クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

モバイル決済の楽天スマートペイが、ICカード決済に対応!これでサインだけでなく、暗証番号による決済が可能になります。

f:id:cardmics:20150112111631j:plain

モバイル決済大手の楽天スマートペイでは、ICカード決済に対応する機器を2014年12月15日付けで販売開始。これにより4桁の暗証番号入力によるクレジットカード決済が可能になります。

楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、楽天が運営するスマホ決済サービス「楽天スマートペイ注1」において、「楽天スマートペイIC・磁気対応カードリーダー(以下、 IC・磁気対応カードリーダー)」を12月15日(月)より申込・販売することになりましたのでお知らせいたします。

これは楽天とビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:岡本 和彦、以下 「Visa」)が、スマートフォンをカード決済端末として活用するソリューション、スマホ決済サービスの分野において、セキュリティを向上しより安心・安全なカード決済の普及を目指すために連携してきた成果です。

サインのみの決済は時代遅れ:

従来、楽天スマートペイでは磁気ストライプを読み取ることで行われる、サイン決済のみにしか対応していませんでした。

これがこの楽天スマートペイIC・磁気対応カードリーダーを利用すれば、今後は暗証番号入力によるICカード決済が可能に*1。iPhoneやiPadを利用したモバイル決済であっても、よりセキュリティ対策の高い決済が実現されたことになります。

  • 従来:サインのみの決済方法
  • 今後:サインに加え、暗証番号入力でも決済可能に

キャンペーンも実施中:

楽天スマートペイではICカードリーダーの導入を記念して、購入代金がそのままキャッシュバックされるキャンペーンを開始。

残念ながらすでに楽天スマートペイを利用している方は対象にならないようですが、これから導入しようと考えている方にとってはかなりお得なキャンペーンになっているので、是非、モバイル決済の導入を検討してみてくださいね。

以上、モバイル決済の楽天スマートペイが、ICカード決済に対応…という国内ニュースでした。

*1:ICチップ付きのクレジットカードが利用された場合のみ、ICカード決済可能。ICチップが付いていないクレジットカードの場合には、従来の署名サインによる決済手続きとなります。

PAGE TOP