クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

オリックスレンタカーで銀聯カード払い導入!香港や中国からの訪日外国人に、レンタカーを利用してもらうための導入のようです。

f:id:cardmics:20171006224913j:plain

オリックスレンタカーでは2014年10月1日より、中国や香港の方が保有していることの多い国際ブランド『銀聯』の取り扱いを始めたようです。アクワイアラー*1である三井住友カードがニュースリリースで発表しました。

オリックス自動車株式会社(本社:東京都港区、社長:亀井 克信、以下:オリックス自動車)と三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)は、香港からの訪日客などを対象に、国慶節(※1)の連休にあわせて 2014年10月1日より、北海道と沖縄のオリックスレンタカー全拠点で「銀聯(ぎんれん)」決済サービスを開始しますのでお知らせします。

オリックスレンタカーへの銀聯決済導入について:

中国人観光客を狙った決済導入:

銀聯カードの決済受付を開始する理由はもう、説明するまでもありませんよね。近年、増加傾向にある中国や香港からの外国人観光客に、自社レンタカーサービスを利用してもらうための導入だと思われます。

オリックスレンタカー側ではまず、香港からの利用客が多い北海道と沖縄の38拠点で銀聯カード払いを受付開始し、今後は全国全ての営業所で銀聯OKにする模様。まぁこれも、時代の流れといえばその通りなのでしょう。

  • 北海道や沖縄:中国人観光客に人気なため先に整備
  • その他の地域:少しずつ銀聯カード決済に対応

こうした背景をもとに、香港からの訪日客が国内で「銀聯カード」を利用する割合も伸びていることから、「オリックスレンタカー」では、従来のクレジットカード決済機能に加え「銀聯」決済にも対応することで決済手段を拡充し、訪日客の取り込みを図ります。

まずは、香港からの旅行客に特に人気が高く、かつレンタカーでの観光ニーズの高い北海道と沖縄の全38拠点でサービスを開始します。

以上、オリックスレンタカーで銀聯カード払い導入!香港や中国からの訪日外国人に、レンタカーを利用してもらうための導入のようです…という国内ニュースでした。こんな感じで今後も、銀聯決済を導入するお店は増加していきそうな感じです。

参考リンク:

オリックスレンタカーのように、今、銀聯カード決済を導入するお店は増加中。下記記事でも紹介している通り、銀聯カードを使えるようにすると外国人観光客がお金を落としてくれやすくなるのでおすすめです。

news.cardmics.com

*1:アクワイアラー=クレジットカード決済を担当している会社のこと(お店にクレジットカード決済を導入するためには、その決済を処理してくれるカード会社や代理店と契約を結ぶ必要性があります)。

PAGE TOP