クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

楽天ANAマイレージクラブカードの保有メリットまとめ!ANAマイルが貯まる楽天カードを使うメリットにはどのようなものがあるか解説。

f:id:cardmics:20160405194854g:plain

2016年3月より新規発行がはじまった、楽天カードとANA(全日空)提携の『楽天ANAマイレージクラブカード』。

このクレジットカードを保有するメリットにはどのようなものがあるのか、今回はその点に焦点を当てた記事を書いてみたいと思います。楽天カードと楽天ANAマイレージクラブカードのどちらを作るべきかで迷っている…という方は是非、参考にしてみてくださいね。

楽天ANAマイレージクラブカードの保有メリット:

早速、クレジットカードの専門家である私が思う、楽天ANAマイレージクラブカード保有のメリットについてまとめていきます。

年会費が実質無料:

楽天ANAマイレージクラブカード最大の保有メリットとしては、実質年会費無料で持つことが出来るANAマイル用のクレジットカードであるということ。

一般的にANAカードはANA VISA SuicaカードにしろANA JCBカードにしろ、年会費がかかるクレジットカードになってしまうのですが、この楽天ANAマイレージクラブカードであれば実質年会費無料で持つことが出来るため、『とにかくクレジットカードに年会費を払いたくない!』という方に向いているカードといえると思います。

  • ANAカード:年会費がかかる
  • 楽天ANAマイレージクラブカード:年会費が実質無料
「実質」年会費無料の理由:

ちなみに、なぜ「実質」年会費無料なのかというと、楽天ANAマイレージクラブカードの年会費では1年に1度でも利用すれば翌年の年会費が無料になる…という仕組みが採用されているため。

要するに1年間を通して1度も支払いに使わないと翌年から年会費がかかってしまうものの、年に1度でも支払いに使えば年会費をいつまでも無料にし続けることができるので、「実質」年会費無料という表現を使わせてもらっています。

  • 1年に1度でも支払いに利用:翌年の年会費無料
  • 1年に1度も使わなかった:翌年の年会費は有料

つまり楽天ANAマイレージクラブカードを使うなら、最低でも年に1度の利用が必須…ということですね。所有を検討しているならくれぐれもこの点にはご注意ください。

年会費は実質無料なものの:

そんな実質年会費無料で持つことができる楽天ANAマイレージクラブカードですが、ANA VISA SuicaカードやANA JCBカードよりも優れたクレジットカードなのかというと、これはケースバイケースです。

というのも楽天ANAマイレージクラブの場合、支払いで利用した時に貯められるマイル数がANAカードと比べて見劣りがしてしまうため(10マイルコース選択時の比較)。

ざっくり、ANAカードと比べると半分程度のマイル獲得しか出来ないので、本気でANAマイルを貯めていくのであれば年会費を払ってでもANAカードを作成したほうがお得なのですね。

反面、ANAマイルをそれほど真剣に貯める予定はない、もしくは2年以上かけてANAマイルを貯めていくつもりだ…という方は、楽天ANAマイレージクラブカードにもメリットあり。

  • 年会費を払ってでも本気でマイルを貯めたい:ANAカード
  • ANAマイルはぼちぼち貯めていければOK:楽天ANAマイレージクラブカード

こんな風にどれだけ真剣にANAマイルを貯めるつもりかどうかで、ANAカードを選ぶか楽天ANAマイレージクラブカードを選ぶかを考えてもらえればと思います。

AMCカードと楽天カードと一体化できる:

次に楽天カードと楽天ANAマイレージクラブカードの違いですが、これは実はほとんどなにもありません。

唯一違うのは楽天カードにはAMC(ANAマイレージクラブ)カード機能を内蔵できないのですが、楽天ANAマイレージクラブカードにはすでにAMCカード機能が内蔵されているので、2枚のカードを1枚にまとめられるというメリットがある程度です。

  • 楽天カード保有者は別途、AMCカードを持ち歩く必要性
  • 楽天ANAマイレージクラブカード保有者はAMCカード不要
楽天ポイントは元よりANAマイルに交換可能:

加えて言うなら、わざわざ楽天ANAマイレージクラブカードを作成しなくても、楽天カードでもANAマイルが獲得可能なんですよね。

事実、ANAマイルの獲得方法はカンタン。

交換する手間は必要になりますが、下記のように楽天スーパーポイントはいつでもANAマイルに交換できるので、普段は楽天ポイントを貯め、必要な時にはポイントをANAマイルに交換すればOKです。

f:id:cardmics:20160405193614g:plain

そのため、楽天ANAマイレージクラブカードのメリットは、ANAマイルが自動的に貯まる…という点くらいかもしません*1

  • 楽天カード:ポイントをANAマイルに交換する手間がある
  • 楽天ANAマイレージクラブカード:自動的にANAマイルが貯まる

個人的には楽天カードをおすすめ:

http://www.flickr.com/photos/47789610@N04/5234136815

photo by Christian Junker | Photography

ここまで2つほど、楽天ANAマイレージクラブカードの保有メリットを紹介させていただきましたが、正直、どちらもメリットらしいメリットではありません。むしろノーマルな楽天カード保有のほうがなにかと便利なことも多いため、個人的には楽天カード作成のほうをおすすめしたいですね。

まとめると、

  1. AMCカードと楽天カードの2枚を持ち歩くのが嫌な方
  2. とりあえず新しいクレジットカードを使いたい方

以外は、楽天カード作成でOKかもしれません。更に楽天カードなら年会費も条件付きではなく、永年無料で使い続けることができるのでそういった意味でもおすすめですよ(楽天カード公式サイトはこちら)。

以上、楽天ANAマイレージクラブカードの保有メリットまとめ!ANAマイルが貯まる楽天カードを使うメリットにはどのようなものがあるか解説…という話題でした。

参考リンク:

楽天カードや楽天ANAマイレージクラブカードをこれから作るという方は、下記の審査基準についても目を通してみてください。特に審査が不安な方は必読です。

cards.hateblo.jp

*1:自動でANAマイルに交換してしまうと、ANAマイルを失効させてしまう可能性も高くなるので、ポイント交換が手間でないのであれば楽天ポイントを貯めておくほうが安心だったりもします。楽天スーパーポイントなら獲得しつづければ半永久的にポイント失効することはないので安全です。

PAGE TOP