クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

実際に楽天ペイをお店で使ってみた感想と、その利用メリットまとめ!今後、楽天ペイ払いが使えるお店がどこまで増えるかに期待です。

f:id:cardmics:20161029123509j:plain

2016年10月27日に利用が開始された楽天ペイ。

店頭でクレジットカードそのものを用いずに、アプリ操作だけで支払いが出来てしまうというメリットについては昨日の記事で書いた通り…ですが、気になるのは本当に「カンタンに支払いが出来るのかどうか」のほうですよね。

そこで今回はそれを実証すべく、試しに楽天ペイ払いをしてきてみました。あくまで私個人の感想でしかありませんが、支払いがほんとうに楽なのか気になる方は是非、参考にしてもらえればなと思います。

楽天ペイを使った感想:

まず、楽天ペイを使った率直な感想は…というと、『これは早いし便利』という感じ。

支払いにかかった時間はわずか10秒足らずと、さすがに電子マネー払いと比べると見劣りがしますが、クレジットカード決済や現金をやりとりする場合よりもスムーズな支払いが出来るように思いました。

ただ、お店側もたぶん楽天ペイを使われるのがはじめてだったんでしょうね。店員から店長に伝達が行き、店長がやや不安げな表情でQRコードを表示させてきたくらいだったので、楽天ペイが広く使われるようになるまでは店側の不慣れな対応によって時間がかかることは覚悟しておいたほうがいいかもしれません(店側の対応が難しそう時は「セルフペイでいいですか?」と言えばOK)。

楽天ペイ利用の証拠画像:

ちなみに下記がその時の証拠画像。

昨日は楽天ペイの利用が開始されてから3日目だったんですが、画像内に書かれているNo.1252という番号をみる限り、まだまだ日本全国で楽天ペイを利用した方はごくごく稀な模様。

且つ、楽天側でも数百回から1,000回程度はテスト決済しているはずなので、現状、楽天ペイは1日100回くらいしか使われていない状況かもしれませんね。寂しい限りです。

f:id:cardmics:20161030122822g:plain

楽天ペイを使うメリット:

次に私が思う、楽天ペイを使うメリットについてもまとめておきます。

1.支払いがスムーズ:

まずは前述のように支払いがスムーズになるという点。

クレジットカードそのものを利用したクレジットカード決済よりはもちろん、現金という貨幣をやりとりをする場合よりも楽天ペイ払いはスマホ操作だけでスムーズに支払いが出来るのは、やはり楽天ペイ払いのメリットであることは間違いありません。

特にセルフペイ機能を選択すれば金額を入力して承認するだけで支払いが完了するので、店側との余計なやりとりも不要になりますよ(楽天ペイ払いしておくので確認してください…といえばOKということ)。

  • レストランでカード払い:店員にカードを一旦託し、決済処理してきてもらう
  • レストランで現金払い:店員にお金を託し、お釣りを持ってきてもらう
  • レストランで楽天ペイ払い:その場で支払い完了(セルフペイ利用時)。

2.ポイントが貯まりやすい:

楽天ペイの魅力2つ目は、楽天ペイ払いをすると楽天ポイントが貯まりやすいという点。

通常、楽天カードをレストランや飲食店で利用するとポイント獲得は決済金額の1%分ですが、楽天ペイ経由なら追加で0.5%分のポイントも獲得できるので、合計1.5%のポイント獲得が可能になります。

  • 楽天カード払い:決済額の1%
  • 楽天ペイで楽天カード払い:決済額の1.5%

まぁわずか0.5%分ではありますが、1万円の支払いでなら50円の差、10万円なら500円の差になってくるので馬鹿には出来ません。ちりも積もればなんとやら…ですね。

キャンペーン経由で11.5%獲得:

また、現在では楽天ペイのスタートキャンペーンが実施されていて、楽天ペイを利用して支払いをするだけで更に10%分のポイント獲得も可能。

これは私が昨日した楽天ペイ払いでいうと、約1,000円分のポイント獲得が出来たことになるので、結構どころか、かなり大きな節約になりそう。まさにちょっとした副収入です。

3.利用履歴が即確認できる:

あと、楽天ペイを使ってみて便利だなーと思ったのが、過去の楽天ペイ払いの利用歴をアプリ内で確認できるという点。

下記のようにいつどこのお店で楽天ペイを使ったのかがわかりやすく表示されるため、家計の管理がしやすくなるのは大きなメリットかもしれません。

f:id:cardmics:20161030123148g:plain

メールアドレスにも連絡が届く:

加えて楽天ペイを店頭で利用すると、登録メールアドレスに利用メールが入るのも安心材料。クレジットカード利用だと利用してもすぐ、利用メールが届くわけではないので、時差なしでメールが届くのは魅力的でしょう。

  • クレジットカード決済:利用後1日程度してからメールが届くことも多い
  • 楽天ペイ決済:利用直後にメールが届く

加盟店がどこまで増えるか:

こんな感じで楽天ペイ払いが使えるお店が増えていってくれれば、この支払い方法はほんとに便利なものになっていくはず。

楽天側がどこまで営業しきれるか、そしてスマレジやAirレジなどの他のPOSレジサービスと連携できるかがカギになってくると思うので、それに期待しましょう(導入してみようかなと思う経営者の方は、下記公式サイトにて)。

以上、実際に楽天ペイをお店で使ってみた感想と、その利用メリットまとめ!今後、楽天ペイ払いが使えるお店がどこまで増えるかに期待です…という話題でした。

参考リンク:

店舗にクレジットカード決済を導入するためにはどうすればいいのか?といった店舗オーナーから、社員にクレジットカードを持たせてみたいと思う経営者に役立つ情報をまとめた下記記事もあわせてどうぞ。クレジットカードを上手に使えば、自社ビジネスを更に大きくすることが出来ますよ。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP