クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

おサイフケータイ対応のスマホが、楽天Edy用の決済端末として利用可能に!これで専門端末を購入しなくても気軽にEdy払いを導入可能です。

f:id:cardmics:20170622214110j:plain

楽天Edyでは、おサイフケータイ対応のスマホがあればそれを、楽天Edy用の決済端末として利用可能になるサービスを2014年4月18日付で開始したようです。ITproが報じました。

事業者は楽天Edyと加盟店契約したうえで、スマートフォンにアプリケーションをダウンロードすれば、そのままEdyの決済端末として利用できる。決済処理はTFペイメントサービスのクラウドサービス「Thincacloud」(シンカクラウド、関連記事)を通して行う。 

これなら小売店などの経営者が、楽天Edy決済を気軽に導入可能。PayPal Hereやスクエア、Coineyなどのクレジットカード用モバイル決済サービスの、電子マネー版だと言えるでしょう。

楽天Edyのみ決済可能だと弱い:

とはいえ、下記引用部分のように、このサービスでは楽天Edy以外の電子マネー決済は出来ないため、普及自体は限られたものになると思います。

一方、EdyやSuica(スイカ)など非接触IC電子マネーの決済には、専用端末が使われてきた。もともと国内で販売されているAndroidスマートフォンは非接触IC(FeliCa/NFC)のリーダー/ライター機能を内蔵しているものが多い。楽天EdyとTFペイメントサービスが始めた新方式は、別途のカードリーダーを取り付ける必要がない点や、カードをタッチするだけで決済が完了する簡便さなどでメリットがあり、今後広まる可能性がある。

楽天Edyが旗振りをして、QUICPayやiDといった決済まで1つのスマホで出来るようになれば理想なんですけどね。

将来はスマホ1台ですべて決済可能に?

前述のように今回は楽天Edyのみの対応ですが、将来的には専用の決済端末などなくても、クレジットカードや電子マネーが全てスマホ 1台で決済できる時代になっていくと思います。

  • 現在:スマホ1台で楽天Edy決済が可能
  • 将来:スマホ1台でクレジットカード&電子マネー決済可能

さらなる進化に期待していきましょう!

追記:スマホ1台ですべて出来るように:

f:id:cardmics:20170525235036j:plain

追記です。

この後、スマホによるクレジットカード&電子マネー決済は劇的に進化をし、現在ではSuicaやnanaco、楽天Edyといった主要な電子マネー決済がスマホ1台あれば可能な時代になりました(下記サービスなど)。

いやはや、そう考えるとわずか数年での進歩って凄いですね。この先、3年後にはどこまで進化してしまうのか、もはや想像もつきません。

以上、おサイフケータイ対応のスマホが、楽天Edy用の決済端末として利用可能に!これで専門端末を購入しなくても気軽にEdy払いを導入可能です…というニュースでした。

参考リンク:

スマホ決済をこの機会にもっと知りたい…という方は下記記事を参考に。前述の楽天ペイ以外にも様々なスマホ決済が存在しますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP