クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

VISAカードを利用して貯まるポイントは、1ポイントあたりどのくらいの価値がある?VISAポイントは何円分の価値なのかを徹底解説。

f:id:cardmics:20171119233407j:plain

VISAカードを利用して貯まるポイントは、1ポイントあたり何円分くらいの価値があるのか?これ、気になる方は多いですよね。

そこで今回はクレジットカードのポイント価値について簡単に説明をしてみたいと思います。これを読んでいただければポイントをより効率的に、獲得できるようになるはずですよ。

VISAカードのポイント価値について:

1ポイントあたりの価値について:

まず、VISAカードを利用して貯めることが出来るポイントの価値については、残念ながらはっきりと答えることは出来ません。

これはなぜなら、ひとことにVISAカードといっても、日本だけで1,000種類以上のVISAカードが発行されているから。要するにVISAカードの発行会社によってサービス内容が違うということですね。

  • 間違い:VISAカードは1種類
  • 正解:VISAカードは日本国内に1,000種類以上ある

ポイント制度はVISAカードによって異なる:

そのため、ポイント価値についてもVISAカードによってバラバラ。

1ポイントあたり5円相当のポイントもあれば、0.1円分にしかならないポイントもあったりと、一概にこうだ…と言い切ることが出来ないんです。

つまりVISAカードで貯まるポイントについてはみなさんが所有しているVISAカードの公式サイトを見るか、カード会社の相談先に問い合わせをして教えてもらうしかなし。

VISAカードの種類分だけポイント制度には違いがありますよ。

大手VISAカードのポイント価値:

…とはいえ、それじゃあまりにも不親切なので、大手VISAカードのポイント価値についていくつか参考例をあげておきます。

  • 三井住友VISAカードのポイント価値:1ポイントあたり4~5円程度
  • セゾンVISAカードのポイント価値:1ポイントあたり4~5円程度
  • 楽天VISAカードのポイント価値:1ポイントあたり1円程度
  • NICOS VISAカードのポイント価値:カードによって異なります。

たぶん、ほとんどの方が三井住友VISAカードだけをVISAカードだと思っているので、これで大抵、解決するのではないでしょうか?仮にそうであるなら1ポイントあたり4~5円程度です。

ポイント価値は交換商品によっても違う:

三井住友VISAカードのポイント=1ポイントあたり4~5円分…という記載をさせていただきましたが、なぜ4~5円分という曖昧な書き方をしているのでしょうか?

これはクレジットカードのポイントは交換商品によってその価値が異なるため。実際、三井住友カードのポイントを楽天ポイントに交換する場合と、ANAマイルに交換する場合とではポイント価値が変わってくるので、だいたい4~5円分という書き方をさせてもらっているのですね。

1ポイントあたりの価値が高いほうが良いのか?

f:id:cardmics:20171109093255j:plain

では、1ポイントあたりの価値は高いほうが良いのか?というと、実はそんなこともありません。例えば下記2種類のVISAカードを比べてもらえればそれが一目瞭然です。

  • 三井住友VISAカード:1,000円利用で1ポイント
  • 楽天VISAカード:100円利用で1ポイント

前述のように三井住友VISAカードのポイント価値は約5円分なので、1,000円利用で貯まるポイントは5円分。対して楽天VISAカードの場合には1ポイント1円相当の価値なので、1,000円利用時には10円分のポイントが貯まることになります。

大事なのはポイント価値じゃない:

このようにポイント獲得効率でいうと、どちらのVISAカードがお得かはもう言うまでもありません(楽天カードを支払いに使ったほうがポイントが貯まりやすい)。

このようにVISAカードの1ポイントあたりの価値を知ることは重要ですが、1ポイントあたりの価値が高ければ高いほどいいわけではない点にはくれぐれも注意が必要。

場合によっては1ポイント0.1円にしかならないVISAカードでも、お得なVISAカードである可能性はありますよ。

どれも同じVISAカード:

ちなみに。

こういった紹介の仕方をすると、『楽天カードのVISAカードなんて、使える場所が少ないんじゃないの?』といったように、VISAカードによってその使い勝手が異なるイメージをお持ちの方も多いのですが、これらにはまったく違いがなし。

三井住友VISAカードだろうが楽天VISAカードだろうがイオンVISAカードだろうが、どのVISAカードでも日本国内のVISA加盟店(VISAカード払いができるお店のこと)はもちろん、海外にあるVISA加盟店での支払いにだって使えますよ。

  • 三井住友VISAカード:海外&国内で使える
  • 楽天VISAカード:海外&国内で使える
  • イオンVISAカード:海外&国内で使える

f:id:cardmics:20180213162034p:plain

VISAカードである限り、発行会社の違いはないのです。

以上、VISAカードを利用して貯まるポイントは、1ポイントあたりどのくらいの価値がある?VISAポイントは何円分の価値なのかを徹底解説…という話題でした。

参考リンク:

ポイント獲得のためにクレジットカードを利用しているのであれば、是非、ポイントが貯まりやすいクレジットカードを使うようにしてください。それだけで今よりももっと、ポイントを貯められるようになります(下記特集を参考に)。

news.cardmics.com

PAGE TOP