クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ついに楽天カードが『日本で一番使われているクレジットカード』に!三菱UFJニコスや三井住友カード以上の取扱高を達成したようです。

f:id:cardmics:20170928131829j:plain

近年、急激に取扱高を伸ばしていた楽天カードが、三菱UFJニコスや三井住友カードを超えて、ついに『日本で一番支払いに使われているクレジットカード』になったようです。

日本経済新聞が報じました(引用はこちら)。

クレジットカード業界の勢力図が変わりつつある。楽天グループのカード会社、楽天カードの2017年4~9月期の取扱高は約3兆円に達し、三菱UFJニコスなど銀行系を抜き、自社発行ベースで初めて首位に立ったもようだ。

6ヶ月間で約3兆円の取扱高を達成:

記事によると、楽天カードは2017年4月9月期の取扱高が約3兆円にも到達したとのこと。

これだけでも充分に凄いことなんですが、楽天カードがさらに凄いのは前年同期比で21%も取扱高をアップさせているという点。

同社が発行するカードがどれくらい使われたかを示す取扱高は前年同期比21%増の2兆9968億円。

普通なら取扱高がここまで膨らんだら、ちょっとくらいは成長速度が鈍くなるものなんですけど、未だに青天井だと言わんばかりに取扱高を伸ばしている状況は凄いの一言ですね。そりゃ業界1位にもなるはずです。

楽天市場以外での利用が8割:

こう書くと『いやいや、あれだけ楽天市場で楽天ポイントをばら撒いていたら、そりゃ楽天カードの取扱高も伸びるでしょ』と思われる方も多いかもですが、楽天カード全体の取扱高における楽天市場内での決済比率は20%もないとのこと。

逆に言えば80%以上の利用が楽天市場以外での支払いに使われているということでもあるので、これらを考えると楽天カードはもはや楽天市場のためのクレジットカードではなくなっているのかもしれませんね。

  • 楽天市場での利用:楽天カード取扱高の20%弱
  • 楽天市場外での利用:楽天カード取扱高の80%強

実際、スーパーマーケットや百貨店での支払いに楽天カードが使われているのはよく目撃しますし、私の友人もほとんどが楽天カード保有者です。

この状況を予測していたクレディセゾン:

そういえば2013年頃に参加したクレディセゾンの株主総会で、林野社長が『うちのライバル企業は楽天カードだ』と、まだ取扱高が業界10番手にも入っていなかった楽天カードを名指ししていたことを思い出します。

その予測通り、楽天カードはクレディセゾンやそのグループカード会社をも飲み込むほどのカード会社に成長。経営者としての「先を見る目」は間違っていなかったことがわかります。

グループで考えるとまだ2番手、3番手か?

ちなみに。

クレジットカード発行会社単体で考えると楽天カードは単独1位になった可能性が高いですが、クレジットカードを発行している企業グループで考えるとまだまだ2番手、3番手程度(下記は2016年度における取扱高、クレディセゾンの決算資料より転載)。

f:id:cardmics:20180110171128g:plain

三菱UFJフィナンシャルグループ全体や、三井住友フィナンシャルグループ全体におけるクレジットカード取扱高にはもう1歩、敵わない状態であると言えます。

  • クレジットカード会社ごとの取扱高:楽天カードが1位に
  • グループ企業全体での取扱高:楽天カードはまだまだ2位、3位

メガバンク以上の取扱高になるのももうすぐ:

それでもまぁ、グループ全体での取扱高すらもサクッと超えていってしまう可能性は高いので、メガバンク系のクレジットカード会社がグループ全体でうちが業界1位だと主張できるのもあとわずか。

今後は逆に大手と呼ばれるクレジットカード会社が、楽天カードの背中を追いかける展開になっていきそうな感じです。

以上、ついに楽天カードが『日本で一番使われているクレジットカード』に!三菱UFJニコスや三井住友カード以上の取扱高を達成したようです…という話題でした。

参考リンク:

楽天カードなんてダサいカード、誰も使っていないだろ…と思っている方は、下記記事も参考に。楽天カードが批判されている理由と、現実、どのくらいの人気があるクレジットカードなのかについてまとめています。

news.cardmics.com

PAGE TOP