クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

電子決済サービスPay-easy(ペイジー)の年間利用額が15兆円突破!但し、今年から国税のカード払いが開始されたため成長は鈍化しそうです。

税金や公共料金などの支払いに使える電子決済サービスPay-easy(ペイジー)。

この年間利用金額がついに15兆円を突破したようです。ペイジーが公式リリースにてその詳細を発表しました。

電子決済サービス「Pay-easy(ペイジー)収納サービス(注)」は、平成28年10月でサービス開始15周年を迎えました。節目となる平成28年度の利用件数は69.3百万件、金額は15.8兆円を記録し、おかげさまでサービス開始以来15年連続での増加となりました。

特に国庫金分野では、関税の利用金額・件数の増加ペースが加速しており、国税や国民年金保険料についても堅調に推移したことから、利用金額・件数共に前年度を上回りました。 

ペイジーは見事な右肩上がり:

ペイジーを経由した決済金額や決済件数の推移グラフについては下記を参考に。

f:id:cardmics:20170416083058g:plain

ご覧のように見事な右肩あがりではあるものの、よぉ~くチェックしてみるとこの1年での増加幅はあまり大きくはありません。

特に右のグラフ、決済件数の増加幅についてはかろうじてプラスを確保したという程度。矢印をちょっと下にずらすことで無理矢理、「右肩あがりっぽいグラフ」を作り上げた気がします。

15兆円まで成長したのだから当然かも?

まぁすでにペイジーの年間決済額は15兆円とかなりの金額ですし、決済件数も非常に多い状況があるため、ここに来て成長が鈍化するのは致し方ないところなのかも。

この先はペイジー払いが使える支払い先を増やすか、もしくはペイジー払いに対応している金融機関を増やすことくらいでしか成長できないはずなので、地道な努力あるのみですね。要は「運営側がどこまで本気になれるか次第」かと思われます。

2017年は成長鈍化?

f:id:cardmics:20170410092534j:plain

ちなみに2017年には国税のクレジットカード納付がスタートしたので、ペイジーもその影響も受けそうな感じ。

仮にこの状況下でもプラス成長が出来るようなら、ペイジーは広く市民権を得たといえるのかもしれませんね。さてさて、来年4月に発表されるであろう、ペイジー側の公式リリースを今から楽しみにしたいなと思います。

以上、電子決済サービスPay-easy(ペイジー)の年間利用額が15兆円突破!但し、今年から国税のカード払いが開始されたため成長は鈍化しそうです…という話題でした。

参考リンク:

この機会にクレジットカードを作ってみよう…という方は、下記記事も参考に。はじめての方に最適なおすすめカードを紹介しています。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP