クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

個人委託売買代金におけるネット証券会社シェアランキング(2014年度)!個人売買はSBI証券がシェアトップで、楽天証券、松井証券が続きます。

http://www.flickr.com/photos/24241587@N05/3927725307

photo by dflorian1980

楽天証券の決算書を見ていたら、個人委託売買代金におけるオンライン証券会社別のシェが掲載されていたので今回はそれを紹介させていただきます。

これを見ていただければ、個人投資家がどのオンライン証券を利用して株の売買しているかが明確にわかりますよ。

株の個人売買におけるシェアランキング:

まず決算報告に書かれていたグラフを紹介させていただきます。楽天証券の決算報告なので楽天証券が一番右上にかかれていますが、実際にはSBI証券のほうがシェアが高いことがわかります(2014年4月~2015年3月の数値)。

f:id:cardmics:20150921194703g:plain

ランキング1位:SBI証券

オンライン証券別の口座開設数でもダントツトップのSBI証券では、個人委託売買代金においてもダントツのシェア1位。IPOの引き受け数も多いため、使えば使うほどにお得な証券会社だと言えますね(IPOは利用頻度や当選数で抽選振り分けなどがある)。

とにかく安く株式売買をしたい、IPOもついでに当選したい、株式投資をはじめるなら最大手がいい…などなどと思っている方にSBI証券はおすすめですよ。

SBI証券―ネット証券最大手の証券会社。オンライントレードでの投資をしっかりサポート―SBI証券―ネット証券最大手の証券会社

ランキング2位:楽天証券

個人取引におけるシェア第2位は楽天証券。こちらも口座開設者数第2位なので、そのまま売買代金シェアでも2位に食い込んだ形になります。

売買や投資信託残高に応じて楽天ポイントが貰えるので、普段から楽天市場を利用しているという方におすすめですね。管理画面もわかりやすいこと、そして業界でも使いやすいと話題のマーケットスピードが使えるのが魅力です(個人的にメインの証券会社)。

楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託)楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託)

ランキング3位:松井証券

第3位は老舗の松井証券。信用取引における手数料がやすかったり、デイトレ向きだったりといろいろと色のある証券会社です。

IPOの割当もある&抽選は平等抽選なので、資金力のない方がIPOを狙う場合にもおすすめ。また、1日の約定金額が10万円以下であれば取引手数料が無料なのも松井証券の魅力だと言えます。少額投資から始める方に向いていますね。

松井証券 - ネット証券/株・先物・FXの証券会社松井証券 - ネット証券/株・先物・FXの証券会社

ランキング4位:カブドットコム証券

カブドットコム証券はメディアでの宣伝が非常に上手な証券会社です。ノーロードの投資信託取り扱いが多かったりと、こちらも松井証券同様、大手に負けないような特色を売りにしているのが特徴ですね。

最近、売買手数料を大幅に引き上げたので今後は売買シェアも伸ばしていくことでしょう。三菱UFJフィナンシャルグループという強みも、カブドットコム証券の魅力です。

カブドットコム証券(ネット証券会社)|株、IPO、投信、FXと多彩な商品とサービスのラインアップカブドットコム証券(ネット証券会社)

ランキング5位:GMOクリック証券

GMOクリック証券は最近、勢いのあるオンライン証券会社。とにかく売買手数料が安い傾向にあるので、今後は口座数の割に個人委託売買代金におけるシェアは伸びてくる可能性があります。

FXにも強みがある証券会社なので、株でも為替でもガツガツとデイトレで売買したいという方におすすめです。

GMOクリック証券 - FXなど投資を身近にもっと便利にするネット証券会社GMOクリック証券

ランキング6位:マネックス証券

第6位がマネック証券です。ここも宣伝が非常に上手なのと、マネックス証券ならではのトレードツールが充実していたりするので6位といってもあなどれません(投資ツールとして手に入れておきたい)。オンライン証券の中ではもはや老舗という安心感もありますね。

マネックス証券株式会社 - ネット証券/株、投資信託などマネックス証券株式会社 - ネット証券/株、投資信託など

投資信託残高だと楽天証券のほうが多い状況:

個人委託売買代金においてはSBI証券の圧勝…といった状況にありますが、実は投資信託残高でいうと楽天証券が逆にSBIを圧倒している状況があります。つまりSBI証券利用者はデイトレやスイングトレードなどの株の売買が活況なのに対し、楽天証券利用者は長期で投資信託を使って運用する傾向にあると言えるのかもしれませんね。

こういうところもネット証券ごとの傾向や特徴が出てくるので、見ていると非常に面白いです。私はデイトレ中心による売買スタンスではないので、投資信託が買いやすい楽天証券をメインで使うようにしています。

シェアランキング結果について:

http://www.flickr.com/photos/54409856@N06/16239675472

photo by Lucas Hayas

ここまでランキング形式で証券会社シェアランキングを紹介させていただきましたが、結果はいかがでしたでしょうか?

投資初心者の中には「SBI証券なんてはじめて聞いた」という方も多いかもですが、業界的にはここがダントツの1位。知名度のある楽天証券が2位、老舗でユニークな取り組みの多い松井証券が3位に続く形となりました。

シェアが高いことには魅力がある:

仮にみなさんがこれからオンライン証券会社を利用して株取引をはじめようと思っているのであれば、まずは取引高も口座開設数も多いSBI証券や楽天証券を利用してはじめてみるのが良いかもしれませんね。

利用者や取引額が多いということはそれだけサポート体制も安定しているというだけでなく、万が一の時の対応も期待できる安心さがあります(同じように困る利用者が続出するため、問題が解決しやすい)。

加えてシェアが高い&利用者が多いこと=証券会社の経営が安定しているということでもあるので、継続したサービスの改善や取り扱い商品数の充実にも期待ができますよ。迷ったらシェアランキング上位のネット証券会社から、口座開設先をお選びください。

以上、個人委託売買代金におけるネット証券会社シェアランキング(2014年度)!個人売買はSBI証券がシェアトップで、楽天証券、松井証券が続きます…という話題でした。

投資に関する参考リンク:

その他、オンライン証券会社選びに役立つ情報を並べておきます。これから株式投資を始める方は、初めての方向けの証券会社などもチェックしてみてくださいね。

PAGE TOP