クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

これじゃ楽天嫌いを増やすだけ!楽天カードの1,000万ポイント山分けキャンペーンは、最大10ポイントしか貰えない駄目キャンペーンです。

f:id:cardmics:20171119234709j:plain

先ほどFacebookを見ていたら『楽天カード利用で1,000万ポイントを山分け!』という広告が表示されたので、思わずクリックしてみた私。

期間中にエントリーいただき、楽天カードを合計5,000円以上ご利用いただくと、達成者全員で1,000万ポイントを山分けし、もれなくポイントを進呈いたします。

キャンペーンの中身としては楽天カードで5,000円以上の買い物をすれば、その対象者全員で1,000万円分の楽天ポイントを山分けしよう…というもののようなんですが、詳細を確認したら見事な「落とし穴」が用意されていたので、今回はその点に対する苦言を記事にしてみたいと思います。

山分けキャンペーンの落とし穴:

最大10ポイントしか貰えないキャンペーン:

1,000万ポイント山分けキャンペーンの落とし穴、それはどんなにキャンペーン参加者が少なかったとしても獲得可能なポイントには10ポイントの上限が設けられている点です。

要するにこのキャンペーン参加者が仮に1人しかいなかったとしても、1,000万ポイントをまるまる貰うことは出来ないということ。

それどころか貰えるのは前述のように、わずか10ポイントのみです(キャンペーン参加人数ごとの貰えるポイント数は下記の通り)*1

  • 1人のみの参加だった場合:上限付与数10ポイント
  • 100人のみ参加した場合:上限付与数10ポイント
  • 1,000人のみ参加した場合:上限付与数10ポイント
  • 1万人が参加した場合:上限付与数10ポイント
  • 10万人が参加した場合:上限付与数10ポイント
  • 100万人が参加した場合:上限付与数10ポイント
  • 100万人以上が参加した場合:1,000万ポイントを山分け

嘘だと思う方は、キャンペーン詳細部分に下記の記述があるので確認ください(赤字は当サイトによる装飾)。

■ポイント進呈におけるご注意事項

  • 本カード会員様、家族カード会員様がそれぞれエントリーした場合(家族カード会員様が複数エントリーした場合を含む)でも、本カード会員様の楽天ユーザIDを1名として進呈いたします。(中略)
  • 特典の楽天スーパーポイントの上限は、楽天ユーザIDごとに10ポイントとさせていただきます。

さすがに煽りすぎなキャンペーン名だと思う:

このように今回のこのキャンペーンは、さすがにちょっと煽りすぎ。

なにせ「1,000万ポイント山分けキャンペーン」というよりかは、どちらかというと「最大10ポイントプレゼントキャンペーン」というほうが正しいですからね。

  • 間違い:1,000万ポイント山分けキャンペーン
  • 正解:最大10ポイントプレゼントキャンペーン

それを知らず、『もしかしたら1,000ポイントくらい貰えるかも?』と期待をもってキャンペーン登録をした方が不憫でなりません(1,000万の山分けポイントを貰おうと、無理やり5,000円の買い物で楽天カードを使うとしたら更に不憫…)。

これじゃ楽天嫌いを増やすだけ:

f:id:cardmics:20171214163745g:plain

こんな解説を読んだら、1,000万ポイントが山分けされると思うのが普通です。

ちなみに。

こういった○○ポイント山分けキャンペーンは、実はもう3年くらい前から実施されている楽天お得意のキャンペーン。決して今にはじまったことではありません(詳細は下記記事にて)。

それでも当時は50万ポイント山分けとか、最大50ポイント付与とか、今回のキャンペーンと比べるとまだ可愛いものがあったんですが、それが1,000万ポイント付与&最大10ポイントのみでは擁護の仕様もなし。

さすがにこういう煽るだけ煽って大したことがないキャンペーンを繰り返すと無駄に楽天嫌いを増やしてしまうだけと思うので、早めにこういったキャンペーンの実施はやめてほしいですね。このままだと楽天カードのイメージを悪化させるだけですよ。

以上、これじゃ楽天嫌いを増やすだけ!楽天カードの1,000万ポイント山分けキャンペーンは、最大10ポイントしか貰えない駄目キャンペーンです…という話題でした。引き続き当サイト『クレジットカードの読みもの』では、ダメだと思うものにはダメと言うスタンスで記事を書いていきたいと思います。

参考リンク:

楽天カードが批判されている内容をまとめた記事もあわせてどうぞ。楽天カードがなぜ批判されているのかがわかるようになります。

news.cardmics.com

*1:しかもキャンペーンにエントリーする人数が100万人未満の場合には、楽天側は1,000ポイントを山分けしないことにもなります(上限ポイント数である10ポイント×エントリー人数分だけの付与になるため)。

PAGE TOP