クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

楽天市場がガチで嫌いな友人に、楽天を使いたくない理由を聞いてみた。なぜ楽天市場のがお得な場合でも、頑なにAmazonを使い続けるのか?

#RakutenBolsa

世の中に一定数存在する、ガチで楽天市場が嫌いな人たち。

正直、私自身は楽天市場をむしろ好んで利用している人間のため、なぜにそこまで楽天が嫌いになのかはわからないのですが、これらの楽天嫌いな人たちというのは楽天市場のほうがお得なことがわかっている場合でも、頑なにAmazon.co.jpを利用したがる傾向にあります(箇条書きにするなら下記のような感じ)。

  • Amazonのほうがお得:Amazonで購入
  • 楽天でもAmazonでも同じ価格:Amazonで購入
  • 楽天市場のほうがお得:Amazonで購入
  • 楽天でしか売ってない:諦めて別商品をAmazonで購入
  • どうしてもその商品じゃないと:泣く泣く楽天を利用

そこで今回は個人的にも興味があったので、楽天が大嫌いだという知人男性に、なぜ楽天市場を使いたくないのかという理由を率直に聞いてみました。すると楽天市場のデメリットとも言える箇所がいくつか見えてきたので、雑談がてらそれらの問題点をまとめてみたいと思います。

楽天市場を使いたくない理由まとめ:

1.配送が遅い、いつ来るかわからない:

楽天嫌いな彼曰く、楽天市場で一番嫌いなのは、商品の配送が遅い点だそうです。翌日や翌々日に届く場合ももちろんありますが、あす楽以外の商品だと「入荷次第発送」という場合が多いのがイライラしてしまうとのことでした。

これは私も先日経験したばかり。

楽天市場内の大手ドラッグストアである「爽快ドラッグ」でトイレットペーパーや洗剤などの買い物をしたら、自宅に届くまでに8~9日かかって『これじゃダメだな…』と思ったものです*1

結果、手元に残ったトイレットペーパーがなくなってしまい、近くのドラッグストアで買い物をする羽目に…。更に爽快ドラッグからもトイレットペーパーが届いて2袋になってしまったため、棚に入りきらないという弊害に現在、悩まされております(苦笑)

2.商品ページが時代錯誤:

2つ目は商品ページが時代錯誤だそうです。とにかく縦に長い、画像たっぷり、文字装飾満載…などなどがAmazonと比べると見難くて、買いたい気持ちを萎えさせると言っていました(下記のようなページのことですね)。

確かに特定の層には効果的な商品ページなんでしょうけれども、このやり方を嫌う人たちも多そうな感じ。Amazonのようになシンプル系の商品ページが中心な通販モールのほうに、魅力を感じてしまう方も多いのでしょう。

3.写真よりも安っぽい商品が届く:

3つ目は画像よりも安っぽい商品が届くことが多い点。主に洋服などでその傾向が顕著だそうで、楽天の場合には商品ページを作りこもうとするあまりにも安っぽい商品を高そうに見せすぎる傾向にあるそうです。

  • 楽天:商品ページが過剰すぎて、良い商品に見えてしまう
  • Amazon:商品ページがシンプルなので冷静に判断できる

まぁこれについては通販番組やカタログ通販などでも同じ傾向にあるとは思いますが、Amazonよりも楽天が顕著なのは事実でしょうね。私も経験がありますが、商品ページが長い商品であればあるほど、安物買いの銭失いになってしまうことが多かったように思います。

4.ショッピングカートが姑息:

4つ目は楽天のショッピングカートが姑息だと言ってました。あの、買い物をするといつの間にか6~7のメールマガジン購読になってるアレですね(苦笑)

これは私自身もそう思いますし、そんな風にして読ませたメールマガジンの効果も限定的になってきているわけですから、そろそろリクルートのように方針転換をして、読みたいメールマガジンのみを読める状況にしておいてもらったほうがいいのかも…*2

実際、今回の彼以外にも、これで楽天が嫌いになったという友人は多いので、長く続く通販モールにしていきたいなら、楽天もしっかり方向転換する時期に来ていると思います(毎回毎回、読みたくもないメールマガジンが届いたり、その購読解除をするのが面倒)。

5.メールマガジンが嫌い:

4つ目に引き続き、5つ目のメールマガジンが多いというのも問題ですよね。Amazonからはメールマガジンなんてほとんど届かないので、楽天市場の多さばかりが際立つ形になってしまっています。

  • Amazon:メルマガが圧倒的に少ない
  • 楽天市場:メルマガばかり

これについては前項のショッピングカートを改善すれば、だいぶ利用者の不満も解消できるようになっていくので、早めに対策してほしいと私も思います。

それに今やメルマガの購読率なんて1%未満な時代なわけですから、無理やりメールマガジンを購読させてもアンチを作り上げるだけで、宣伝効果なんてほとんどなし*3。楽天は自分で自分のクビを絞めてるような気がしてなりません。

6.ヘッダーが長すぎ&バナーだらけ:

6つ目はヘッダーやバナー部分が長すぎて、肝心の商品がどこにあるかわからない場合が多いという点だそうです。時々ありますよね、スクロールをかなりしていかないと、肝心の商品解説まで辿りつけないページって(苦笑)

これもAmazonではほぼほぼすべてのページで、ファーストビュー(スクロールしなくても表示される部分)に商品画像と値段、購入ボタンなどが表示されるわけですから、対比をすると楽天がいかにゴチャゴチャして不親切かがわかります。

  • Amazon:商品画像や値段、購入ボタンがわかりやすい
  • 楽天:だいぶスクロールしないと価格や購入ボタンなし

まぁ楽天を使い慣れている私からすると「通販サイトってそういうもんだ」くらいに思っていた部分だったんですが、世間一般の普通で考えれば確かに使いにくい&見えにくいと言われても仕方がない点だと思います。

7.ポイント何倍って何倍だよ:

最後はこれ、楽天市場のポイント倍率がわかりにくすぎてどれだけお得かわからないというもの。

楽天スーパーポイントアッププログラムでポイント4倍になって、ポンカンキャンペーンでポイント3倍になって、楽天スーパーセールでポイント5倍がついて…えっとえっと…って確かになりますね(笑)。彼曰く、一体、自分がどのくらい得をしているのかわからない、複雑怪奇なポイント制度が逆に面倒に感じるそうです。

ここもなにか、一目瞭然で自分のポイント獲得数がわかるものが表示できると違うんでしょうけれど、今のままだと自分がどのくらいお得になってるかわからないまま買い物をしている人のほうが多いのかも。

私のように毎日、クレジットカードだ、ポイントだと日々、調べている専門家でも時々混乱してしまうことがあるくらいですから、もう少しシンプルなものに作り変えないといけない時期にきているのかもしれません。

他にも楽天市場の問題点は多数:

他にも楽天市場で検索すると似たような商品がズラリと並んで欲しい商品がどれかわかりにくい、検索キーワードとは関係のない商品が並ぶ、在庫アリと書いてあるのに在庫がない場合がある、楽天スーパーセール時などに架空の定価を見せて割引率をアピールする…などなど、楽天嫌いな方の意見を探してみるとまだまだ問題点は多そうな感じ。

こういったものも楽天市場が嫌いな人を生む要因になっているのでしょうね。

楽天が嫌われる理由はあった:

f:id:cardmics:20170622213922j:plain

ここまで楽天嫌いな人が楽天市場を使いたくない理由をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

個人的には楽天嫌いな人って、もっとどこか単純に楽天そのものが嫌い…という感覚のほうが強いのかな?と思っていたんですが、実際にはちゃんと理由があって楽天ではなくAmazonを使っているんだなということがわかりました。

楽天側が改善しないとアンチは増え続ける:

今後、楽天側がこういったデメリットや問題点をしっかり改善していかない限りは、インターネット上にはまだまだ「楽天なんて大嫌い、私はAmazonで買い物するわ」というアンチが増えていってしまうだけ。

そうならないようにそろそろ楽天には、重い腰を上げて改善をしていってほしいなと思いますね。兎にも角にもまずはメルマガ対策からです。

以上、楽天市場がガチで嫌いな友人に、楽天を使いたくない理由を聞いてみた。なぜ楽天市場のがお得な場合でも、頑なにAmazonを使い続けるのか…という話題でした。

参考リンク:

楽天市場でお得に買い物ができる、楽天カードが嫌われている理由についても過去にまとめてあるので興味がある方は下記記事もあわせてどうぞ。

news.cardmics.com

*1:急いでいるものについては楽天24とかで買えば良かったんでしょうけれどもね。爽快ドラッグでも3日程度で届くだろうと思い込んで買ってしまった失敗でした。

*2:過去、ホットペッパーグルメやホットペッパービューティーでは、予約等をすると自動的にリクルートの他のメールマガジン購読にチェックがされていた状態があったのですが、ここ半年ほどで方向転換が行われたようで、現在ではチェックボックスにチェックがない状況で、メールマガジン購読者を集めています(読みたい人のみチェックして購読する形)。

*3:加えてキャンペーンエントリーと同時にメルマガ自動購読も辞めていただきたいですね。あれも後日、購読した記憶のないメールマガジンが楽天から届いて発覚するヤツです(利用者側の不信を招く)。

PAGE TOP