クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

お賽銭もEdyで支払える時代。東京都港区にある愛宕神社に、楽天Edy払いが出来るお賽銭箱が設置されているという話について。

f:id:cardmics:20170705172023j:plain

2013年の年末からしばらく、カードや電子マネー系のニュースをチェックしていなかったのですが、2014年のお正月にはこんなニュースがあったんですね。

いやはや、ついにお賽銭まで電子マネー払いですか、そうですか。

まぁ時代を先取りしすぎてしまった感もありますが、こういう『パフォーマンス』を行えばそれだけ電子マネーの知名度もあがるので、楽天側も設置効果あり!といったところなのでしょう。うまくやりましたね。

御利益は期待できるのだろうか?

これ、気になるのは「電子マネーでお賽銭をいれても御利益はちゃんと期待できるのか?」という点ですが、そもそも紙のお札をお賽銭として投げる行為だって、神様からしてみれば変な話

所詮はお金なんて人間の世界においてしか価値がないもの&日本銀行が価値を保証しているだけの日銀券ですからね。それなら電子マネーでお賽銭を投げたって、なんら違和感がないのかもしれません。

  • 間違い:賽銭箱にいれるのが現金で、電子マネーは好ましくない
  • 正解:賽銭箱に現金をいれること自体も好ましくない?

本来の趣旨から言えば、お酒やお米などの物納か、お賽銭は金(ゴールド)などの価値があるものを投げるべきなのでしょう。

なにはともあれ試みは面白い:

なにはともあれ、楽天Edyで賽銭を投げられるようにする試みは非常に面白かったです。楽天側の提案に賛同してくれた、愛宕神社にも驚かされるばかり。非常に柔軟な考えを持っているなぁと思います。

以上、お賽銭もEdyで支払える時代。東京都港区にある愛宕神社に、楽天Edy払いが出来るお賽銭箱が設置されているという話について…という話題でした。今後もこういった変化球は大歓迎なので、ぜひともまた面白い企画を行って欲しいなと思います。

参考リンク:

楽天Edyをもっと活用したいなら、自宅で楽天Edyチャージが出来る楽天EdyリーダーUSB型を持つのはひとつの手。クレジットカードでチャージすることでポイント獲得も可能ですよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP