クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

『人に訊ねる勇気のない人間』にも、優しい仕組みづくりが必要なんじゃないか?っていう話。ただの弱者のサレゴトかもしれません。

f:id:cardmics:20171006223427j:plain

世の中には何でも誰かに質問できる人がいる反面、私のように誰かに質問をするくらいであれば自力、もしくはGoogleなどを使って調べるという人間の2種類がいると思います。

私は残念ながら後者で、例えば店内でなにかを探している時でも、店員さんに『◯◯はお店のどこにありますか?』と聞くことが出来ません。基本は店の中をウロウロして、どこにあるかを自力で探します(聞けば一瞬でわかるのに…です)。

また、クレジットカード払いが出来るかどうかの判別がつかないお店で『カード払いは出来ますか?』とも聞けません(汗)。

レジの近くにクレジットカード決済端末が設置されているかどうかをそっと覗きこんで判別をするか、食べログをGoogleで調べて、カード払いが可能かどうかをチェックする感じ。残念ながらそれでもカード払いが出来るかどうかがわからなかったら、カードを使うのを諦めて普通に現金払いしちゃうことも多いです(あとでカード払いが出来ることがわかって愕然としたり…)。

しかしこれって自分で考えてもわかりますが、時間もお金も大幅に損してますよね。

大人になってやっと聞けるようになってきた最近:

それでも最近、大人になってきたからか、やっと人に質問が出来るようになってきました。

この前も勇気を出して、映画の前売りチケットを金券ショップで購入したんですよ(笑)。今までは前売り券ってどう使って良いのかわからなかったので購入を控えていたのですが、1,800円の鑑賞料が1,300円になるからと頑張ってみたんです。

映画館のチケット売り場に前売り券を出すのは勇気がいりましたが、結果としてはほんと試してみてよかった。その日は映画を2人で鑑賞したので1,000円分の割引と、かなりの節約になりました。

更にその前は新幹線の回数券購入で勇気を出しました。今まではどのように使って良いのか、聞くに聞けなかったんですよね…(自動改札に通す瞬間がドキドキでした)。

勇気のない人にも優しい仕組みづくりを:

でね、言いたいのはこれ。『人に訊ねる勇気のない人間』にも、優しい仕組みを、世の中的にはもっと増やしていってほしいってこと。

例えば居酒屋の建物の前に、時々みかける『お一人様でもお気軽にお入りください』という但し書きがあるかどうかって話です。この一言があるだけで私なら一人で入れますが、もし無い場合には勇気がないので入れません。これを書いておくかどうかが、お店の経営にとって非常に重要なんです。

そんな弱者の気持ちを汲み取れるサービスが、今後は求められていくんじゃないのかと思うのです。

このサイトでもそういった記述を増やしてます:

f:id:cardmics:20170914212058j:plain

このサイトでもプロフィール欄に読者登録、ブクマ大歓迎!という文字を入れてます。これを入れておかないと『親しくもないのにいきなり読者登録したら、変な風に思われるんじゃないか…』と、動作を起こすことをためらってしまう方がいるためですね。この記述があるお陰で、気軽に登録が出来るはずです。

こんな感じでウェブサイトも実店舗経営者も、人に訊ねる勇気のない人間に、優しい仕組みづくりを導入していきたいもの。質問しやすい環境、使いやすい環境、初心者にもわかりやすい環境などなど、出来ることはたくさんあるはずですね。私も気をつけます。

以上、弱者のサレゴトでした。もしかしたら賛同してくれる方が少ないかもしれませんが、そういった意見もあると思ってもらえると嬉しいです。

参考リンク:

その後、はてなブログを運営し続けたことで、お陰様で読者数が1,000人を突破することが出来ました。これもそれも、いつも読んでくれるみなさんがいるからこそ。ほんとうに感謝感謝です。

引き続き読んでくれる方に優しいサイトにしていけるよう、頑張ります!

news.cardmics.com

PAGE TOP