クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

18歳や19歳といった未成年でも作れるクレジットカードまとめ!但し、20歳未満がカードを作る場合には、親権者の同意が必要です。

Young man attends Global Festa Japan 2012 and answers the questions "What Will it Take?"  to improve lives

今回は18歳や19歳といった、未成年でも作ることができるクレジットカードや、その作成時における注意点などをまとめた記事を書いてみたいと思います。

20歳未満だけどクレジットカードを作りたい…という方は是非、参考にしてみてくださいね。

未成年のクレジットカード作成について:

カードが作れるのは原則18歳以上:

まず、クレジットカードを作ることが出来る年齢は原則18歳以上。それ以下の17歳や16歳といった年齢の方は、たとえ中卒後に社会人として働いていたとしてもクレジットカードを入手することは出来ません。

  • 18歳、19歳:カード作成可能
  • 17歳以下:原則、カード作成不可

『いやいや、友達が17歳だけど、クレジットカードを持っていたよ?』と思う方もいるかもですが、それらのカードはたぶんクレジットカードではなく、デビットカードやプリペイドカードと呼ばれるもの。

こちらであれば15歳といった年齢でも作ることは出来るので、興味がある方は楽天銀行あたりで銀行口座を開設して、JCBデビットカードを入手してもらえればなと思います(クレジットカードとデビットカードの違いはこちらを参照)。

高校生は例外を除き作れない:

それでは18歳以上であれば誰でもクレジットカードを作れるのか…というと、実はそうではありません。残念ながら18歳は18歳でも、高校生はクレジットカードを作ることが出来ないの決まりとなっています。

つまりあくまでクレジットカードを作れるのは、専門学校生や大学生といった高校よりも上の学校に通っている方か、中学校や高校卒業と同時に社会人として働いている18歳以上の方が対象ということ。高校生の場合には例外を除き、一切作ることは出来ないので挑戦するだけ無駄なことでしょう。

  • 高校生:カード作成不可
  • 大学生:カード作成可能
  • 専門学校生:カード作成可能
  • 短大生:カード作成可能
高校生の例外とは?

ちなみに高校生でもクレジットカードを作ることが出来る例外とは、海外留学に行く予定がある方の場合。

海外留学先ではクレジットカードがないと不便で危ない…という場合に限り、クレジットカード会社が特例でカードを発行してくれるケースがあるので、どうしても必要という方は相談をしてもらえればなと思います。

まぁその場合でも高校生本人による申込ではなく、両親などの親権者がクレジットカードを申し込みし、その家族カードを発行する形での保有になる可能性大(家族カードの解説はこちら)。結局、高校生のうちからクレジットカードを作れることにはならないことでしょう*1

親権者の同意が必要:

最後に大学生や専門学校生といった学生だけでなく、社会人として働いている10代の方であっても、クレジットカード作成には親権者(両親などの保護者)の同意が必要になります。

これは法律によって定められた作業なので、どんなに親にバレずに申し込もうと思って親権者の同意なくクレジットカードを作ることは出来ません。10代のうちからカード作成をするなら、予めこの点は了承しておいてもらえると助かります(電話やハガキ等で、同意をした親権者には連絡がいきます)。

おすすめクレジットカード:

楽天カード:

10代の未成年でも作りやすく、それでいてお得なクレジットカードといえば、やはり楽天カードが断トツおすすめ。顧客満足度調査でも常に1位を獲得しつづけているクレジットカードなので、はじめてクレジットカードを作るという方ならこのカードからはじめるのが無難です。

強みはポイントが貯まりやすく、楽天提携店でポイント優遇が受けられる点。気付けば大量のポイントが溜まっていた…なんてこともザラなので、家計の節約を考えるなら楽天カードが必携ですよ。

 楽天カード 公式サイト楽天カード 公式サイト

ライフカード:

年会費無料&発行費用無料で持つことが出来るライフカードもおすすめ。このクレジットカードはETCカード発行も無料なので、車社会である地方在住の方ならこのカードから始めるのもおすすめだと言えます。

また、学生の方向けに「学生専用ライフカード」というクレジットカードも存在するので、大学生や専門学校生はそちらもあわせてご検討ください。海外旅行に行った時にかなり役立ちます。

クレジットカードはライフカードクレジットカードはライフカード

エポスカード:

カラオケ好きな10代の方におすすめなのがエポスカード。ビッグエコーやSHIDAX、カラオケ館といったカラオケボックスでの割引が豊富に備わっているので、このカードを持っているだけで大きな節約になります。

また、丸井デパートでの割引も魅力なので、洋服や靴などを丸井で買い物をしている方にもおすすめですね。年4回の10%オフ期間は見逃せません。

エポスカード 公式サイトエポスカード 公式サイト

MUFGカード ゴールド:

18歳や19歳といった未成年でも作ることが出来るゴールドカードが、MUFGカード ゴールド。もちろん審査は他のおすすめカードより若干、厳しくはなるかもですが、学生の身分だったり、しっかりと正社員として働いているという方なら、10代のうちからゴールドカード保有者になることも夢ではありません。

是非、同僚や同級生に差を付けるためにも、夢のゴールドカード入手に挑戦してみてくださいね。

MUFGカード ゴールド | ゴールドカード(MasterCard・Visa・JCB)なら三菱UFJニコスMUFGカード ゴールド | 三菱UFJニコス

クレジットカードを作ってみよう:

Job Applicants

ここまで未成年のクレジットカード作成における基礎知識から、おすすめカードまでを紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

クレジットカードに対してどこか怖い印象をお持ちの方は多いですが、使い方さえ間違わなければカードは現金払いよりも安全な支払い手段。仮に不正利用されたとしても盗難保険という有り難い保険があなたの被害額をカバーしてくれるので、店頭やネット通販等で、安心して利用することが出来ますよ(詳しくは下記記事にて)。

さあ、クレジットカードを作りましょう!

以上、18歳や19歳といった未成年でも作れるクレジットカードまとめ!但し、20歳未満がカードを作る場合には、親権者の同意が必要です…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードをまだ作ったことがないという方は、下記記事も参考に。初心者の方が疑問に思いがちな点について、かなり詳しくまとめています。

news.cardmics.com

*1:ついでに言うと、高校を留年してしまった19歳の高校生もたぶんクレジットカードは作れません。高校生という身分の人間にクレジットカードを発行すること自体が出来ないと思われるので、何歳だろうが高校在学中は発行を諦めてもらえればと思います。

PAGE TOP