クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

国際線向けの航空機遅延保険付きクレジットカードまとめ!海外出張や海外旅行によく行く方は、飛行機遅延時に役立つカードを持とう。

f:id:cardmics:20170531190358j:plain

今回は国際線の移動が多い方向けに、航空機遅延保険という保険が付いているクレジットカードをまとめてみたいと思います。

航空機遅延保険とはカンタンにいえば、飛行機が遅れてしまった時の損害を負担してくれる保険のこと。残念ながら1~2時間程度の遅延では保険代が支払われることはありませんが、4時間を超える遅延だったり、出発便の欠航などがあった時には申請可能なので、飛行機での移動が多いという方にはなにかと役立つ保険なんです。

そのため是非、海外への移動が多い方は、この機会に国際線向けの航空機遅延保険が付いているクレジットカード作成を検討してみてください。特に遅延が多発する地域への渡航が多い方だったり、LCC利用が多い方におすすめですよ(国内線向けの航空機遅延保険付きカードについては下記をどうぞ)。

海外航空機遅延保険付きカードまとめ:

早速、海外航空機遅延保険付きのクレジットカードを紹介していきます。

セゾン ゴールドアメックス:

セゾンカードがアメリカン・エキスプレスと提携して発行しているこのゴールドカードには、最高3万円までの保険金申請が可能な海外航空機遅延保険が付いています。

この3万円という金額&補償内容は数多くあるクレジットカードの中でもトップクラス。飛行機によく乗るという方であれば年会費負担をカンタンに航空機遅延保険による保険金収入で補うことができると思います。

  • 遅延時の食事代だけでなく、宿泊費や宿泊場所へのタクシー代も保険金の対象。

とにかく手厚い補償のついた航空機遅延保険を利用してみたい…という方はこのカードがおすすめですね。ロストバゲージなどで手荷物が届かない時の補償も最高10万円までと手厚いのでこちらもお得です。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード (セゾン・ゴールド・アメックス|SAISON GOLD AMEX)セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 

MUFGカード プラチナアメックス:

クレジットカード発行大手、MUFGカードが発行しているプラチナカードも、国際線向けの航空機遅延保険が付帯しているクレジットカードです。

こちらの魅力はなんといっても国際線だけでなく国内線にも航空機遅延保険が適用されるということ。海外だけじゃなく国内移動も多いという方にはおすすめですね(しかもどちらも手続き不要で保険加入になる自動付帯!)。

  • 国内線向けの航空機遅延保険:自動付帯
  • 国際線向けの航空機遅延保険:自動付帯

また、プライオリティパスの発行も無料で可能なので、海外渡航時に航空機の遅延が発生してしまった場合には、空港内にあるラウンジスペースでくつろぎながら離陸を待つことができます。あの、いつになったら離陸するかわからない時こそ、ラウンジが重宝しますよ。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード プラチナカードなら三菱UFJニコスMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード 

三井住友VISAプラチナカード:

三井住友VISAカードのプラチナカードにも海外航空機遅延は自動付帯(国内線は航空機の料金支払いで加入となる利用付帯)。

  • 国内線向けの航空機遅延保険:利用付帯
  • 国際線向けの航空機遅延保険:自動付帯

但し、こちらは前述のクレジットカード等と比べると補償内容にやや見劣りする部分が見られるので、三井住友VISAカードを選ぶ場合には、航空機遅延保険以外の部分の魅力で選ぶようにしてください。

単純に世界中で使えるVISAプラチナカードがほしいぞ!という方向けのカード…といった感じですね。

プラチナカードでワンランク上のサービスを|クレジットカードの三井住友VISAカード三井住友VISAプラチナカード

国際線向け航空機遅延保険の知識:

ここで航空機遅延保険についての知識をまとめておきます。飛行機での移動が多いという方は、これらの知識を予め覚えておくとどういった時に保険申請ができるのかがわかるようになりますよ。

4時間以上の遅延が発生した場合のみ申請可能:

まず、海外渡航便の遅延保険については4時間以上の遅延が発生した場合のみ申請可能です。これは離陸時間ではなく到着時間で判定されるものなので、航空機の大幅遅延が発生した場合には到着空港で『遅延証明書(Delay certificate)』をもらい、どのくらい着陸が遅延したのかを確認してもらえればと思います。

  • 4時間以上の遅延:航空機遅延保険の対象
  • 4時間未満の遅延:対象外

また、航空機が欠航してしまった場合にも保険申請のための証明書が必要なので、航空会社から必ず欠航証明書(Canceled certificate)をもらうようにしてください*1

保険申請が可能なのはカードによって違う:

では実際に飛行機が大幅に遅延してしまった場合にはどのような費用を航空機遅延保険で補ってもらうことができるのかというと、これは実はクレジットカードによって異なります。

例えば今回紹介させていただいたセゾンのゴールドアメックスの場合には現地での食事代、宿泊費、滞在場所へのタクシー代などについても申請すれば保険金がおりますが、三井住友VISAプラチナカードでは残念ながら食事代のみがその補償対象となっているので注意が必要です。

また、出発遅延と乗り継ぎ遅延、つまり乗り継ぎの空港で遅延が発生してしまった場合でも話は別。セゾンゴールドアメックスであればどちらもホテル代を含めた保険金がおりますが、三井住友VISAカードの場合には乗継便の遅延に関してのみ、ホテル代も保険対象となります(このあたりはちょっと複雑ですね)。

  • 出発空港での遅延か、乗り継ぎ空港での遅延かによって航空機遅延保険の補償内容は異なる(主に乗り継ぎ空港での遅延のほうが手厚い)。

テロや噴火などの自然災害は対象外:

あと、いくら航空機が遅延や欠航をしたとしても、テロや戦争、噴火や大地震といったものが原因の遅延については保険の対象外です。こればかりは保険会社でも補償していられる状況ではない…というのがその理由ですね。

反面、エンジントラブルや大雪、台風、砂嵐などなどについては遅延補償の対象。夏のシーズンに東南アジア諸国に移動する機会が多い方や、冬のロシアやカナダなどの極寒の地への移動が多い方などは航空機遅延保険があるだけでもだいぶ助かることでしょう。

  • 免責:テロ、戦争、噴火、大地震による遅延や欠航
  • 対象:エンジントラブル、大雪、台風、砂嵐などの天候によるもの

たぶん海外渡航向けの航空機遅延保険で得られる保険金だけで、クレジットカードの年会費負担くらいカンタンに回収できてしまうものと思いますよ。

航空機遅延保険を活用しよう:

f:id:cardmics:20170613001632j:plain

最後にですが、飛行機遅延保険についてはよほど頻繁に飛行機の乗るという方以外はそれほど必要な保険ではありません。

しかし、今回紹介したクレジットカードには別に、海外旅行傷害保険と呼ばれる、海外旅行時の医療保険&損害保険も付いているので、年に数回は海外に行くという方ならこれらのカードを持っても決して損はなし。是非、年会費を払って海外での安心&安全を手に入れてみてくださいね*2

以上、国際線向けの航空機遅延保険付きクレジットカードまとめ!海外出張や海外旅行によく行く方は、飛行機遅延時に役立つカードを持とう…という話題でした。

参考リンク:

海外旅行傷害保険に無料で加入できる方法については下記記事も参考にどうぞ。補償内容はそれほど手厚くはありませんが、こういったやり方でも旅行保険に入れるんだということがわかりますよ。

news.cardmics.com

*1:格安航空会社LCCの中には、欠航証明書は空港ではなく公式サイトからの郵送取り寄せしか出来ないところもあります。どの方法で入手できるかについては、欠航&遅延を起こしてしまった航空会社にご確認ください。

*2:ちなみに私も先日、うまれてはじめて航空機遅延保険を利用することが出来ました(国内の新千歳空港から羽田空港への便が大雪で遅延したため)。その時の話題はこちらの記事を参考にどうぞ。

PAGE TOP