クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ついに楽天ペイがSuica、nanaco、楽天Edy等の電子マネー決済に対応!iDやQUICPay決済も可能なので、アップルペイにも完全対応です。

f:id:cardmics:20170814174237j:plain

iPhoneなどのスマホを利用したクレジットカード決済サービスである楽天ペイが、2017年7月31日よりついにSuica、nanaco、楽天Edy等の電子マネー決済にも対応したようです。

楽天ペイが自社公式サイトにて発表しました。

主要14ブランド※2 対応、電子マネー決済

主要電子マネーおよび「Android Pay」「Apple Pay」に対応します。なかでも、累計発行枚数1億枚を超える「楽天Edy」に対応するのは、楽天ペイ(実店舗決済)が業界初※1 となります。 

楽天ペイ対応の電子マネーまとめ:

今回、楽天ペイで決済可能になった電子マネーは下記の通り。

  • 楽天Edy
  • nanaco
  • Suica
  • PASMO
  • Kitaca
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん
  • iD
  • QUICPay

残念ながらWAON(ワオン)の対応については2018年に繰り越されてしまいましたが、楽天Edy、Suica、nanaco、iD、QUICPayがモバイル決済で使えるようになるというのは凄いの一言。

これにVISAやJCBといったクレジットカード決済まで楽天ペイでは対応可能であることを考えると、楽天ペイ1台あればお店の決済で困ることはもうありませんね。しかもそれが初期費用実質0円で導入できるとか、今までウン十万円かけてクレジットカード&電子マネー決済機を導入してきたお店は涙目かもです(初期費用0円のキャンペーン詳細は公式サイトにて)。

決済手数料もかなり低い:

f:id:cardmics:20170814174119j:plain

また、気になる各種電子マネーの決済手数料もかなり低め。

Suica、PASMOなどの交通系ICカード、楽天Edy、nanacoは3.24%、iDやQUICPayといった後払い方の電子マネーは3.74%に設定されているので、JR東日本などと直接契約を結んで加盟店契約をするよりも手数料が低くなる…なんて場合もありそうな感じです。

  • Suicaなどの交通系ICカード:3.24%
  • nanaco:3.24%
  • 楽天Edy:3.24%
  • iD:3.74%
  • QUICPay:3.74%

ちなみに同じく電子マネー決済を実現しているライバルのAirペイでも加盟店手数料は全く同じ(Suicaなどの交通系ICカードが3.24%、iDやQUICPayは3.74%)。

そのため、使える電子マネーの種類が多い楽天ペイのほうが、現状だと1歩も2歩もリードしている状況があるのかもしれませんね。詳しい比較は下記記事にてどうぞ。

news.cardmics.com

楽天ペイは電子マネーチャージには対応していない:

電子マネーが使えるようになったんなら、お店でSuica等のチャージにも対応できるってこと?と思われる方も多いかもですが、こちらは残念ながら未対応。

Suica、nanaco、楽天Edyともに利用のみに楽天ペイは対応しているのでその点はご注意ください(ちなみにiDやQUICPayを除き、電子マネーで決済された買い物をキャンセルすることは無理なので、現金で返金する必要性ありです)。

翌日入金なので資金繰りも悪化しない:

ここまで紹介させていただいたように、もはや楽天ペイ1台あればクレジットカード決済も主要電子マネー決済も両方に対応可能な状況に。しかもそれが初期費用0円で導入できるわけですから、据え置き型の決済機を導入する理由がないですよね。

更に、楽天ペイではお客さんがクレジットカードや電子マネー払いした金額を翌日(翌月ではなく翌日です)に入金してくれるため、会社の資金繰りが悪化する心配もなし。

  • 楽天銀行に口座を持っている場合:土日を問わず翌日入金
  • 楽天銀行以外へ振込:次の平日など、翌営業日に入金

最短翌日自動入金

楽天ペイ(実店舗決済)の指定口座を楽天銀行にすると、365日いつでも決済の翌日に自動で入金いたします。
※楽天銀行以外の金融機関でも、翌営業日に入金可能です。

このようにクレジットカード決済を導入する上でハードルになりそうなものはもう何も存在しないので、是非、お客さんの数を増やしたいとか客単価アップを狙いたいという経営者の方がいたら、この機会に楽天ペイの導入を検討してもらえればな…と思います(楽天ペイの公式サイトはこちら)。

以上、ついに楽天ペイがSuica、nanaco、楽天Edy等の電子マネー決済に対応!iDやQUICPay決済も可能なので、アップルペイにも完全対応です…という話題でした。

参考リンク:

経営にクレジットカードをもっと活用したい…という方は下記記事も参考に。経費支払い用に使えるクレジットカードの紹介から、資金繰り改善に使えるアイデア等を紹介しています。 

news.cardmics.com

PAGE TOP