クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

楽天カードの利用限度額はいくらまであがる?限度額が100万円以上になるのかなど、楽天カードのショッピング枠に関する疑問を解決。

f:id:cardmics:20170622214225j:plain

今回は人気の年会費無料クレジットカードである、楽天カードの利用限度額について記事を書いてみたいと思います。

楽天カードをこれから作りたいけれども限度額はどのくらい貰えるの?といった作る前の疑問解決はもちろん、いったいどこまで利用限度額を増やすことが可能なのかといった疑問までを網羅していくので、楽天カードの限度額に興味がある方は是非、じっくりと読んでみてください。

やり方次第では年会費無料カードだからとバカには出来ないくらい、高い限度額にすることも可能ですよ。

利用限度額って何?…という方は、下記記事から先に読んでもらえればなと思います。

news.cardmics.com

楽天カードの初期与信は?

まず、楽天カードを作った時に貰うことが出来る利用限度額はどのくらいなのかというと、これは5万円~100万円とまさにバラバラ。一般的に信用力が低い専業主婦やフリーターの方の場合には5~10万円程度のショッピング枠になってしまうことも少なくないようです。

反面、すでに高い信用力を持っている方の場合には、最初からポンッと100万円の利用限度額をくれることも多い様子。実は私の楽天カードの利用限度額も最初から100万円だったので、ごくごく平均的な信用力を持つ方には多めの限度額を付与してくれる傾向にあるのかもしれません。

  • 信用力が低い方:与信枠5~10万円になることも
  • 信用力が普通以上の方:いきなり50万円以上の枠が貰える

そのため、クレジットカードや消費者金融の利用歴に問題がなく、クレジットカードの保有枚数も少ない正社員や会社経営者の方なら50万円以上の限度額確保は十分に可能。つまり限度枠目当てで楽天カードを作るのは、ひとつアリな選択肢だということです。

利用限度額はどこまで増やせる?

次に気になる楽天カードの利用限度額は、保有後、どこまで増やしていくことが出来るのか?という点についてですが、これは結論から先に言ってしまうと300万円までです。

『えっ?楽天カードって100万円までじゃないの?』と思われる方、それも実は正解。なぜなら楽天カードのe-NAVI(イーナビ)を利用して増枠できる限度額は、100万円で設定されているためです。

つまりインターネットから増枠を申請しようにも100万円以上にすることは出来ないのですね(下記の画像参照。e-NAVIの画面からは利用可能枠の増枠申込が出来なくなっています)。

f:id:cardmics:20160331125437g:plain

電話でなら増枠可能:

ではどうすれば楽天カードの利用限度額を100万円以上にすることが出来るのかというと、これは単純に電話で交渉すればOK。

あなたの楽天カードの利用歴がよく、それでいてCICやJICCなどの個人信用情報機関に登録されている個人信用情報が良好な方であれば、楽天カード側も更なる増枠に応じてくれることでしょう。

  • 信用力が著しく高い方:100万円以上の枠確保も可能
  • 信用力が普通な方:電話をしても100万円までしか増枠できない

この増枠の限界が300万円である…というのが現状のようです*1

300万円以上の限度額にするには?

f:id:cardmics:20170509092210j:plain

最後に、300万円以上の利用限度額を楽天カードで確保するにはどうしたらいいのでしょうか?これは楽天カード側に相談をして楽天ブラックカードへの切り替えを検討するしかないと思われます。

楽天ブラックカードとはご存知の通り、楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードの中でも最高峰にあたるカード。

楽天ブラックカードであれば利用限度額をたぶんですが1,000万円以上にすることも可能なはずなので、とにかく高い利用限度額が欲しい…という方はこちらを狙ってみてください(まぁ…そこまでの限度額が必要な方は、ごくごく少数でしょうけれどもね)。

以上、楽天カードの利用限度額はいくらまであがる?限度額が100万円以上になるのかなど、楽天カードのショッピング枠に関する疑問を解決…という話題でした。

参考リンク:

楽天カードをこれから作る予定だ…という方は、下記の楽天カード審査についてまとめた記事もあわせてどうぞ。入会審査の難易度や入会条件などがわかりますよ。

news.cardmics.com

*1:私が楽天カード社内の方から聞いた話や、限度額300万円の楽天カード保有者から聞いた話によると、この300万円という数字がいまのところ実現可能な限界限度額のようです。それ以上もやって出来ないことはないと思いますが、その労力をかけるくらいなら、他のクレジットカードを作ったほうが楽ちんですよ。

PAGE TOP