クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

やんちゃな子供がいる家庭はもはや加入必須!自転車事故や商品破損などの損害賠償を補償してくれる、クレジットカードの保険まとめ。

http://www.flickr.com/photos/68288285@N00/521894844

photo by Aka Hige

壊れ物がおおく展示されているお店なのに、子供が走り回って危なっかしい…とか、何度ダメだと叱っても自転車を暴走させるとか、そういった育児の悩みをお持ちの方のために、今回はクレジットカードを持っていれば加入可能な「損害賠償責任補償」についてまとめてみたいと思います。

これらの保険に加入すれば、仮に展示商品を壊してしまったり、自転車で誰かに衝突して大怪我をさせてしまったとしても保険で補償してくれるようになるので安心*1月額負担費用も100円~200円程度なものばかりなので、是非、この機会に加入を検討してみてくださいね。

損害賠償責任補償とは?

まず基礎知識として、損害賠償責任を補償する保険とはどんなものかをカンタンに解説しておきます。楽天ピンクカードの個人賠償責任事故補償プランによると、この保険は住宅内や日常生活に関連する偶然な事故の損害を補償してくれるとのことです。

住宅の所有、使用または管理に起因する事故や、日常生活に起因する偶然な事故による損害賠償責任を実額で補償する保険です。

例をあげるとこんな感じになります。

  1. 洗濯機から水漏れし、下に階に漏水させてしまった
  2. 子供がデパートで走り回り、展示商品を壊してしまった
  3. 自転車に乗っていたら突然、人が飛び出してきて怪我をさせてしまった
  4. 飼い犬が噛み付いて、大怪我をさせてしまった
  5. ベランダから鉢植えが落ちて、下にあった車を傷つけてしまった
  6. ゴルフプレー中にボールを隣のコースにいた人にぶつけてしまった
  7. スノーボードを滑走中に他人に衝突してしまった

なんだか可能性はありそうな事故ばかりですよね。こういった問題が起こった際、相手側から損害賠償を請求されたら助けてくれるのがこの損害賠償責任補償の保険になります。総じて1億円程度までの賠償請求であれば保険がカバーしてくれるので、これだけあれば、よほどのことがない限り十分な補償になるはずです。

対象は子供や同居の親にも適用:

また、この保険は原則として同居している両親や兄弟、そして子供にも適用されるので、タイトルにも書かせていただいたように元気いっぱいの小さな子供がいる家庭には必要不可欠(勝手に走り回ったりしますからね、子供は)。

万が一のことが起こったときに対処できる預貯金があれば別ですが、そういった貯蓄がないのなら加入を是非、検討してみてください。

また、一人暮らしをしている未婚の子供にも保険が適用になるので、大学に通いはじめた子供のために加入しておくというのも手。こういったものも親心…といったところでしょうか*2

加入者ご本人のみならず、その家族も被保険者となります。

本人の配偶者、本人または配偶者と同居の親族および別居の未婚の子も補償の対象となります。なお、これらの方が責任無能力者である場合は、親権者・法定監督義務者・監督義務者に代わって責任無能力者を監督する方(責任無能力者の6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族に限ります。)も補償の対象となります。

損害賠償責任補償保険に加入できるカードまとめ:

楽天ピンクカード(月額220円、最高1億円):

女性向けの楽天カード、楽天ピンクカードでも損害賠償責任補償が受けられる保険に加入することが可能です。こちらは月額220円で最高1億円までの補償があるので、よほど大きな事故でも起こしてしまわない限りはこの範囲でどうにかなることでしょう。

  • 日常生活での損害賠償を、1億円を限度に補償します。
  • 傷害により死亡、または後遺障害を負った場合には100万円を限度にお支払いします。
  • 示談交渉サービスもあるので安心です。(国内のみ)

適用範囲も同居の親族までOK。やんちゃなお子さんが居る方はもはや加入が必須ですね(詳しくは公式サイトにて)。

JCBカード(月額130円、最高1億円):

クレジットカード発行大手のJCBカードでも損害賠償責任補償のある保険に加入できます。株式会社ジェーシービー発行のカードがその対象となりますので、JCBマークが入ったカードなら加入できるわけではないという点はご注意ください。

こちらは月額130円で最高1億円までの補償です。月額費用は安いですが、JCBカードの場合には年会費がかかるのでその金額を考慮したうえでご検討ください。

月々たったの130円の保険料で、日常生活の賠償責任をなんと1億円まで補償します。訴訟費用も補償の対象で、しっかりサポート。

エポスカード(月額140円から 最高3億円):

エポスカードでも個人賠償責任のある保険に加入することが可能です。こちらは死亡保障など、保険内容を好きなように組み合わせて加入できるメリットがありますが、その分だけ月額の負担料金は高めになっているのでご注意ください。

但し、他のクレジットカードよりも賠償可能な上限金額を引き上げることが出来るので、1億円じゃちょっと不安だという方、そして自分ひとりだけ加入できればいいやという方には向いていますね(下記は3億円をつけた場合の金額例)。

f:id:cardmics:20151024133122g:plain

詳しくはエポス公式サイトにて自分で試算してみてください。

以上、小さい子供がいる方は、加入しておくと安心!自転車事故や商品破損などの損害賠償を補償してくれる、クレジットカードの保険まとめでした。またのちほど、記述を追記していきますね。

参考リンク:

クレジットカードの保険はなにも損害賠償責任補償だけではありません。実質、無料で加入できる旅行保険…なんてものもあるので、保険加入に興味がある方は下記記事もあわせてご覧ください。

cards.hateblo.jp

*1:まぁ子供に注意をしてやめさせるのが一番なんですが、なかなか難しい場合も多いと思うので是非、ご活用ください。

*2:子供が木造アパートの2階に住み始めたとか、スノーボードやスキーが趣味だ…という子供なら、尚更ですね。

PAGE TOP