クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

お金は借りても恨まれるが、なぜか貸した場合でも恨まれる…という話。友人や知人とは、お金の貸し借りをしないほうが無難です。

Money

借りたお金を返さない場合は当然ですが、お金ってなぜか貸した場合でも恨まれることが多いというのはご存知でしょうか?

今回はそのあたりの『お金を貸す』ということについて、私の持論を書いてみようかなと思います。これを読んでいただければきっと、知人や友人にお金を貸す怖さを感じていただけるはずですよ。

お金を貸すとなぜか恨まれる:

お金を貸すと恨まれる理由は複数あります。いくつかケースにわけて解説していきましょう。

1.お金を返してくれと言って恨まれる:

まず一番多いのはこれですよね。『そろそろ貸した金、返してくれよ』と言って恨まれるケースです。

貸した側にしてみればお金を返してくれというのは当然のことなんですが、借りた側からすると『俺がこんなにもひどい目にあっているのに、金を返せといってくるなんて最低なやつだ!』なんて思考回路になったりするわけです。

  • 貸した側:貸したお金を返してくれというのは当然
  • 借りた側:お金がないのに返せというなんて酷いと考える

結果、感謝されるどころか逆恨みをされて、悪口を言いふらされるなんてことも。良かれと思ってお金を貸したのに、それで恨まれてしまってはやってられません。

2.お金を返したくないから恨まれる:

1番目のケースであればまだ良いのですが、場合によっては借りたお金を返したくないあまりに、貸した人間を殺してしまうケースすらもあります。お金さえ貸さなければ殺されることもなかったわけですから、これも金銭を貸した場合の弊害ですよね。

善意で貸した恩を仇で返される、一番最悪のケースです。

また、過度にお金を取り立ててしまったことにより、殺されてしまう場合も。追い込まれた人というのはなにをするかわからないので、一度、お金を貸してしまったら過度に取り立ててはいけません。

3.お金をもっと貸してくれないと恨まれる:

『確かに1度は金を借りたが、あいつはまだ金を持っているのにもっと貸してくれない。』という恨まれ方をする場合もあります。1度お金を貸したことによって「お金を貸してくれる人」という認識をされてしまうと、お金を貸さなくても恨まれてしまうようになるのですね。

  • 1回お金を貸してしまうと、次のお願いを拒否するだけで恨まれる

それにお金を貸すほうも、一度お金を貸してしまったという弱みがあるので、『金貸してくれ!』という頼みを断りにくくなる弊害も…。結果、貸しても恨まれ、貸さなくても恨まれるようになってしまうのです。

貸したことにより悩みが増えるのも問題:

『貸したお金をどうやって返してもらおうか』とか、『貸した相手と疎遠になってしまった。どう顔を合わせて良いのかわからない』とか、お金を貸すとそういった無用な悩みも抱えることになります。

こういったストレスというのは人によって大きなものになりがちなので、人付き合いが苦手とか、ストレスに弱いという方はお金の貸し借りをしないほうが無難ですね。

お金の貸し借りはしないのが一番:

money

ここまで3つのケースを紹介させてもらいましたが、もちろん、最初からお金を貸さなくても恨まれるケースもあります。

しかし、お金に困っている人は手当たり次第にお金を借りようとするので、断られた人すべてを恨んでいては首が回りません。そのため、現在お金を借してくれている人や、1回はお金を貸してくれたのに2回目は貸してくれない人を強く恨んでしまうのです。

  • 最初からお金を貸さなければ、それほど恨まれることもない

このようにお金というのは借りても貸しても恨まれやすいもの。だったら理想はやはり、お金の貸し借りはしないというのが一番ですよ。お気をつけください。

以上、お金は借りても恨まれるが、なぜか貸した場合でも恨まれる…という話。友人や知人とは、お金の貸し借りをしないほうが無難です…という話題でした。

参考リンク:

今日の生活費にも困っている…という場合には、下記記事も参考にどうぞ。国や自治体からお金を借りる方法をまとめています。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP