クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Tポイントに押され気味だったPontaにプリペイドカード機能が搭載!『おさいふPonta』は使い方次第で面白い支払方法になりそう。

f:id:cardmics:20151030002455g:plain

ローソンや昭和シェルなどで貯めることが出来る共通ポイント制度『Ponta(ポンタ)』。

このポンタがJCBやセゾンカードと提携をして、『おさいふPonta(おさいふポンタ)』という名前のプリペイドカードの発行を2015年11月3日より開始するようです。ローソンが公式リリースで発表しました。

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長 玉塚 元一、以下「ローソン」)は、株式会社クレディセゾン、株式会社ジェーシービー、および株式会社ロイヤリティ マーケティングと協業し、2015年11月3日(火)より、JCBブランドのプリペイド機能付きPontaカード「おさいふPonta」の発行を開始いたします。

「おさいふPonta」はローソンが発行するPontaで初めてのプリペイドカードとなります。

JCB加盟店で使えるプリペイドカード:

おさいふポンタの特徴をざっくりと言うと、JCBカードが使えるお店(加盟店)でも使えるプリペイドカード

事前にローソンのレジなどでおさいふポンタに入金しておくと、コンビニのローソンだけでなく、全国各地に900万店あるJCB加盟店でも支払いに使えるようになるというのがその特徴ですね。

例えるならSuicaやau WALLETみたいなもの:

まぁおさいふPontaを例えるならSuicaやau WALLET、そして最近でいうとTマネーのようなものだと思っていただければ間違いないことでしょう。とにかく先にお金を入金しておかない限りは支払いで使えないカードとなります。

  • 従来のPonta:提示をしてポイントを貯める機能のみ
  • おさいふPonta:提示をしてポイントを貯められるだけでなく、事前にチャージをしておけば支払いに使うことも出来る

おさいふPontaの保有メリットは?:

http://www.flickr.com/photos/82365211@N00/7479015356

photo by kalleboo

ではおさいふPontaならではの保有メリットにはどんなものがあるのでしょうか?ざっくりとまとめるとこんな感じになります。

  1. JCB加盟店で利用すると500円で1ポイント、Pontaポイントが貯まる
  2. クレジットカードが持てない方でも作成&利用できる
  3. クレジットカードでおさいふPontaにチャージできる

それぞれ簡単に説明していきましょう。

1.500円で1ポイント、Pontaポイントが貯まる

おさいふPontaをJCBカードが使えるお店で支払いに使うと、500円の利用につき1Pontaポイントを獲得することが出来るメリットがあります。

  • おさいふPontaは500円利用につき1Pontaが貯まる

ただこれ、ポイント還元率にしてわずか0.2%程度なので、普通にクレジットカードを持つことが出来るという方は、最初からポイントが貯まりやすいカードを使ったほうが無難です(ポイントが貯まりやすいカードはこちら)。

2.カードが持てない方でも作成&利用できる

2番目はクレジットカードを理由あって作ることが出来ない方でも、おさいふPontaは発行&利用することが出来るということ。

  • 発行費:無料
  • 年会費:無料
  • 発行スピード:即、発行可能

こちらについてもau WALLETやTマネーなどでも同様なので、おさいふPontaならではのメリットというわけではありませんが、普段からローソンを使うことが多いという方には魅力的に見えるかもしれません。

3.クレカでおさいふPontaにチャージできる

個人的に一番期待しているのは最後のこれ。クレジットカード払いでおさいふPontaに入金(チャージ)が出来るという点です。

たとえばポイント還元率1.0%の楽天カードでおさいふPontaにチャージが出来るとすると、まず、チャージで1.0%のポイントを獲得可能。その後、JCB加盟店で利用することで0.2%分のポイントを上乗せできるとなれば、節約に効果的なプリペイドカードになりそうな気がしますよね。

  • 楽天カード払い:ポイント還元率1.0%
  • 楽天カードでおさいふPontaをチャージし利用:ポイント還元率1.0%+0.2%=1.2%*1

ただクレディセゾンとJCBが絡んでいることを考えると、もしかすると『おさいふPontaのチャージはセゾンかJCBブランドのカードのみ』なんて条件が付いてしまうのかもしれません。このあたりは正式におさいふPontaの発行が開始される、2015年11月3日以降にまた、調査の上、記事にさせてもらおうと思います(追記:おさいふポンタのチャージではポイントが貯まらない&手数料がかかることが判明。)。

以上、Tポイントに押され気味だったPontaにプリペイドカード機能が搭載!『おさいふPonta』は使い方次第で面白いカードに…という話題でした。

参考リンク:

最近はほんとプリペイドカードの発行が盛んになりつつありますね。

Suicaや楽天Edyといったプリペイド型電子マネー、そしてiDやQUICPayといったポストペイ型電子マネーなどなど、いろいろな電子マネーが現在では存在しているので、是非、この機会に「自分に適した電子マネー」というものを見つけてみてもらえればと思います(電子マネー関連のニュースを並べておきます)。

*1:サービス開始前の憶測なので、実際にこのポイント還元率が得られるとは限りません。

PAGE TOP