クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

楽天カードの会員数が公式発表され、1,200万人だということが判明!更に月間の楽天カード利用額は4,000億円を突破したようです。

f:id:cardmics:20180408181007j:plain

今、インターネット上で大人気の楽天カード。

この楽天カードの会員数については従来、非公表…という形が取られてきたわけですが、2016年1月12日付けで楽天カード株式会社がその方針を変更し、公式にその会員数を発表したようです(リリースはこちら)。

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)と楽天カード株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:穂坂 雅之、以下 「楽天カード」)は、楽天カード会員数が1,200万人(2015年11月時点)を突破しましたので、お知らせいたします。

楽天カードは、2005年7月からクレジットカードの発行を開始しました。「年会費無料」「ポイント高還元率」「貯まったポイントが楽天グループのあらゆるサービスと交換できる」という点がお客様に支持され(注1)、加速度的に会員数を伸ばしています。その結果、楽天カードは2015年12月度(単月)のカードショッピング取扱高において、サービス開始以来、初めて4,000億円を達成しました。

楽天カードの発行枚数について:

発行枚数は1,200万人:

引用部分にあるように、楽天カードの発行枚数はどうやら1,200万人にもなるとのこと。

これは新興のクレジットカード会社として異常な数字。

社歴としてもう50年以上もあるマルイのクレジットカードや、かの大企業であるトヨタ自動車のクレジットカードよりも発行枚数が多く、それでいてジャックスやオリコといった大手クレジットカード会社に追いつきそうな枚数となっています。

月間利用額も多い楽天カード:

また、楽天カードは月間利用金額についても1人あたり3万円以上と、他のクレジットカードと比較するとかなり高め。みなさんせっせと楽天カードを使っていることが見て取れます。

これに加え、一般的なクレジットカード会社では50%前後になることも多い休眠率(クレジットカードを保有してるのに使ってない人の比率のこと)も、楽天カードではせいぜい数十パーセント程度で落ち着いてそうな感じ。

この辺のデータから見ても、楽天カードがいかに顧客満足度の高いクレジットカードであるかということがわかりますね。一言で言うなら『愛用されている』ということです。

楽天カードマンの数字は正しかった:

ちなみに。

楽天カードのテレビCMで楽天カードマンが言っている、「8秒に1枚申込」というもどうやら正しかった模様。

今まで公式に楽天カードはカード発行枚数を公表してこなかったので、「実はちょっと盛ってるんじゃないか?」なんて業界関係者もいましたが、この会員数を見る限りでは間違いなかったようです。

そしてその勢いは現在でも衰えることを知らない感じなので、今後もきっと、発行枚数を伸ばしていく可能性大。

将来的には三井住友カードや三菱UFJニコスと並ぶ、3,000万人の会員を抱えるカードになると私は思ってますよ。

以上、楽天カードの会員数が公式発表され、1,200万人だということが判明!更に月間の楽天カード利用額は4,000億円を突破したようです…という話題でした。まだ楽天カードを持っていないという方は是非、この機会に作成を検討してみてくださいね。

参考リンク:

いやいや、楽天カードはインターネット上での評判が悪いから、こんなにも会員数がいるはずがない。どこか数字のトリックが隠されているんじゃないか?と疑う方は下記記事も参考に。

みなさんが思ってるほど評判が悪いわけでも、デメリットばかりのクレジットカードでもありませんよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP