クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

空港で預けたスーツケースなどの荷物は、到着後、プライオリティタグが付けらた荷物から優先して出てくる仕組みになっている。

http://www.flickr.com/photos/82365211@N00/3925642212

photo by kalleboo

あまり知られていませんが、空港で預けた手荷物は到着後、どれも平等な順番で出てくるわけではありません。

実際にはJALやANAといった航空会社の上級会員(お得意様のこと)や、ビジネスクラスやファーストクラスといった料金の高いシートを利用している人の荷物から、優先して先に出てきます。これは一種のお得意様優先サービスの一環なので、利用できる人は限られているのですね。

プライオリティタグが付けられた荷物から出てくる:

先に荷物が出てくる仕組みはとてもシンプル。出発空港で荷物を預ける際に、プライオリティタグというものを荷物につけてもらっているんです(下記画像のタグ)。

f:id:cardmics:20150121164845j:plain

このタグが付けられた荷物は通常の荷物とは別のコンテナに入られるので、飛行機到着時にはそのコンテナの荷物から優先して中身を出すことになってます。

  • プライオリティタグなし:一般貨物として扱われる
  • プライオリティタグあり:他の荷物とは別のコンテナに格納

結果、プライオリティタグが付けられた荷物から先に、空港で受け取ることが出来る…というわけですね(お得意様ほど荷物は早くなる)。

小型飛行機の場合にはすぐに出てくる:

ちなみに150人程度の小型飛行機の場合にはプライオリティタグを付けられた荷物はだいたい3~4個しかない印象なので、各航空会社の上級会員は空港到着後すぐ、荷物を受け取ることが可能。

しかし、大型のジャンボジェットともなると、プライオリティタグ付きの荷物だけで数十個~100個程度あるので、なんだかんだで荷物が出てくるのが遅い印象です。それでもまぁ、その他の一般乗客よりは早いので助かるんですけどね。

以上、空港で預けた荷物は到着後、プライオリティタグが付けらた荷物から優先して出てくる仕組みになっている…という話題でした。

参考リンク:

飛行機での出張先や旅行先で、安くホテルに泊まりたい…という方は、下記記事も参考にどうぞ。ホテル代をはじめとした旅費削減に関する情報を紹介しています。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP