クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

携帯電波が届かない場所でも、モバイル端末を利用してクレジットカード決済が出来るように!Squareがオフライン決済に対応。

http://www.flickr.com/photos/91026431@N05/8497636527

photo by Irita Kirsbluma

携帯電波が届かない場所でも、iPhoneやiPadなどのモバイル端末を利用してクレジットカード決済が可能に…という話題が、ITproに掲載されていました(2014年7月30日開始)。モバイル決済大手のSquareが、オフライン決済を導入というニュースです。

スマートフォン/タブレットを使ったクレジットカード決済サービス(ITproまとめ)を提供するSquare(写真)は2014年7月30日、電波が届かない場所でもクレジットカード決済を可能にする新機能「オフラインモード」を日本国内で開始した。これまで同種のサービスはインターネットに常時接続しているのが前提だったが、Squareは山間部や地下など、一時的に通信できない状況でも利用できるようになる。

電波が届かない場所でもカード決済可能に:

このサービスを利用すればauやドコモといった携帯電波が届かない環境下でも、クレジットカード決済が可能になることに。引用部分に書かれているように山間部や地下といった場所でも、カード決済が出来るようになった点は大きいですね。

気になるその方法は…というと非常にシンプル。Squareレジのアプリ上に決済データを保存しておいて、携帯電波の届くオンライン状態になったら処理するだけ…というものです。

「Squareレジ」アプリ上でオフラインモードを有効化すると利用できる。この間に受け付けたクレジットカード情報や決済金額などのデータはアプリ内に一時保管され、オンライン環境になったときに決済処理が実行される。データ保管期限は72時間。72時間以内にオンラインで処理を実行する必要がある。 

不正利用は補償されない:

これだけ便利そうに見えるオフライン決済の導入ですが、やはりというべきかなんというかですが、その損失についての補償は一切されないようです。

要するに不正クレジットカードを利用された場合や、利用限度額が上限に到達してしまったカード決済などは、エラーになってしまうとのこと。つまりオフライン決済における不正利用はお金を受け取った側の責任になってしまうので、信用できる相手以外にはオフライン決済させないようにしなくてはいけません。

  • オンライン決済:不正や、使えないカードならすぐわかる
  • オフライン決済:使えないカードかどうかわからない(電波が届くところにいってはじめてわかる)

カードが有効期限切れだったり、利用限度額を超えていたりする場合は、オンライン環境で決済処理した時点でエラーになり、支払いは実行されない。この場合のトラブルについてSquareは一切責任を負わないため、常連客や法人顧客など、相手を信頼できる状況でなければ利用しにくい。

まぁ、当然といえば当然のルールですよね。それでも電波がない状況下でクレジットカード決済できる…という点には使い道もあるので、このサービスは使いよう…といったところだと思います。

どんどん便利になるモバイル決済:

http://www.flickr.com/photos/26332965@N00/2863696848

photo by masochismtango

このようにオフライン決済だけではやや不安がありますが、これに他のアプリ機能を組み合わせることで、安全なオフライン決済を作ることも理論上できるはず。顔認証や指紋認証などとの組み合わせに期待したいところですね(2重に不正利用をチェックすればまだ安心?)。

以上、携帯電波が届かない場所でも、モバイル端末を利用してクレジットカード決済が出来るように!Squareがオフライン決済に対応…という話題でした。『うちのお店でもSquare決済を導入してみようかな』と思った方は下記公式サイトをご覧いただければと思います。

参考リンク:

Squareをはじめ、主要なモバイル決済を比較&検討してみたいという方は下記記事も参考に。楽天ペイやAirペイといったモバイル決済とSquareを比較しています。 

news.cardmics.com

PAGE TOP