クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

パスポート情報が漏洩した場合の対処法を、旅券課に聞いてみた!パスポート番号や有効期限等の個人情報が流出したらどうべきなのか。

Passport

2016年6月14日に公表されたJTBによる個人情報流出事件では、氏名や住所といった個人情報だけでなく、パスポート番号や有効期限といったパスポート番号までもが漏洩。

しかし、過去にこれだけの規模でパスポート情報が漏洩したことはなかったので、いざ自分のパスポート番号が流出したとしても、どう対処していいのかわからない…という方のほうが多いのではないでしょうか?

旅券課に電話で聞いてみた:

そこで正確な答えを求めるべく、パスポートの発行や管理を行っている旅券課に電話をして聞いてみました。

結論から先にいうと、パスポート番号や有効期限が第三者に知られてしまったとしても、手元にパスポートそのものがあるのであれば特に問題はないとのこと。

旅券課としてはパスポートの再発行をすすめることは無いそうなので、どうしても再発行をしたいのであればJTB等、情報流出を起こしてしまった企業と相談をして再発行費用等を負担してもらうしかないようです。

  • 危ない:パスポートの紛失
  • 大丈夫:パスポート情報の漏洩

そもそも海外ではパスポートを見せまくる:

ついでにいうと海外旅行に行ったことがある方であればわかりますが、ガイドさんにパスポートを預けるようなことをしてみたり、ホテルのチェックイン、お酒の購入、カジノへの入場などなど、パスポートを第三者に見せる機会はかなり多いもの。

こういった時にパスポート番号や有効期限などが第三者に漏洩する可能性は高いわけですが、今のところそれでなにか不正をされることはまずありませんよね。

そう考えると今回のように旅行代理店からパスポート情報が漏れてしまったとしても、不正に使うことは極めて難しい状況があると言えそうな感じ。つまり、過度に心配することはないのです。

100%安全なわけではない:

f:id:cardmics:20170531185941j:plain

ではパスポート情報が流出しても100%安全かといえばそんなこともありません。日本国内ではビデオ店の会員になるとか、クレジットカードを作るとか、そういったもので本人確認証としてパスポートが使えるためです。

まぁ各種登録には原本そのものを持参、もしくはコピーを用意しないといけないため、高度にパスポートを偽装できる犯罪者集団等ではない限りはそういった不正に使われない可能性は高そう。

しかしそれでもその可能性が少しでもある以上は、「パスポート情報が漏洩しても100%安全」とは言い切れない感じです。この点のみ、一応、注意してもらえればと思います。

交渉すれば再発行費用は負担してもらえるかも:

尚、『不正されるうんぬんではなく、漏洩なんて気持ちが悪いな…』と思った方はJTB側と相談して、パスポートの再発行費用負担をお願いしてみる…なんていうのもアリ。JTB側も今なら不要負担に応じてくれると思うので気になる方は交渉してみてくださいね。

以上、パスポート情報が漏洩した場合の対処法を、旅券課に聞いてみた!パスポート番号や有効期限等の個人情報が流出したらどうべきなのか…という話題でした。

参考リンク:

パスポート番号よりもクレジットカード番号が漏れてしまうほうが危険です。万が一、クレジットカード番号や有効期限などのカード情報等が漏洩してしまった場合の対処法については下記記事を参考にしてください。

news.cardmics.com

PAGE TOP