クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

楽天カード払いをしただけで、楽天市場で年間2万3,563ポイントを獲得できた話。SPUのポイント最高倍率7%はやはり魅力的です。

f:id:cardmics:20170619114043g:plain

楽天市場から先日、「cardmics様が1年間で獲得したポイント数は?お得な使い道も」というメールが届いたんですが、その中で私が過去1年間に獲得した楽天ポイント数が表示されていました(上記画像)。

  • 私が1年間で獲得したポイント数:2万3,563ポイント

これは楽天カード保有者であれば誰でも利用することができる、スーパーポイントアッププログラム(略称:SPU)経由によるポイント獲得数なので、逆にいえば楽天カードを持っていなかったら貰えなかったポイントである…ということも出来そうな感じ。

まぁ実際には楽天スーパーポイントアッププログラムは楽天市場&楽天カードの基本ポイントである2%分を含んでいるので、楽天カードを持ったことによるメリットは正味1万5,000円分くらい。

それでも家計の節約に与える影響は十分に大きいと思うので、楽天カードを持つ重要性を再認識させていただきました(まだ持っていない方はこちらから)。

SPUの破壊力はすごい:

こんな感じで普段から楽天市場を利用している…という方なら、楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)を利用しない手はない感じ。

下記のように楽天市場で楽天カード払いをするだけで獲得ポイントが最大7倍になるわけですから、楽天カードを持たずに楽天市場を利用するのはかなり損だと言えます。

  • 楽天カードあり:最大ポイント7倍
  • 楽天カードなし:楽天市場の基本ポイント1%と支払いに使ったクレジットカードで得られるポイントのみ

f:id:cardmics:20170619115303g:plain

また、楽天カード保有者はSPU以外にポンカンキャンペーン等も利用することが出来るので、合計すればポイント倍率を10%以上にすることも可能。

こちらを考慮すると私は昨年度、楽天市場で4万ポイント以上のポイントを獲得出来たことになります。ここまでくるとお小遣いレベルではなく、ちょっとした臨時収入レベルですよね(苦笑)。

楽天市場での楽天カード利用率は?

ちなみに。

楽天市場ではどのくらいの比率で楽天カードが使われているのか、そんなデータが月間消費者信用2016年7月号に掲載されていたので紹介させていただきます(楽天カード社長のインタビュー記事より)。

楽天市場における楽天カードの決済比率は、16年3月時点で46.4%とまだ半分に満たない。15年3月は41.3%だったから、1年間で約5%ポイントも上がったのは、前述のSPUの成果だが、楽天市場におけるシェアはまだまだ引き上げる余地が残っている。

残念ながらここでいう「決済比率」は、クレジットカード決済の中における楽天カードの決済比率なのか、それとも代引きや銀行振込、コンビニ払いなどを含めた上での比率なのかはわかりません。

しかし、少なくとも楽天市場でクレジットカード払いをしている人のうち、半分近くが楽天カード払いを使っている…というのは、個人的には凄いことだなーと。

そして今後もSPUの知名度があがればあがるほど、楽天カードの魅力はもっと広まっていくとも思うので、引き続き楽天市場が伸び続ける限り、楽天カードの発行枚数も伸びていきそうな気がします(楽天カードについて詳しくは下記公式サイトにて)。

私も2017年はもっと楽天ポイントを稼げるよう、楽天ゴールドカードへの切り替えだけでなく、楽天モバイルの契約をも視野にいれる予定です。冒頭画像のように楽天カード保有にはそれだけのメリットがありますよ(去年は買い物をする機会が多かったとはいえ、年間2万5,000ポイントも貰えるカードなんてそうはありません)。

以上、楽天カード払いをしただけで、楽天市場で年間2万3,563ポイントを獲得できた話。SPUのポイント最高倍率7%はやはり魅力的です…という話題でした。

参考リンク:

楽天カードがお得なのはわかったけれども、インターネット上には楽天カードの悪い口コミなども目立つため、ほんとうに作って大丈夫かな…と心配になる方も多いのではないでしょうか?

そんな方は、楽天カードのデメリット等についてまとめた下記記事をどうぞ。これを読めば楽天カード作成に対する不安も解消されるはずです。

news.cardmics.com

PAGE TOP