クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードに対する意見や扱い方は利用頻度次第で、こうも変わるものなのだと気付く!

http://www.flickr.com/photos/45604773@N00/6047270647

photo by Upper Pond/jane

クレジットカードのサインを、馬鹿正直に漢字のフルネームサインにしてませんか?』に対していただいた意見をもらって、色々と勉強させていただきました。正直、ここまでコメントをいただくとは思ってもみなかったので逆に新鮮な感じ。

で、考えてみました、この意見の違いってどこか生まれるのかと。そこで至った結論としては、結局はクレジットカードの利用頻度で、だいぶ違うという点です。

普段からカードを使っていると稀にしか使わない人は違う:

普段から頻繁にクレジットカードを使っている層の方の場合、『毎回サインするの面倒だ!』という、私とほぼ同じような意見を持っていると思うんですよね。月に30回も40回もカード払いをするわけですから、積み重なっていくと面倒になるもの。サインを最初は漢字できちんとしていたのに、気付けば崩した漢字サインになっている方も多いことでしょう。

反面、月に1度や年に数回程度、もしくは海外でしかクレジットカードを使ったことがないという方の場合には、『サインくらいフルネームで書けよ』って話になる。これも当然だと思うんです。カードを使うというのは稀な経験なため、神聖な契約書にサインする感覚に近いはず…。

そうか、なるほど!と思いました。

私はこんな状況:利用明細書が2枚、3枚になる経験

私も昔は、漢字のフルネームサインでした。

それが頻繁にクレジットカードを使うようになって、利用明細書が2枚、3枚になってしまう月が出てくるようになると、このサインがとにかく面倒に。スラスラと書けるローマ字の筆記体に変更した経験があります。

更に使い慣れてくるとぐにゃぐにゃに:

更に3年、5年とそんな生活をしていると、ローマ字の筆記体サインが、更に簡易的なものになっていくんですよね。素早く書けるサインに変わっていくという感じです(カード裏面のサインももちろん変更)。

そして、今や1秒くらいでスラっと書ける、ぐにゃぐにゃサインに変化…。誰が見ても何って書いてあるかわかりません、私自身でもです(^_^;)。

こういう状況だからこその記事でした。カード利用頻度が高い方であれば、同じような経験を必ずと言っていいほどされているはずです。

知って欲しかったのはサインはなんでも良いという点:

個人的にみなさんに知って欲しかったのは、サインは漢字でもローマ字でも、フルネームじゃなくても良いんだという点だけだったのです。漢字のフルネームサインを否定するものではありません。タイトルが悪い点も含め、本当にすいません。

今後はもう少し、頻繁にカード払いを利用する自分の主観ではなく、ライト層を含め、多くの方にとって有益な文章にしないとなと思いました。

糧にさせてもらいます!

文末リンク:
PAGE TOP