クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

貰ったQUOカードを効果的に使い切る方法まとめ!クオカードが使える代表的なお店から、その売却&換金方法について書いてみる。

f:id:cardmics:20170616220104j:plain

なにかと貰う機会が多いQUOカード(クオカード)。

しかし、このクオカードって今やほとんど使っている人がいないプリペイドカードということもあり、どのお店で使えるのかとか、どうやったら換金できるのか?といった情報がよくわかりませんよね。

そこで今回はクオカードを効果的に使い切る方法について記事を書いてみたいと思います。クオカードが使えるお店で使い切るも良し、金券ショップ等への売却を考えてみるのも良し…といったように、クオカードの活用方法は多岐にわたるので、是非、手元にクオカードがあるという方は参考にして貰えればなと思います。

クオカードを買い物で使ってしまう方法:

まずは貰ったクオカードを買い物等で使いきってしまう方法です。

クオカードが利用可能なお店の中に、自分がよく使うお店がある…という方はこちらの方法でクオカードを使いきってしまってください。やはりこれが額面金額をすべて使える分だけ、一番お得です。

大手コンビニ:

使いにくいと思われがちなクオカードですが、実は大手コンビニであれば基本、どこのお店でも使うことが出来ます。

使い方は簡単。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのレジで「支払いはクオカードでお願いします」と店員に伝えれば、あとは勝手にクオカード払いで処理をしてくれます。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • ポプラ
  • 生活彩家

但し、電気代やガス代、切手やハガキといった料金の支払いにはクオカードを使うことが出来ないので、雑誌、お弁当、お菓子、ジュース、インスタント食品などなどでの支払いにお使いください。これで大抵の方はクオカードを使い切ることが出来ることでしょう。

ファミレス:

次に使いやすいのがファミリーレストランですね。大手ファミレスだとガスト、バーミヤン、デニーズ、藍屋などでクオカードを支払いに使うことができます。

  • ガスト
  • バーミヤン
  • デニーズ
  • 藍屋

反面、大手は大手でもサイゼリヤやロイヤルホスト、ココス、ジョナサンなどでは使うことが出来ないのでこちらはお気をつけください。あくまでクオカード払いを使えるのはセブン&アイ系のファミレスとすかいらーく系列が主になります。

書店・本屋:

ちょっと意外なのは本屋ですね。ジュンク堂、丸善、啓文堂書店、ブックファースト、有隣堂、三省堂にLIBROなどなどでクオカードを使うことが出来ます(紀伊國屋書店も一部で利用可能)。

そのため、本好きの方はクオカードを使って本を買う…というのも手。本といえば図書カードという印象がある方も多いと思いますが、クオカードでも十分に図書カード代わりになるのですね*1

その他:

その他のクオカード加盟店として有名なのはENEOS(エネオス)です。車によく乗るという方であればガソリン代の支払いにクオカードを使うことが出来るので、こちらで使いきってしまってください。

あとはHMVや大江戸温泉物語もクオカード加盟店。使う機会があればこちらもあわせてご検討いただければと思います。

クオカード払いしてもポイントは貯まる:

ローソンやサークルKサンクスといったコンビニでは、クオカード払いをしてもPontaポイントや楽天ポイントといったポイントが貯まるのでしょうか?

これは実はまったく問題なし。

クオカード払いでもしっかりとポイントが貯まるのでお得です。せっかくクオカードを使うなら、併せてTポイントやdポイント獲得も狙ってみてくださいね。

クオカードを使わずに換金する方法:

f:id:cardmics:20170616220111j:plain

次にクオカードをお店で使わずに、換金をする方法についてもまとめておきます。

どうしてもお店で使う予定がないとか、大量にクオカードを貰って困っている…という場合はこちらも検討してみてください。

金券ショップに売却する:

クオカードを使わずに換金する一番カンタンな方法はやはり、金券ショップやチケットショップといった場所に売却してしまうこと。

東京都内だとだいたいクオカード額面の96%~98%程度で買い取りして貰うことが出来るので、換金率としてクオカードは、かなり良い部類にはいるプリペイドカードだと言えることでしょう*2

  • 3,000円のクオカード:2,880~2,940円程度で買い取り
  • 5,000円のクオカード:4,800~4,900円程度で買い取り
  • 1万円のクオカード:9,600~9,800円程度で買い取り

反面、地方都市でクオカードを売ろうとするともう少し安く、買い叩かれることもありますね。下手すると92~94%程度の買い取りになるケースもあるようなので覚悟しておいてもらえると助かります(イオンモールなどのショッピングモール内の金券ショップはとにかく厳しい印象)。

売れるクオカードと売れないクオカード:

あとクオカードの種類によっては金券ショップ側が買い取りをしてくれない場合もあります。後述しますが特にコンビニ発行のクオカードは、ほぼどの金券ショップであっても買い取りに応じてくれないはずなのでご注意ください。

1.途中まで使ってあるクオカード

これは説明不要かもしれませんが、途中まで利用してしまってあるクオカードは買い取りの対象になりません。理由は単純で、金券ショップ側が現在の残高を知ることが出来ないためですね。

ヤフオク等で売却するにしても嫌がられる傾向にありますので、一度、使ってしまったクオカードは自分で責任をもってコンビニ等で使いきってしまってもらえればと思います。

2.有効期限のあるクオカード

もうほとんど見かけることはないと思いますが、かなり古いクオカードの中には有効期限が設定されている例があるようです。当然、これらの有効期限付きクオカードはチケットショップ側としても買い取りしたくないクオカードなので、応じてもらえない可能性大です。

ちなみにもうたぶん、有効期限が2016年以降になっているクオカードは残っていないはず。要するに有効期限のあるクオカード=すでに使えなくなったクオカードなので、当然、買い取りもしてもらえませんよ(アイドルやアニメなど、絵柄によってはコレクターに買ってもらえる可能性はあります)。

3.コンビニ発行のクオカード

3つ目はコンビニ発行のクオカードです。これらは通称00クオカード、もしくは00Aクオカードなんて呼ばれていたりします。

これらのクオカードに当たるかどうかについては、クオカード裏面の左下にある番号を確認してみてください。仮に00ではじまっている場合には、セブンイレブンやファミマ等で販売されたクオカードであることがわかります。

ではなぜ00番号からはじまるクオカードは買い取りしてもらうことが出来ないのかというと、クオカードができあがる仕組みが他の一般クオカードとは異なるため。

00Aクオカードはコンビニのレジで購入された時点で利用可能なクオカードになる仕組みなので、仮に「販売前のクオカード」が不正に持ちだされた場合には金券ショップ側でその識別ができないのです。

  • 他のクオカード:どのクオカードも使える
  • 00Aクオカード:コンビニで購入手続きがされてはじめて使える(使えないカードが転売されてしまう可能性がある)

結果、みなさんの手元にあるクオカードが00Aクオカードであるのだとしたら、転売&買取は不可能です。どうしても売りたいのであれば、ヤフオクなどのサイトで転売するしかありません。

オークションで売却する:

金券ショップへの売却以外の方法としては、自分で転売する方法しかありません。一般的なのは記事中にもチラホラ書いた通り、ヤフオクで売ってしまう方法ですね。

出品料や配送料などは別途かかりますが、まとまった枚数や金額のクオカードを売却するなら、こういうのもひとつの手段であると言えます。

友人や同僚に売るのも手:

また、友人や同僚といった親しい人にクオカードを買い取ってもらうのも手。

特にコンビニやファミレスをよく使う層には、クオカードは有効なプリペイドカードなので額面の95%くらいの価格を提示すれば買取に応じてくれる人も多いことでしょう。これなら労せず、クオカードを現金化することができますよ。

クオカードを購入して活用する方法も:

f:id:cardmics:20170619154605j:plain

ここまでクオカードが使えるお店だったり、クオカードの売却方法を紹介させていただきましたが、最後にその逆である「クオカードのお得な購入方法」についても紹介させていただきます。

下記記事で紹介している方法を利用すると、クオカードの購入で最大3.8%分の割引を受けることが可能。

これは金券ショップでクオカードを購入するよりもかなり割のいい方法になるので、家計の出費を100円でも減らしたい…という方にはおすすめの方法だと言えます。是非、興味がある方は実践ください。

以上、貰ったQUOカードを効果的に使い切る方法まとめ!クオカードが使える代表的なお店から、その売却&換金方法について書いてみる…という話題でした。

参考リンク:

その他、家計の節約に興味があるという方は下記記事もあわせてどうぞ。ちょっと前までは想像もつかなかったような、様々な割引サービスが世の中にはあるので、自由になるお金が少ない…という方は上手に活用してもらえればと思います。

news.cardmics.com

*1:金券ショップで安くクオカードを購入して、書籍代にあてる…なんてことも出来るということ。但し、金券ショップでは図書カードや図書券のほうがクオカードよりも安く売られているので、貰ったクオカードでもない限りは図書カードを購入するほうがお得でしょう。

*2:98%買取についてはキャンペーン中など以外では滅多に見ません。一般的な相場としては96~97%といったところでしょうか。

PAGE TOP