クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

実際に楽天ポイントを利用して投資信託を購入してみた!楽天ポイントによる投信買付でも、解約時には現金でちゃんと入金されます。

f:id:cardmics:20170903224929g:plain

結構話題になったのでご存知な方は多いかもしれませんが、楽天証券では2017年8月26日より、楽天ポイントによる投資信託の買い付けが可能になりました(詳しくは下記記事にて)。

個人的にも『一体どんな風に買い付けが出来るようになったんだろうか?』という点に興味があったので、試しに余った楽天ポイントを利用して投資信託の購入に挑戦してみることに。今回はその感想をカンタンにまとめてみたいと思います。

現金同様に投信の買い付けが可能:

まず、楽天ポイントによる投資信託の買い付けについては、現金による買い付けとまったく違いはありません。

ポイントによる買付だからといって別途手数料が必要なことはありませんし、ポイントだから選択可能な投資信託の種類が少ないとかも無いので、現金同様に投資信託を買い付けることが出来ます。

  • ポイント利用時の手数料:現金買付時と同じ
  • ポイントを利用して買付できる投信数:現金による買付と同じ

100ポイントから買付可能:

また、楽天証券では100円単位での投資信託の買付が可能ですが、楽天ポイントによる買い付けについても同様で、100ポイント以上のポイント残高があれば誰でも気軽に買付をすることが出来ます。

  • 現金での投信買付:100円以上なら可能
  • 楽天ポイントによる投信買付:100ポイント以上なら可能

1ポイント1円から利用可能。投資信託買付単位は各銘柄の最小買付単位に準ずる。(100円以上1円単位~)

これが最低1万ポイントから…といった条件であった場合には、なかなか楽天ポイントで投資信託を購入することは難しかったと思いますが、100ポイントからの買付が可能なのであれば、もはや誰でも楽天ポイントを使った投資信託買付は可能と思って間違いないでしょう(詳しくは楽天証券の公式サイトにて)。

ポイントで買っても現金で返ってくる:

『それじゃ投資信託を解約する場合にはどうなるの?やっぱりポイントで買付した投資信託については、運用益も楽天ポイントで戻ってくるんだろうか?』と思われるかもしれませんが、楽天ポイントによる買付でも投信解約時に戻ってくるのはポイントではなく現金です。

あくまで買付にポイントが使えるというだけで、仕組みそのものは現金による投信買付となんら変わりはないのですね。ご安心ください。

早速、楽天ポイントで買付してみた:

…ということでちょっと前置きが長くなってしまいましたが、楽天ポイントを使った投資信託購入に挑戦してみた証拠画像は下記の通り。もはや定番ともいえるeMAXISのJ-REITを買付です。

f:id:cardmics:20170904184348g:plain

上記画像を見てもらえればわかるとおり、受渡代金概算額のところに「485ポイント(円)」という文字が確認できるはず。

これが今回、私が楽天ポイントを485ポイント分利用して買付をした結果で、1円も現金を利用していないことがわかります。

約定通知もちゃんとアリ:

『ちゃんと約定もしてるよ』という証拠画像が下記の通り。

f:id:cardmics:20170904185712g:plain

こちらもご覧いただければわかる通り、注文金額のところに「ポイント利用」という文字があり、私が485ポイントの楽天ポイントを利用して投資信託(eMAXIS 国内リートインデックス)を買い付けたことがわかるはずです。

このように楽天ポイントの残高がある方なら、誰でも楽天証券で投資信託を購入することが可能。

まぁ楽天証券において事前に口座を開設しておく必要性はありますが、その手間さえしっかり踏んでおけば、楽天市場で買い物をしたり楽天カードを支払いをするだけで、投資信託の残高がグングン増えていくことでしょう。

特に『投資をしてみたいけれども、現金で投資ができるほど生活に余裕もない…』という方に最適だと言えそうです(貯まったポイントでのみ投資信託を購入すればOK)。

楽天キャッシュによる買い付けは不可:

f:id:cardmics:20170622214127j:plain

最後に。

楽天ポイントを大量に保有している方の中には、楽天ポイントではなく楽天キャッシュとして大量のポイント保有をしている方も多いかと思いますが、今回の楽天ポイントによる投資信託買い付けについては楽天キャッシュは対象外。

  • 楽天ポイント:投資信託の買い付けOK
  • 楽天キャッシュ:投資信託の買い付けは不可

他にも期間限定の楽天ポイントや、他社ポイントから交換した楽天ポイントを利用した投信買付は出来ないので、よほど普段から楽天市場を利用したり、楽天カードで大量の買い物をする方でもない限りは、それほど多くの投資信託の買付は出来ないと思っておいたほうが無難ですね。予めご注意ください。

以上、実際に楽天ポイントを利用して投資信託を購入してみた!楽天ポイントによる投信買付でも、解約時には現金でちゃんと入金されます…という話題でした。

参考リンク:

投資信託を買付するために、もっと多くの楽天ポイントが欲しい…という方は下記記事も参考に。楽天ポイントの基礎知識からお得な獲得方法までをわかりやすく解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP