クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

楽天市場でよく開催されている、50万ポイント山分けキャンペーンは、まったく山分けされないキャンペーンだった…という話。

http://www.flickr.com/photos/93252788@N00/1123973353

photo by bernat...

楽天市場で頻繁に開催されている、『50万ポイント山分けキャンペーン』。

まぁポイント数は50万だったり、100万だったりするんですけれども、このキャンペーンって実は、まったく山分けされないキャンペーンだって知っていましたか?

山分けキャンペーンにはポイント付与の上限アリ:

例えば今現在開催されている、Rポイントカードご利用で50万ポイント山分けキャンペーンの詳細を見てみます。

キャンペーン期間中に当キャンペーンのページよりキャンペーンエントリーいただき、Rポイントカードを利用した方に期間限定の楽天スーパーポイント50万ポイントを「山分け」にてプレゼント

これ、普通に考えればこのキャンペーンにエントリーする人間が100人だった場合、50万ポイント÷100人=1人あたり5000ポイント獲得…となりますよね。しかし、実際にはこの山分けキャンペーンには『1人あたりの付与上限200ポイント』が設定されているため、そうはなりません

  • 間違い:50万ポイント÷100人=1人あたり5000ポイント獲得
  • 正解:1人あたりのポイント付与上限は200ポイント

つまり仮に100人しかキャンペーン応募がなかった場合には、楽天市場は50万ポイントを山分けするどころか、2万ポイントしか付与しないことになります(山分けではないですよね、これ)*1

他にも山分けになっていないキャンペーン:

他にも山分けになっていない、現在実施中の山分けキャンペーン例をあげておきます。どちらも100ポイントがポイント付与の上限となっているので、エントリー数が少なければ楽天市場は山分けしないことになりますね。

1人あたりの上限100ポイント:
1人あたりの上限100ポイント:

尚、山分けされるポイントが10万以下の場合には、きちんと山分けされることが多い模様…。原則として10万を超えるポイント付与のケースには、上限ポイントが設けられているケースが多いみたいです(エントリー数が少ない場合の、逃げ道を作っているということ)。

山分けされても2~3ポイント:

http://www.flickr.com/photos/78525312@N04/8071495186

photo by FateDenied

最後に…ですが、山分けキャンペーンって私も過去に何度かエントリーしたことがあるんですが、貰えるポイントはだいたい1~3ポイント程度。

『もしかしてエントリー数が少なくて、1000ポイントくらいもらえちゃうかも…』と淡い期待を抱きたくなるものですが、やはり楽天市場という巨大マーケットでは応募する人の数が多いようなので、このくらいの分配ポイントになってしまうのですね。

以上、楽天市場でよく開催されている、50万ポイント山分けキャンペーンが、まったく山分けされない件について…という話題でした。

メルマガ購読が必須な山分けキャンペーンの場合にはエントリーするだけ勿体無いこともあるので、このあたりのポイント付与上限や分配ポイントを考慮した上での応募がお薦めですよ。

関連記事リスト:

*1:計算上は2500人以上の応募があって、はじめて50万ポイントが山分けされることになります。

PAGE TOP