クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

楽天市場のIDで簡単にふるさと納税ができる、「楽天ふるさと納税」が開始!もちろん納税金額に応じて楽天ポイント獲得も可能です。

f:id:cardmics:20170819200540j:plain

今までにも様々なサービスや比較機能を持ったふるさと納税サイトがありましたが、これがもう決定版という形になるのではないでしょうか?

楽天株式会社が楽天IDを使って簡単にふるさと納税が出来る、「楽天市場でふるさと納税」というサービスを開始したと発表しました。楽天の公式リリースより引用させてもらいます。

楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)は、ふるさと納税を通じて地域の活性化を目指すべく全国各地の自治体と寄附者をつなぐふるさと納税専用サイト「楽天ふるさと納税」を開設しましたのでお知らせいたします。(中略)

楽天ではこのような背景を受けこのたび、寄附者と自治体をつなぐことを目的に「楽天ふるさと納税」を開設しました。9,977万人の楽天会員は、「楽天市場」でのお買い物と同じく簡便にふるさと納税の手続きが可能となり、寄附の金額に応じて楽天スーパーポイントも付与されます。

楽天市場で買い物をする感覚で納税できる:

楽天ふるさと納税の最大の魅力はやはり、まるで楽天市場で買い物をするかのように納税が出来るという点です。

ふるさと納税に必要な住所や電話番号といった入力も楽天IDを持っている方であれば不要ですし、銀行振込で地方自治体の指定口座にお金を振り込む必要性もなし…ともはや至れり尽くせり(カード払いで納税可能)。

比較するとこんな感じ。ここまで楽ちんだと、楽天ふるさと納税をつかわない理由がない感じです。

比較項目 通常のふるさと納税 楽天ふるさと納税
手続きする場所 各地方自治体のサイトで手続き。 楽天ふるさと納税のサイト内で手続き。
申請の手間 自分の氏名、住所、電話番号などを入力する必要性あり。 楽天ID所有者であれば入力不要。
支払い 基本は銀行振込。カード払いOKな自治体もあるが、カード番号の入力は必要。 楽天市場で普段使うクレジットカードで支払いOK。カード番号の入力も不要。。
履歴の管理 個別に自分で管理する必要性アリ。 楽天ふるさと納税のサイト内で確認可能。
ポイント獲得 特になし 納税金額に応じて楽天ポイントが貯まる

さとふるなどのサイトはピンチ:

個人的には去年まで、さとふるふるなびといったクレジットカード払いOKなサイトを使ってふるさと納税をすることが多かったのですが、それらのサイトの問題点は納税可能な地方自治体数が圧倒的に少ないというものがありました(さとふるなどは当初、5箇所だけでしたね…)。

これが楽天ふるさと納税であれば納税可能な地方自治体は全部で50箇所以上。更に楽天ポイントの獲得まで出来るというメリットがあることを考えると、多くのふるさと納税サイトは楽天ふるさと納税によって潰されてしまうんじゃないかな?とも思います(詳細は下記公式ページにて)。

www.cardmics.com

楽天ポイントアッププログラムも対象:

楽天ふるさと納税を通して納税をした場合でも、ポンカンキャンペーンや楽天ポイントアッププログラムの対象になるのかどうか…ですが、これはもちろん問題なく対象になるようです。

うまく楽天カード&楽天アプリなどを利用すれば、納税額の5%以上のポイント獲得も可能なので、是非、上手に活用してみてください(楽天カードを持っていない方はこの機会に作成を)。楽天スーパーセールや楽天お買い物マラソン実施時には、最大20%以上のポイント獲得も夢ではありません*1

ふるさと納税の還元率も実質アップ:

また、ふるさと納税は通常、寄付金額に対して50%分のお礼を貰えることが多い仕組みなんですが、楽天ふるさと納税を利用すればこれに加えてクレジットカードポイントと楽天ポイントを貰うことが出来ます。

  1. 納税金額に対して50%分のお礼
  2. 納税金額1%分の楽天ポイント
  3. 納税金額1%分程度のクレジットカードポイント

合計にしてだいたい52~53%の獲得。わずか2~3%の差ですが納税金額が多いという方は数千円から数万円程度の差になることを考えると、馬鹿にできない節約になりますよね。結果、私は今年から楽天ふるさと納税一択となりそうです。

以上、楽天市場のIDで簡単にふるさと納税ができる、「楽天ふるさと納税」が開始!もちろん納税金額に応じて楽天ポイント獲得も可能です…という話題でした。

参考リンク:

ふるさと納税をするのであれば、下記記事で紹介しているポイントが貯まりやすいクレジットカードを利用して、効率よくポイント獲得も目指してみてくださいね(楽天ふるさと納税では楽天カードが一番お得)。

news.cardmics.com

*1:ふるさと納税の自己負担金額である2,000円なんて、楽天ふるさと納税経由で納税をすればカンタンに回収できてしまいます。そういった意味でも、楽天のふるさと納税サイトは納税者の味方になりそうです。

PAGE TOP