQRコードを読み取る「QRペイ」とユーザー自身がスマホに金額を入力して決済する「セルフペイ」から選択可能です。

こちらについては下記記事にまとめてあるので、中国でも普及しているQRコード決済に興味がある方は参考にしてもらえればな…と思います。

以上、主要mPOSの楽天スマートペイが、楽天ペイに名称を変更!今後はQRコードを利用したスマホ決済(QRペイ)にも対応するようです…という話題でした。

参考リンク:

小規模なレストランや小売店にクレジットカード決済を導入するなら、モバイル決済はとにかく便利。加盟店手数料が低いだけでなく、入金サイクルも最短翌日ととんでもなく早いですよ。

詳しくは下記、楽天ペイ公式サイトをご覧ください。

www.cardmics.com

PAGE TOP