クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードの紛失が怖いなら、自分の顔写真をカードに印刷できる三井住友VISAカードがおすすめ。写真入りカードで防犯対策を!

『自分はよく財布をなくしちゃうので、クレジットカードは紛失が怖くて持つことができない』。そんな方のために、今回は自分の顔写真を券面上に印刷できるクレジットカードを紹介してみたいと思います。

さすがに他人の顔写真が掲載されたクレジットカードを悪用するのはカンタンではないので、紛失が怖いという方は是非、参考にしてみてくださいね。

三井住友VISAカードがおすすめ:

自分の顔写真をクレジットカード券面に印刷できる代表的なカードは、あのテレビCMでもよく名前を見る三井住友VISAカードです。

下記の画像のように、クレジットカードの裏面に自分の顔写真を掲載することができるため、仮に誰かに自分のクレジットカードを盗まれてしまったとしても悪用される可能性は低いことでしょう。

しかも顔写真付きカードへの切替費用は無料なので、切り替えない理由がありません。

f:id:cardmics:20160516145051j:plain

写真入りカードとは

写真入りカードは、カードに顔写真が入り、顔写真による本人認証が行える安全性・利便性の高いカードです。

  • ひと目で「あなた」が分かるから、安全性がぐんとアップ。
  • 顔写真による本人照合が行えるため、カードの紛失、盗難時に心配な不正利用を未然に防げます。
  • 写真の入ったカードなら、本人を証明するID機能もさらにアップ。国内はもちろん、海外への旅行、出張にも信頼度が高まります。
  • 写真入りカードの年会費は、通常の三井住友VISAカードと同額。通常のカードからのお取り替えでも発行手数料は無料です。

悪用を100%防げるわけではない:

但し、顔写真を掲載すれば悪用を100%防げるのかといえばそんなことはありません。

最近ではコンビニなどのようにサインレスでクレジットカード決済できる店舗も存在するので、そういったお店では店員側の目視による確認がないために、いくら顔写真が裏面にあっても悪用は出来てしまう可能性大。

また、ネット通販などクレジットカードそのものを必要とせず、カード番号や有効期限のみで買い物ができてしまう場所では顔写真掲載はなんの役にも立たないことでしょう。つまり顔写真さえ掲載してしまえば安全…というわけでもないのです。

ではクレジットカードは危険?

Finals Week-5 4 15-001a

ではクレジットカードを持つのは危険なのかといえばそんなことはありません。

日本国内で発行されているクレジットカードには盗難保険という保険が備わっているため、仮にあなたがクレジットカードを紛失してしまったり、通販サイトから大規模なカード情報の流出が起きてしまったとしても、その被害は0円で済みます(所定の保険申請を行った場合)。

詳しくは下記記事にまとめてあるので、紛失が怖くてクレジットカードを持つことができなかったという方は参考にしてみてくださいね。

以上、クレジットカードの紛失が怖いなら、自分の顔写真をカードに印刷できる三井住友VISAカードがおすすめ。写真入りカードで防犯対策を…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードをまだ持ったことがない初心者の方が、抱えがちなクレジットカードに対する誤解をまとめた記事は下記をどうぞ。クレジットカードは手数料がかかるとか、カード払いって遅くて面倒そう…と思っている方は是非、お読みください。 

news.cardmics.com

PAGE TOP