クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

年金受給者でも作れるおすすめのクレジットカードまとめ!なぜ年金生活をしているとクレジットカード審査に通りにくいかも解説。

f:id:cardmics:20170924143227j:plain

今回は老齢年金を受給して生活している方のために、年金受給者でも作れるおすすめのクレジットカードや、その審査ガイドをまとめていってみたいと思います。

年金受給者はなぜクレジットカードが作りにくいのか?とか、どのカードだったら年金生活してる人間でも作れるのか?といった疑問をお持ちの方は、是非、この記事を通してそのあたりの事情を勉強してみてくださいね。

年金受給者とクレジットカード審査:

年金受給者はカードが作りにくい:

まず、老齢年金を受給して生活をしている方の場合には、新規にクレジットカードは作りにくい状況にあります。

この理由は単純で、年金受給者というのは総じて収入が少ない傾向にあるため。要するにクレジットカードを発行したとしても、その利用代金をクレジットカード会社側で回収するのが難しいことが多い…ということなんです。

  • 年金受給者:収入が少ないので返済に困ることが多い
  • 会社員や経営者:安定収入があるので返済に困ることは少ない

こう書くと、『いやいや、私は厚生年金(共済年金)をしっかり払っていたから、月収で30万以上あるよ』という方もいらっしゃると思いますが、残念ながらクレジットカード会社ではそれを確認する方法がありません。

国民年金にしか加入していない月収6~7万円の方も厚生年金をしっかり払っていた月収30万円の方も、カード会社としてみればどちらも「年金受給者」になってしまうため、たとえ年金受給額が多かったとしても審査は厳し目になってしまうのですね(年収欄に多めの数字を書いても、その裏付けが取れない以上は違いが少ない)。

年齢が高いということもネック:

また、老齢年金受給者は言うまでもなく高齢な方が多いというのもネックです。

こちらの記事でも解説している通り、クレジットカード会社はみなさんにクレジットカードを使ってもらい、その利用代金を回収することで成り立っているビジネスモデル。

仮に縁起でもありませんが、カード保有者の方が亡くなられてしまうとお金の回収が難しくなってしまうため、若い方への発行よりもどうしても慎重にならざるを得ない事情もあります。

  • 年齢が若い方:保有者が亡くなる可能性は小さい
  • ご高齢の方:亡くなる可能性が若い方よりは高い

そのため同じ年収100万円であっても、フリーターやパート勤務の方に発行するほうがカード会社としては安心。逆に年金受給者はいつお金の回収が不能になってしまうかわからない以上、簡単にクレジットカードを持たせるわけにはいかないのです(結果、入会審査が厳しくなる)。

年金受給者でも作れるおすすめカード:

では、年金受給者はクレジットカード入手が無理なのかというとそんなことはありません。

最近では団塊の世代の方が60歳以上になったことで、年金受給者の数も急増中。それに伴って受給者の方への審査難易度も緩和されつつあるので、カードの種類によっては年金生活者でも十分にクレジットカードを入手できる可能性が出てきました。

そこで今回は年金受給者でも作れるおすすめのクレジットカードをいくつか紹介。これらのクレジットカードであれば年金収入しかない方でも作成可能なので、どのカードにするか迷ったらこの中からお好きなカードを選んでもらえればと思います。

楽天カード:

顧客満足度調査で常に1位常連の楽天カードは、公的年金の受給者であっても作れるクレジットカードの1つ。ネット上の審査結果情報を見ても、かなり多くの年金受給者の方がこのカードを入手できているので、審査難易度としてはそう難しくなさそうな感じです。

また、国民年金しか受給していない方でも、ある程度の資産があれば審査に通りやすい…というのも楽天カードのメリット。仮に収入ゼロでも銀行預金残高や土地などの不動産を持っている方なら作れる可能性があるというのも、安心材料なのではないでしょうか?

尚、楽天カードはサービス面でも言うことなし。特に楽天市場でポイントが獲得しやすい点は、通販利用が多い方とって嬉しいサービスになるのではないでしょうか?自宅に重たいビールやお水などを届けてもらってください。

 年会費無料の楽天カード クレジットカードは楽天カード

エポスカード:

マルイ系のクレジットカードであるエポスカードも、年金受給者が作れるクレジットカードです。公式サイトにも年金受給者OKの記述があるくらいなので、年金で生活されている方は安心して申込をしてもらえればと思います(入会基準を満たしているということ)。

サービス面ではカラオケボックスの割引がお得。ビッグエコーやSHIDAXなどの大手カラオケボックスなら大抵、エポスカード提示で割引が受けられるので、カラオケ好きの方におすすめですね(詳しくはこちら)。

エポスカード|エポスデザインカード EPOS DESIGN CARDエポスカード 公式

MUFGカード ゴールド:

年金で生活しているけれども、ゴールドカードくらいは欲しい…という方は、下記のMUFGカード ゴールドがおすすめ。年会費2,000円程度で持つことが出来るゴールドカードなために家計への負担が少ないこと、そして年金受給者でも申込資格がある点などが魅力ですね。

「今さら年会費無料カードは持てないな…」という方は、こちらを狙ってみてください。

MUFGカード ゴールド | ゴールドカード(MasterCard・Visa・JCB)なら三菱UFJニコスMUFGカード ゴールド | 三菱UFJニコス

障害者年金でもクレジットカードは作れる:

今回の記事では国民年金、共済年金、厚生年金といった公的年金受給者でも作れるクレジットカードについて書いていますが、実はこれらのクレジットカードは障害年金の受給者でも作れる可能性があるカードとなっています。

つまりどんな年金の種類にせよ、安定的に毎月入ってくる収入さえあればクレジットカードが作れる可能性あり。そのため、障害者年金を受給している方もカード保有を諦めず、申込に挑戦してもらえればな…と思います。

クレジットカードを作ろう:

f:id:cardmics:20170819200642j:plain

ここまで年金受給者のクレジットカード審査とおすすめカードを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?このように今やクレジットカード作成もそう難しいものではないので、年金生活だからといって諦めずに是非、この機会にカード申し込みをしてもらえれば幸いです。

以上、年金受給者でも作れるおすすめのクレジットカードまとめ!なぜ年金生活をしているとクレジットカード審査に通りにくいかも解説…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカード審査ってどんなことをしているの?という疑問をお持ちの方は、下記記事もあわせてご覧いただければと思います(審査の流れを図解で解説しています)。

news.cardmics.com

PAGE TOP