クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

コンビニに置かれているギフトカードって、盗まれたら大変な被害額なんじゃないの?っていう話。あまりにも無造作に置かれてますよね。

f:id:cardmics:20170503091838j:plain

コンビニなどで無造作に販売されいているアマゾンギフト券iTunesカードなどのギフトカード類。

これ、いつでも自分用としても贈答用としても購入が可能なため、私たち一般消費者からすれば凄く助かるアイテムではあるんですが、よくよく考えてみるとこんなに無造作に置いておいて大丈夫なのかと…。仮に盗まれでもしたら大事ですよね。

なにせ1万円程度するギフトカードが山のように置かれているわけです。

万引き常習犯なんかに狙われてしまったら10万円分、20万円どころではなく、100万円単位での損害になることも想定しておかなければなりません。そんなことになれば薄利でやりくりしているコンビニ経営者にとって、死活問題になってしまいます。

いったい、どのように対策してるのでしょうか?今回は「コンビニのギフトカード販売」について記事を書いてみたいと思います。

POSAシステムを使っているため、安全そのもの:

実はこれらのギフトカードは、POSアクティベーション(POSA)システムを採用しているため、盗まれても全く問題ありません。

POSAシステムとは簡単に説明すると、コンビニのレジで購入されて初めて、そのギフトカードが使えるようになる仕組みのこと。要するにギフトカードは購入されないとギフトカードとしては使えないのですね。

  • 購入される前:ただのプラスチックカード
  • 購入された後:ギフトカードとして使える

なるほど、これなら大量に盗まれたとしても全く問題がありません(印刷代とかはかかりますけどね)。

結果、無造作に商品陳列しても問題無し:

このように本来であればレジの裏などにおいて、厳重に鍵をかけておいておくべきギフトカードも、このPOSAシステムがあれば無造作に陳列しておくことが可能に。

当たり前ですが盗まれてもいいように考えられているからこそ、あれだけ無造作にギフトカードや商品券を並べておくことができるのですね。つくづく、うまくできた仕組みだなぁと思わされます。

以上、コンビニに置かれているギフトカードって、盗まれたら大変な被害額なんじゃないの?っていう話。あまりにも無造作に置かれてますよね…という話題でした。

最近ではポイントなどのギフトカードだけでなく、エアコンクリーニングのようなお掃除券なども販売開始。こちらの動きも広まっていけば面白い感じになりそうなので、是非、みなさんも贈答用として、コンビニでのギフトカード購入を検討してもらえればと思います。

参考リンク:

コンビニで販売されている楽天ポイントギフトカードやiTunes Cardは、クレジットカード払いで購入できる方法があります。興味がある方は下記記事もあわせてどうぞ。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP