クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

プラチナカードやブラックカードの保有率は、カード所有者のうちわずか1.4%のみ。統計としては一般カード所有者が87.0%と圧倒的です。

f:id:cardmics:20171119232226j:plain

ゴールドカードよりも上のステータス性を持つクレジットカードである『プラチナカード』。このカードを持っている人の比率はどのくらいなのでしょうか?

私自身も興味があったので、ちょっと調査してみました。

プラチナカードの所有率は1.4%:

ネットで調べてみたら、簡単にデータが見つかりました。見つかったのは2011年に楽天リサーチが行った「クレジットカードに関する調査」というそのまんまの名称の統計データです。

メインカード、約9割が「一般カード」、上位カードは1割弱にとどまる

メインで利用しているクレジットカードのタイプは、「一般カード」が87.0%で突出して多く、「ゴールドカード」は11.3%、「プラチナカード・ブラックカードなどの最上級カード」は1.4%にとどまった。

文章だとちょっとわかりにくいので、箇条書きにしておきますね。

  • 一般カード保有者:87.0%
  • ゴールドカード保有者:11.3%
  • プラチナカード以上:1.4%
  • その他:0.3%

流通しているカードのほとんどが一般カード:

クレジットカード保有者のうち、87%が一般クレジットカード…ということは、もうほとんどの人が年会費無料カードや年会費数千円のカードしか持っていないことがわかります。

逆にゴールドカード以上のクレジットカードを持っている人の比率は全体の13%弱…と、比率にして約8人に1人くらいしか、ステータスの高いカードを保有していない状況。

そしてその上のプラチナカード以上に至っては70人に1人程度の保有率なので、プラチナカードやブラックカードを持っている人は世の中的にもかなりレアだと言えそうな感じです。

最新データはもう少し違う?

f:id:cardmics:20170819201330j:plain

尚、今回紹介したデータは2011年のものなので、2017年の今、調査を行えばもう少しゴールドカードやプラチナカード保有者が多くなるかもしれません。

それでもまぁ、ほとんどの方が年会費無料カードに偏っている現状には変化はないはず。それほどに年会費無料カードに拘る方は多い状況は、今も昔も変わらないのですね(あくまで私の肌感覚による話です)。

周りに差を付けたいなら希少なカードを:

結論。

もしみなさんが周りに差を付けたいとか、目立ちたいとか、そういう感情を持っているのであれば、是非、70人に1人しか持っていないプラチナカード以上を目指してみてください。

仮に保有することが出来ればそれだけで目立つことが出来るので、ちょっとした優越感を持てるはずですよ(プラチナカードの解説は下記記事にて)。

以上、プラチナカードやブラックカードの保有率は、カード所有者のうちわずか1.4%のみ。統計としては一般カード所有者が87.0%と圧倒的です…という話題でした。

参考リンク:

いやいや俺はプラチナカードじゃなくて、最高峰のブラックカードが欲しいんだ…という方は下記記事も参考に。直接入手可能なブラックカードについてまとめています。

news.cardmics.com

PAGE TOP