クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

楽天カードが6年連続、顧客満足度調査でランキング1位に!有名クレジットカードブランド12個と比較された結果の順位です。

f:id:cardmics:20170622213614j:plain

楽天カードがなんと6年連続で、顧客満足度調査でランキング1位になったようです。楽天カードがニュースリリースにて発表しました。

楽天カード株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:穂坂 雅之、以下 「楽天カード」)は、12月11日にサービス産業生産性協議会(代表幹事:秋草 直之 富士通株式会社顧問)から発表された「2014年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」において、当社が発行する「楽天カード」が6年連続でクレジットカード業種顧客満足度の第1位になりましたので、お知らせいたします。

アンチ楽天な方々には信じられない結果かもしれませんが、少なくとも世間一般では楽天カードの人気が裏付けされた形になりますね。1位を1回取るだけでも大変なのに6年連続とは恐れ入る結果…。いかに楽天カードが多くの消費者から支持を受けているかがわかります。

…ということで、今年も疑い深い方々のために、楽天カードが1位を取った顧客満足度調査とはどういうものなのかを簡単にまとめておきたいと思います(去年書いた下記記事も参照)。

news.cardmics.com

顧客満足度調査の内容:

まずは楽天カードのニュースリリースから、今回の顧客満足度調査の情報を引用。サービス産業生産性協議会というところが行った満足度調査の結果になります。

「JCSI(日本版顧客満足度指数)」とは、サービス産業生産性協議会が、日本の様々な業界を横断的に比較・検討できる数値として2009年度より実用化された顧客満足度の構造を把握する指標です。本調査は、統計的な収集方法による年間総計12万人以上の利用者からの回答をもとに、日本の幅広い産業をカバーした日本最大級の顧客満足度調査です。

2014年度では、約30業種、約400企業を数値化対象企業として調査が行なわれました。お客様が感じる「満足」とは、感覚的・主観的なものであるため、顧客満足度の原因・結果を含む6つの項目(顧客期待・知覚品質・知覚価値・顧客満足度・推奨意向・ロイヤルティ)について調査が行なわれています。

このJCSI(日本版顧客満足度指数)は今年分を含めて過去、6回ほど実施されていますが楽天カードはその6回のうち全てで、顧客満足度1位を取ったことになります。これはもうたまたまとか、利用者が多いだけとか否定のしようがない1位だと私は思います。

今回比較対象になった12社のカード会社はこちら:

今回比較対象になった12社のクレジットカード会社は、下記の通り*1。今回書かせていただいいる「顧客満足度調査で6年連続1位」とは、この12のクレジットカードブランドの中においてランキング1位になった…ということです。

  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • イオンカード
  • ANAカード
  • OMCカード
  • JCBカード
  • JALカード
  • セゾンカード
  • DCカード
  • NICOSカード
  • VIEWカード
  • 三井住友VISAカード
  • 楽天カード

イオンカードやJALカードといった、消費者に人気のクレジットカードブランドを抑えているだけでなく、楽天カードがアメックスや三井住友VISAカードといったブランド力のあるカードをも凌駕しているのはさすがですね。

下記がそれぞれの項目における、楽天カードの順位です(こちらから引用)。知覚品質や近く価値、顧客満足度などで堂々の1位を獲得しているのがわかります(推奨意向やロイヤルティでも2位です)。

f:id:cardmics:20141211174231g:plain

クレジットカードは、「楽天カード」が調査開始以来6年連続で顧客満足度1位となりました。「楽天カード」は知覚価値でも6年連続1位となったほか、今年度は知覚品質でも1位となっています。顧客満足度2位の「JCB カード」は知覚品質、知覚価値でも2位、顧客期待と推奨意向で3位と、全体的に高い評価を受けています 

1部門だけでなく複数部門で1位になった結果が、この顧客満足度調査における総合ランキング1位という結果に繋がったのでしょう。

楽天カードに不満はあるものの:

f:id:cardmics:20170525225414j:plain

ここまで楽天カード万歳!みたいな文章を書いてみましたが、私自身、楽天カードを利用していることで不満に思う部分ももちろんあります。

広告メールが多いとか、ポイント倍増キャンペーンの仕様をすぐ変更したりとか、ある種、楽天らしいガツガツなクレジットカードな印象がある点は、少し改善願いたいですね(楽天カードが批判されている内容については下記記事を参照)。

…とはいえ、総合的に考えると年会費無料のクレジットカードの中では、この楽天カードは1歩も2歩も他のクレジットカードより秀でています。

これはポジショントークとかじゃなくて、友人や身内に対しても私は自信を持って楽天カードをお薦めしてます。そのくらい素晴らしい魅力や安定感のある、良いクレジットカードだと思いますよ。

楽天アンチが多いのも事実だけど:

まぁ前述のように、アンチ楽天な方々には評判が悪いこのクレジットカードですが、好き嫌い抜きで是非、楽天市場で買い物をする機会がある方は、冷静にそのサービス内容をチェックしてみてください。

ガソリン代や外食費の節約が出来るなど、楽天市場の中だけでなく、楽天市場の外でもお得なクレジットカードに仕上がっていることを、確認できるはずですよ。私も引き続き、楽天カードを利用していきたいと思います。

以上、楽天カードが6年連続、顧客満足度調査でランキング1位に!有名クレジットカードブランド12個と比較された結果の順位です…という国内ニュースでした。楽天カードに興味が出てきた方は、下記の参考リンク先記事などもチェックしてみてくださいね。

参考リンク:

楽天カードをこれから作成したい…という方にとって役立つ記事リストです。入会審査や入会ポイントの情報などを確認ください。

じっくりと今回の顧客満足度調査の結果を見てみたいという方向けのデータ一式です。調査をしたサービス産業生産性協議会の公式サイトも置いておきます。

*1:正確には12社ではなく、12のクレジットカードブランドですね。三菱UFJニコスなど、複数のクレジットカードブランドを保有している企業もありますし、JCBカードやアメリカン・エキスプレス・カードのように、国際ブランドとして発行会社よりも上の扱いをされるブランドも比較対象に含まれています。

PAGE TOP