クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

オリコカード・ザ・ポイントのデメリットは、オリコポイントの有効期限が1年間という点。年間カード利用額が少ない方は注意を!

http://www.flickr.com/photos/57113749@N07/5374200948

photo by DafneCholet

2014年6月から発行が開始されたオリコカード・ザ・ポイント(Orico Card THE POINT)。

このクレジットカード、見れば見るほど魅力的なクレジットカードなわけですが、落とし穴はないのでしょうか?そのあたりについて少し調査してみました。これから発行しようと思っている方は、そのデメリットを理解した上で作ってみてくださいね。

オリコポイントの有効期限が1年間:

オリコカードザポイントの最大のデメリット、それはオリコポイントの有効期限が1年間しかないという点です。

年間利用額があまり無いという方や、うっかりポイント交換を忘れてしまいがちな方の場合には、『うわぁ~1,000円分のポイントが失効しちゃった~』なんてことが頻発することになるので、あまりおすすめ出来ないかもしれません。

  • 作成してOK:ポイント管理がしっかり出来る人
  • 作成しないほうがいいかも:ポイント交換を忘れがちな人

ポイント獲得があっても問答無用で失効:

オリコカードザポイントの場合にはポイント獲得の有無に関わらず、問答無用で獲得から12ヶ月後の月末でポイントが失効する制度が採用されています。

反面、有効期限が同じ1年に設定されている楽天カードは、ポイントを最後に獲得してから1年間…というような有効期限が更新されていくタイプ。この場合には常にカード払いをしている限り、実質的にポイントの有効期限が存在していないことになります。

そういう面でオリコカードザポイントには大きなデメリットあり。

まぁポイントの有効期限にさえ常に気をつけることができればオリコカードザポイントでも問題はないので、1年に1度はきちんとチェックして、ポイントを消化するようにしてくださいね(せめて2年間だと楽なんですが、ポイントを高還元率にするためには失効を早める必要性があったと思われます*1)。

ポイント交換は500ポイントから可能:

ちなみに。

オリコポイントの交換は500ポイントから可能なため、5万円以上のクレジットカード利用を1年間にする方であれば、ポイント失効を気にする必要性はないかもしれません(交換忘れが怖いですけどね)。

くどいようですがポイント交換さえ忘れることがなければ非常に良心的なポイント制度であると言えるので、有効期限が1年間であってもそれほど気にする必要性はないと思いますよ。詳しくは下記公式サイトをご覧いただければと思います。

その他のデメリットは無し:

http://www.flickr.com/photos/13897165@N00/2837855969

photo by Andreanna Moya Photography

その他、オリコカードザポイントのデメリットはほとんどありません。

強いて言うなら入会キャンペーンから半年経過後には、ポイント還元率が1.0%になってしまう点がありますが、1.0%でも充分に高還元率なのでデメリットというべきものでもないかと思いますね。

以上、オリコカード・ザ・ポイントのデメリットは、オリコポイントの有効期限が1年間という点。年間カード利用額が少ない方は注意を…という話題でした。

文末リンク:

オリコカードザポイントについてもっと詳しく知りたい…という方は、下記記事も参考にどうぞ。現在、お得な入会キャンペーンも実施されていますよ。

*1:オリコポイントを失効させてしまう人が多くなればなるほど、その他の人にポイント還元できるということ

PAGE TOP