クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

プライオリティパスは一人旅向け?同伴者のエアポートラウンジ利用料が27USドルでは、高くてとてもじゃないが使えない。

http://www.flickr.com/photos/10559879@N00/2755961699

photo by avlxyz

プラチナカードやブラックカードといった類のクレジットカードを保有している方の場合、プライオリティパスを無料で貰える場合があります。

プライオリティパスとは、世界中にある空港の、エアポートラウンジと呼ばれる場所が無料で使える会員資格のこと。「?」な方のために更にわかりやすく言うと、飛行機の搭乗時間まで、くつろいで過ごせるスペースがタダで使えちゃうということですね。バーみたいな空間で、無料のお酒を飲んだり、軽食を食べながらゆったりと過ごせます(プライオリティパスが発行できるカード一覧は下記参照)。

プライオリティパスは自分のみ:

ただこのプライオリティパス、基本、自分向けなんですよね。あくまでそういったエアポートラウンジを使えるのは自分のみで、恋人や友人、同僚といった同伴者がいる場合には、その利用者分は有料となります。

しかもその金額が27USドルと高い(今のレートでいうと2750円くらい)。まぁ、無料でお酒が飲み放題、そして美味しい食事などがついて雑誌などもおいてある空間を、何時間でも使うことが出来るわけですから、そのくらいの金額でも安いということもできますが、ちょっとためらっちゃう金額ですよね。特に30分くらいしか使えない時ならなおさらです。

1人旅をしている時であれば問題ありませんが、団体行動をしている時に『じゃっ、俺、プライオリティパスがあるからラウンジ行ってくるわ!』なんてことはやりたくても普通は出来ません(汗)。ほんと、使い方が難しいところなのです。

私3枚のプライオリティパスを持っていますが無理でした:

http://www.flickr.com/photos/47808661@N07/5917923729

photo by Tara Angkor Hotel

ちなみに私はプライオリティパスを3枚保有。もしやこれなら複数枚を提示して、3名で使わせろという理論も可能なのでは?と思い、エアポートラウンジの入り口でスタッフと交渉してみました。

しかし結果はというとやはりダメ。プライオリティパスはあくまで本人のみが利用可能だということで、同伴者分の無料利用は認めてもらうことは出来ませんでした。

これもきっと、エアポートラウンジの場所によっては受け入れてくれるところもあるかもしれませんが、基本は無理と思っておいたほうが良さそうです(エアポートラウンジを運営している側も、プライオリティパスを発行している会社から利用料が貰えるため本来であれば使ってもらいたい)。

その他、情報を適当にまとめ:
  • アメリカンエキスプレスプラチナカードなどの年会費が高額がクレジットカードでは、家族会員(家族カード保有者)に対しても、無料でプライオリティパスを発行してくれます。これなら家族同伴時には、家族の利用も出来ます。但し、家族カード保有者のみのサービスなので、18歳以上の家族である必要性がありますね。
  • 楽天ブラックカード保有者は、同伴者2名まで無料になるとのこと。プライオリティパス社でもそういった同伴者無料サービスを提供していないので、どうやって対応しているのかはわかりませんが、公式サイトにも記述があるので間違いないのでしょう。
  • 安い年会費のクレジットカードの場合、プライオリティパスが発行できても都度会員資格であることがあります。つまり、エアポートラウンジを使う度に使用料が必要になります。

こんな感じです。

後日、プライオリティパスを安く取得する方法などについてのまとめ記事なんかも、書いてみたいと思います。とりあえずはプライオリティパスの紹介を含めた記事でした。ほんと、あると便利なカードですよ。

文末リンク:
PAGE TOP