クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

魅力あるサイトなら、外部リンクを貼っても読者は戻ってきてくれる!これからのSEO対策では、外部リンクを貼らないほうが問題です。

http://www.flickr.com/photos/86530412@N02/8253443979

photo by StockMonkeys.com

外部リンクを貼ることに対して、ものすごく抵抗感を持っているウェブマスター(ブロガーやサイト運営主)の方って多いですよね。ほんと意地でも貼らない…という方もいるくらいで、ひどいところになるとリンクを貼ったほうが親切なのに、『ググれ!』って書いてあるケースすらある(汗)。

しかしそれってただ単に自分が運営しているサイト価値に自信がないからだけなのかも?

だって運営しているサイトが本当に誰に対しても価値があるサイトであれば、外部リンクを貼ってもそのうち必ず戻ってきてくれます。これは間違いありません。

それでも外に向けてリンクを貼らないというのは、サイト自体が貧相で魅力がないから、戻ってこないことを恐れているだけ。そんなサイト、内部リンクだけにしていてもそのうち読者から愛想を尽かされちゃうはずです。

個人的にはこれでもかっ!ってリンク貼ってます:

だから個人的にはどんどん外部リンクを貼ってます。仮にそれで戻ってこなかったら、このクレジットカードの読みものってサイトの力が、不足しているってことだけですからね。

  • 外部サイトにいって戻ってくる:サイトに魅力がある証拠
  • 外部サイトにいって戻ってこない:サイトに魅力がない

また、外部リンクを貼るって悪いことばかりでもないんです。外部リンクを紹介すれば記事の内容を補充&裏付けすることも出来ますし、トラックバックのように相手からのお返しリンクを貰うことだってある。要はあげるばかりではなく、貰うほうも実は多いものなんですよ。

更に忘れてはならないのは、外部リンクたっぷりのほうが公平な記事として扱われるため、はてなブックマークTwitterなどのソーシャルメディアで広まりやすくもなるという点。そうなんです。記事をバズらせたかったら、外部リンクが有効なのですね。

外部リンクを貼らないことがデメリットに:

SEOの観点からも同様です。

今までのSEO対策では、外部リンクを貼ることは悪い方法だったのかもしれませんが、これからの時代は外部リンクを貼っていないほうがサイト評価が下がると個人的には思ってます。Googleも日々進歩しているので、内部リンクのみの怪しいサイトを評価しないアルゴリズムになっていくに違いありません。

そんな時になってはじめて慌てるのではなく、是非、今から外部リンクをふんだんに貼るサイトづくりってやつを、みなさんも始めてみてください。多くの方から感謝される喜びも、同時に味わえるはずですよ。

結論、古いSEO対策なんてもう忘れて、リンクを貼りたかったら貼りたい分だけ、どんどん貼ってしまいましょう!今の時代はそれでOKです。

以上、魅力あるサイトなら、外部リンクを貼っても読者は戻ってきてくれる!これからのSEO対策では、外部リンクを貼らないほうが問題です…という話題でした。

SEO参考リンク:

ということで検索エンジン最適化に関する情報をいくつかおいておくので、使えるリンク先があれば活用してみてください。私が普段から利用しているツールもありますよ。

PAGE TOP