クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

1人でも多くの人に伝えたい、お金に困った時に知っておくべき5つの知識!ヤミ金から借りてしまうと、その先に待ってるのは地獄だけです。

f:id:cardmics:20170717002448j:plain

今回は『お金に困った、どうしよう…』という方を1人でも多く救うために、金欠時に役立つお金の知識をわかりやすくまとめてみました。

どれも初歩的な内容ばかりですが、こういった知識を知っているのと知らないのとでは大違いなので、「そういやお金のこと、よくわかっていないな」という方は是非、最後までしっかりと読むようにしてください。

正しい知識を手にいれれば、金欠というピンチもラクラクと乗り切れるはずですよ。

お金に困った時に知っておくべき5つの知識:

1.返済が出来なくてもとりあえず電話:

 お金に困った…という時に一番重要なこと、それはクレジットカードやローンの返済ができないことがわかったら、引き落とし日までに相手側に連絡をいれることです。

こう書くと、『えっ?お金の返済ができないんだから電話してもしょうがないでしょ?しかも電話口で怒られるかもしれないんだから、なんか嫌だよ。』と思う方も多いかもしれませんが、これはあなたが誰かにお金を貸した時のことを考えればわかりやすいはず。

仮にその相手があなたがお金を貸した瞬間に連絡がつかなくなってしまったり、返すと約束した日になってもなにも連絡してこなかったらどうでしょうか?きっとあなたは「なんて信頼できないヤツなんだ!」と怒ってしまうに違いありません。

事前に連絡があったらどう思うか?

では、返済日までに電話がかかってきて、『ごめん、明日の返済なんだけどちょっとフトコロが厳しくて返せなそうなんだ』と事前に連絡がきたらどう思うか。

これについてはケースバイケースだとは思いますが、人によっては「しょうがないな、それじゃいつまでに返せるんだ?」と相手にたいして妥協をする人も多いはずです。

  • 連絡もなく返済もない:
    信用できないヤツだと怒ってしまう可能性大
  • 事前に連絡があって返済がない:
    まだ信用してみようかなと思えるかも?

つまり、私が言っている「返済日までに連絡を入れておくべきだ」というのはそれをクレジットカード会社やローン会社に対してやってください…ということ。

この電話があるかないかで、お金を貸している側のあなたに対する信用は変わってくるものなので、『とにかく今すぐ全額返せ!』と急な返済をもとめられたり、自宅に取り立てに来てほしくないと思うなら、怖いかもしれませんが事前に電話あるのみなんです。

電話で怒られることは少ない:

ちなみにあなたが今までクレジットカードやローンの返済に遅れたことがない…という場合なら、たとえ返済ができないと伝えた場合でも電話口で怒られることはまずありません。

それどころか『どうすれば返済できますか?』といった質問をされ、返済金額を減らすなどの対応を取ってくれることがほとんどなので、とにもかくにも返済ができなくなりそうだったら電話で相談するに限りますよ(これをリスケジュールと言います)。

詳しくは下記記事もあわせてお読みください。

news.cardmics.com

2.市町村の救済制度を利用しよう:

お金に困った時に知っておきたいこと、2つ目は市町村がお金を貸してくれる「公的融資制度(こうてきゆうしせいど)」というものの存在を知っておくことです。

まぁなんだか言葉のひびきが難しそうなこと、そして手続きが面倒くさい…といったデメリットがあるため、なかなか利用する方はいないのですが、消費者金融や銀行カードローンとくらべてほとんど金利がかからない形でお金を借りることが出来るので、時間に余裕がある方なら最寄りの市役所や区役所、町役場などに相談をしてみてください。

聞き方としては「生活福祉資金(せいかつふくししきん)を借りたいんですが?」といえば、あとは手続き方法などを優しく教えてくれるはずです*1*2

生活福祉資金について

「生活福祉資金貸付制度」は、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。

本貸付制度は、都道府県社会福祉協議会を実施主体として、県内の市区町村社会福祉協議会が窓口となって実施しています。低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯等世帯単位に、それぞれの世帯の状況と必要に合わせた資金、たとえば、就職に必要な知識・技術等の習得や高校、大学等への就学、介護サービスを受けるための費用等の貸付けを行います。

また、本貸付制度では、資金の貸付けによる経済的な援助にあわせて、地域の民生委員が資金を借り受けた世帯の相談支援を行います。

連帯保証人付きなら金利ゼロ:

尚、気になる金利ですが、連帯保証人を誰かに依頼できる場合には無利息、つまり金利ゼロでお金を借りることが可能

『残念ながら自分には相談できる相手なんていないよ』という場合でも、年利1.5%でお金を借りることができるので、金利負担で苦しんでいる方はとにかく相談してもらえればな…と思います。

  • 消費者金融や銀行カードローン:だいたい年利10%~18%
  • 生活福祉資金:連帯保証人付きなら金利0%、保証人がいないなら年1.5%

他、国や市町村が助けてくれる制度については下記記事を参考に。給付金など実質タダで貰うことが出来るものもあるので、お金に困ったらどのような制度があるかを一通り把握しておくのがおすすめです。

news.cardmics.com

3.大手消費者金融は決して怖くない:

お金に困った時、知っておくべきこと3つ目は、「テレビCMをやっているような大手の消費者金融は決して怖くない」ということ。

こう書くと『そんなこと知ってるよ』という方も多いかもしれませんが、人によっては消費者金融とヤミ金を混同し、「消費者金融からお金を借りてしまったら、臓器を売れと脅されるかも…」と、過剰に消費者金融を怖がっている方も多いものなんです。

実際、Yahoo! JAPANが運営しているヤフー知恵袋という場所には、下記のような質問が多く寄せられているほど。この辺の事情にちょっと詳しい人なら「そんな馬鹿な…」と思えるような質問ばかりだと思いますが、多くの方にとって消費者金融とヤミ金は似た存在なんですね…。

プロミスや、アイフルは、ヤミ金なんでしょうか?
消費者金融とヤミ金の違いを教えていただきたいです!汗

プロミスとアコムは闇金ですか?

アコムやプロミスからお金借りてるって反社会的勢力に献金した人って認識で大丈夫ですか?

結果、消費者金融を必要以上に怖がり、クレジットカードのショッピング枠現金化に手を出してしまったり、電話で勧誘してくるような怪しいヤミ金業者を利用してしまう方が後を絶たない状況あるので、繰り返しになりますが、消費者金融は怖くないということを知ることが大切なのです(銀行カードローン=大手消費者金融と思って間違いない)。

なぜ消費者金融は怖くないのか?

ではなぜ、消費者金融は怖くないのか…というと、これはテレビCMを放送できるほど健全に運営しているから*3

逆に臓器を売れだの、夜中に自宅にやってきてドアを蹴飛ばすなどの違法な取り立てをした日には、すぐテレビや雑誌、新聞で記事になってしまうので、テレビCMなど続けることはできません。

  • 違法な取り立てをする:企業イメージが悪化するどころか社会問題になり、テレビCMも放送できなくなる

つまりあれだけ多くのテレビCMを放送できているということは、違法な取り立てをしていないなによりの証拠。

もちろん違法に金利を取ったり、借りたお金がいつの間にか増えている…といった詐欺行為も大手消費者金融では一切しないので、安心してお金を借りることができますよ(消費者金融とヤミ金の違いは下記記事にて)。

news.cardmics.com

尚、お金に困ったらすぐ消費者金融を使ったほうがいいよ…と言っているのではなく、必要にせまられた場合にはヤミ金やクレジットカード現金化を使わずに消費者金融を頼るのがいい…というだけの話です。

極力、消費者金融を使わないことにこしたことはありませんので、まずは前述の生活福祉資金を借りることを検討いただければなと思います。

4.どんな理由があってもヤミ金は使わない:

お金に困った時に知っておきたいこと、4つ目は「どんな理由があってもヤミ金からお金を借りてはいけない」ということ。

『明日の返済に困っててどうしてもあと10万円必要』とか、『この支払いをちゃんとしておかないと携帯電話が止められてしまうんだよ』などなど、世の中にはお金が必要になる理由は無数にあるとは思いますが、それらを含め、どんな理由があろうともヤミ金からはお金を借りてはいけません

ヤミ金を利用すると家族や友人を巻き込む:

この理由は単純で、ヤミ金を利用するとあなたの借金があなたの問題だけでは済まなくなるため。

ヤミ金というのは言わば『違法なカネ貸し業者』なので、法律違反なお金の取り立てはもちろん、拉致・監禁、脅しなどの脅迫、器物破損などなど、どんな方法を使ってもあなたからお金を取ろうとしてきます。

そしてその範囲はあなた個人だけでなく、あなたの家族、友人、会社の同僚、ご近所さんなどなどにも「○○さんがお金を返してくれないんですよ。代わりに返済してくれませんかね?」といった脅しが行くことに。

結果、あなたの大切にしている家族関係が壊れてしまうだけでなく、近所トラブルによる引っ越し、会社からの解雇などなど、人生そのものが破壊されてしまうだけ。だったら最初からヤミ金など使わないに限るので、「もはやヤミ金からお金を借りるしかない…」という状況まで返済が行き詰まってしまったら、後述する自己破産を検討してください

そのほうが家族との関係も破壊されず、引っ越しも転職も必要ない分だけいくらでもやり直しがききますよ。反面、ヤミ金を利用してしまえばそれすらも壊されてしまうので、繰り返しになりますが絶対に利用しないようにしてもらえればな…と思います。

  • ヤミ金を利用:あなただけでなく、周りの人間まで危険
  • ヤミ金を利用せず自己破産:周りに迷惑をかけることがない
返済できる予定があるなら大丈夫?

ちなみに。

「すぐに返済予定があるからヤミ金を使っても大丈夫だ!」なんて思う方もいますが、彼らはそんなに単純な存在ではありません。

たとえ返済できるだけのお金があったとしても、「もう少し持っておいたほうがいいんじゃないか?」などの理由をつけて返済を受け取ろうとしないのがヤミ金というもの。

加えて契約そのものが違法なので、金利がいくらとか返済日がいくらとか、それらを含めて全部ひっくり返されてしまうことすらあるので、どんな場合も違法は金融業者は利用しないでください(下記のようにクレジットカード現金化業者も利用は危険です)。

news.cardmics.com

5.自己破産は人生をやり直せる救済制度:

お金に困った時に知っておくべきこと、最後は「自己破産もちゃんと選択肢にいれよう」というものです。

なんとなく世間一般なイメージでいうと、自己破産って人生の終わりとか、人間失格とか、そんな風に思っている方は多いのですが、実際の自己破産はむしろ逆。

なにせ自己破産をすれば仮に借金が300万あろうが1億円あろうが100億円あろうが0円にすることが出来るわけですから、言わば「自己破産=人生をやり直せるありがたい制度」と考えるほうが正しいと私は思います。

  • 間違い:自己破産は人生の終わり、人間失格
  • 正しい:自己破産は人生をやり直せるありがたい制度

事実、借金がゼロ円になった世界を想像してみてください。

お金の返済で毎日、頭を悩ませることもありませんし、仕事で働いた分はそのまま生活費にできる人生はきっと、今となっては憧れそのものでしょう。まさに人生のリスタートです。

自己破産する人は少なくない:

『いやいや、そうはいっても自己破産する人なんて滅多にいないんだから、やっぱり避けるべきだよ?』なんて思われるかもしれませんが、実は自己破産経験者というのはみなさんが思っているよりも多いもの(自己破産数の詳細は下記記事にて)。

だいたい1年で6万人程度、10年で考えると100万人近くの方が自己破産しているので、日本の成人人口を考えるとだいたい100人に1人が過去10年の間に自己破産していることになるんです。

まぁこれを多いとみるか少ないと見るかは人それぞれですが、渋谷のスクランブル交差点で石を投げれば5~6人当たる計算であることを考えると、意外といるなぁと感じる方は多いのではないでしょうか?

少なくとも自己破産=人生の終わりでも、人間失格でもないということがお分かりいただけるはずです(みなさん、自己破産後にも変わらず生活してます)。

自己破産経験者の記事が参考になる:

『それでも自己破産した後のことが心配だ…』という方もいると思うので、参考までに30億円もの負債(借金)を自己破産でゼロにした有名社長の記事を引用しておきます(多くの方に読んでほしいので、少し長めに引用させてもらいます)。

思い出しますね。あれは3年前。私も自己破産を経験しました。個人保証していた金額は30億円。手元に残った現金は数十万円。ただ私の場合、取られたものはありませんでした。 

なぜ取られなかったのか。それは、何も持っていなかったからです。住んでいた家は借家でした。車は所有していませんでしたし、土地も金融資産も持っていませんでした。私は資産を持つことには興味がなかったですし、持っていた現金は全て会社につぎ込んだ後でした。私が持っていたのは自分の会社の株だけ。その株も民事再生によって紙屑同然になっていたのです。

つまり私は限りなくゼロの状態だったのです。自己破産によって「全てを失う」なんて言いますが、実際に私が失ったのは社長という立場だけでした。社長でなくなって、その代わりに借金もなくなりました。

正直ちょっと驚きました。だって何十億円という借金が突然ゼロになったわけですからね。

たとえ千円でも盗んだら犯罪です。でも30億円返せなくても犯罪にはならないのです。社会というのは凄いルールで出来ているなと思いました。資本主義社会においてはゼロリセットすることが許されているのです。

合法的な借金の踏み倒し。それが自己破産です。

社会的な信用がなくなるという人もいますが、実際になくすのは金融機関の信用です。もう銀行は私にはお金を貸してはくれないでしょう。でもそれだけのことです。銀行がお金を貸してくれなくても仕事はできます。会社をつくることも、社長になることも出来ます。

(中略)

自己破産後はどうか。驚くほど何も変わりませんでした。社長ではなくなりましたが借金からは解放されました。ここからは何をやっても自由。どれだけお金を稼いでも自由。同情してくれる友達や、励ましてくれる友達はたくさんいました。でも離れていく人はほとんどいなかったです。きっと私は人に恵まれていたのでしょう。

実は一番苦しいのは自己破産する前なのです。自己破産したらいったいどうなるのか・・・・何もかもなくしてしまう・・・もう二度と日の目を見る事はないかもしれない・・・などと妄想して悩んでいるとき。

この時が一番苦しいのです。自分の想像力が自分自身を苦しめているのです。

引用部分にもある通り、一番苦しいのは自己破産前。「自己破産したらいったい自分はどうなってしまうんだろうか?」そんな想像が自分を苦しめるそうです。

しかし、いざ自己破産したら失うものは財産や信用だけ。銀行やクレジットカード会社、消費者金融などからの信用は失いますが、それも今の時代、7年も我慢すればまたお金を借りることが出来るのでそれほど心配することもありません。

こんな風に自己破産は人生をやりなおせる究極の救済制度

返済のために風俗で働いている女性、ヤミ金に追われて部屋でふるえている方、毎日のように取り立ての電話が鳴り止まない方、電気もガスも止められてしまっている方、明日を生きる希望が見えずに死のうとしている方などなど、借金でどうしようもない状況になってしまっている方は是非、専門家に相談してみてください。

それらの苦しみに比べたら、自己破産で受けるデメリットなんて可愛いものですよ。詳しくは下記サイトが非常によくまとまっているので参考にどうぞ。

自己破産はそのイメージの悪さからか、さまざまな虚偽の噂が蔓延しています。例えば「選挙権がなくなる」とか「会社を解雇される」など、全く根拠のないとんでもない噂がさも真実であるかのように言われていたりします。これらの自己破産のデメリットは本当なのでしょうか?

他にも知っておいて貰いたいことは多いけど:

今回紹介した5つの知識だけだけでなく、お金に困っている…という方にはもっともっと伝えたいことはあるんですが、今回はあまり長文にしたくなかったので5つのみに絞って紹介させていただきました。

とりあえずこれら5つをしっかり理解してもらえればあとはどうにでもなるので、ヤミ金を頼るとか、ちょっと生活に困ったくらいでいきなり消費者金融を使うとか、返済できないのに支払日前になんの連絡もいれないとか、そういった「間違った道」だけは選ばないようにしてもらえればなと思います。

お金に困った時に役立つ記事まとめ:

f:id:cardmics:20170613002442j:plain

ここで更にお金に対する知識を増やすために、お金に困った時に役立つ記事もまとめておこうと思います。時間に余裕がある方はこれらの記事もしっかり読んでみてくださいね。

カード会社への連絡先はどこにある?

支払いが出来ない可能性があることや、返済の見直しを相談したいけれども、その連絡先がわからない…という方は下記記事を参考に。自分が持っているクレジットカードの連絡先が記載されている場所をわかりやすく説明しています。

news.cardmics.com

カウンセラーに相談しよう:

クレジットカード返済で困った時、その返済方法について専門家に相談してみたい…という方に読んでほしい記事です。特にリボ払いや分割払いの返済が難しくなった時に活用ください。

news.cardmics.com

キャッシングする前に知っておきたいこと:

消費者金融や銀行カードローンからお金を借りる前に知っておいて欲しいことをまとめた記事です。お金を借りる前にはどのようなことを考えればいいのか、そして借りるならどう返済すべきなのかをわかりやすく解説しています。

news.cardmics.com

リボ地獄から抜け出す方法まとめ:

リボ払いの未払い残高から発生する金利でクビが回らなくなってしまっている方向けに、支払いを工夫してリボ払い残高を減らす方法を提案している記事です。クレジットカードのショッピング枠がリボ払いでカツカツな方は参考にどうぞ。

news.cardmics.com

違法な取り立てがあれば通報を:

お金の取り立てに対するイメージは悪いですが、この記事でも書いたとおり、大手消費者金融(プロミス、アコム、モビット、アイフルなど)については違法な取り立ては原則行いません。

逆にヤミ金については映画やドラマで見たことがあるよな取り立てをしてくることもあるので絶対に利用しないように。自分だけでなく家族も幸せになりません。

news.cardmics.com

貧困から抜け出す方法について:

貧乏な生活から抜け出して金持ちになりたい…という方は下記記事も参考に。どうすればお金を貯められるようになるのか、そしてそのためにはどうすればいいのか…という点について詳しく解説しています。

news.cardmics.com

1人でも多くの人に伝わりますように:

f:id:cardmics:20170712151354j:plain

ここまで長々と、お金に困った時に知っておいて欲しいことをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

どれもお金に関する基本の基本でしかありませんが、こういった知識が不足してしまっている方も多いのが実情なので、身近でお金に困っている方がいたら是非、この記事の存在を教えてあげてください。きっとそれだけで救ってあげられる人生もあると思いますよ。

以上、1人でも多くの人に伝えたい、お金に困った時に知っておくべき5つの知識!ヤミ金から借りてしまうと、その先に待ってるのは地獄だけです…という話題でした。

参考リンク:

当サイト『クレジットカードの読みもの』では日々、お金に関する情報を発信中。お金に詳しくなれば借金の返済に役立つことはもちろん、お金を貯めるために必要な知識もどんどん付いていくのでおすすめです。

news.cardmics.com

*1:すでに社会福祉協議会の場所をご存知の方は、そちらで質問をしたほうが生活福祉資金の手続きがスムーズになります。

*2:お金のい困っている方を助けるための制度なのに、なぜこんなにも難しい言葉で説明をしているのかが私には理解できません。もう少しでいいのでわかりやすい言葉を使い、誰に対しても伝わりやすい説明を社会福祉協議会には心がけて欲しいですね。

*3:実際には貸金業登録がされているとか、株式上場しているからとか、銀行の子会社だからとか、そういった理由を説明するほうが正しいのですが、お金に困った方にもわかりやすく伝えるために敢えて「テレビCMを放送している」という点を強調させていただきました。テレビCMをしている業者がすべて健全なわけではありませんが、テレビCMには一定の自浄効果があるとも思ってます(長くテレビCMを放送できる=違法行為がない)。

PAGE TOP