クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

1ポイントの価値がわかれば、クレジットカードのお得さが即座にわかる!ポイント還元率の計算方法をこの機会に覚えよう。

Money - Savings

この記事は下記記事の続きです。

カードを利用して得られるポイントの、1ポイント分の価値がわかれば、クレジットカードのポイント還元率というものがわかるようになる…という話を、引き続き、お伝えしていきたいと思います。

今回の記事の内容がわかれば、あなたが今、利用しているそのクレジットカードがどのくらいお得なのか?ということが、即座にわかるようになると思いますよ。

ポイント還元率って何それ?

まず、『ポイント還元率、何それ?』と言う方のためのために簡単に説明すると、ポイント還元率とはクレジットカードで支払った総額に対して何%分のポイントが貰えるかどうか…という数字のこと

例えば100円のクレジットカード利用で1円分のポイントが貰えるのであれば、ポイント還元率は1%、100円利用で2円分のポイントが貰えるなら還元率は2%です。ちょっと難しいかもしれませんが、計算式も書いておきますね。

(得られるポイント価値)÷(購入金額)=ポイント還元率(%)

わかりやすいように、いくつか計算例を書いておきます。

  • 100円の買い物で5円分…ポイント還元率5%
  • 500円の買い物で10円分…ポイント還元率2%
  • 1,000円の買い物で5円分のポイント…ポイント還元率0.5%

なんとなく、おわかりいただけたでしょうか?消費税5%とかの計算方法と基本は一緒です。

1ポイント価値がわかれば、ポイント還元率はすぐわかる:

ここで前回の記事に戻ります。

あなたが今、保有しているクレジットカードで得られるポイントの、1ポイント分の価値がわかったのだとしたら、それを利用することでポイント還元率はすぐに計算できます。

例えば楽天カードは1ポイントあたり1円の価値があるクレジットカードで、ご存知のように100円の利用で1ポイント分貯まるため、ポイント還元率は1%になります。以下、それぞれポイント還元率を計算してみました(前記事で利用したポイント価値を使用します)。

各クレジットカードのポイント還元率計算:
  • 楽天カード
    ポイント還元率1.0%
  • イオンカード
    200円で1ポイントなので、ポイント還元率0.5%
  • セゾンカード
    1,000円で1ポイント(5円分)なので、ポイント還元率0.5%
  • Tカードプラス
    200円で1ポイントなので、ポイント還元率0.5%
  • 三井住友VISAカード
    1.000円で1ポイント(5円分)なので、ポイント還元率0.5%

このように1ポイントあたりの価値さえわかっていれば、ポイント還元率を計算するのは簡単ですよね。

ポイント還元率は高いほうが良い:

DSC00141

クレジットカードのポイント還元率がわかれば、あとは簡単。あなたが年間にどのくらいクレジットカードを利用するかを考えると、1年間、だいたいどのくらいのポイントが貰えるかがわかるようになります。

単純に年間100万円利用した場合で、計算してみると、

  • 楽天カード…100万円利用で1万円分のポイント
  • 残りのカード…100万円利用で5,000円分のポイント

となります。言うまでもありませんが、ポイント還元率が高いほうが得られるポイントは多いので、家計の節約にも効果的になるのですね。

ポイント還元率は1%以上がお得と言われている:

クレジットカードを利用するのであれば、ポイント還元率が良いカードのほうがお得という理論は、おわかりいただけましたでしょうか?

クレジットカードマニアの間では、ポイント還元率が1.0%以上のクレジットカードを、高還元率クレジットカードなどと呼びます

もしみなさんがポイントを今よりももっと手に入れたいと思っているのであれば、ポイント還元率が1.0%以上の高還元率クレジットカードを見つけてみてください。そうすれば今よりも効率よく、ポイントを貯めることが出来るようになるはずですよ(ポイントが貯まりやすいカードは下記記事にて紹介しています)。

以上、1ポイントの価値がわかれば、クレジットカードのお得さが即座にわかる!ポイント還元率の計算方法をこの機会に覚えよう…という話題でした。

参考リンク:

今回、紹介させていただいたクレジットカードの公式サイトは下記の通りです。ポイント還元率で選ぶなら楽天カードですが、安心さや知名度で選ぶなら三井住友VISAカード…といったところでしょうか。

PAGE TOP